南極物語のニュース

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(9)寒いロケ地には行きたくない!

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時57分

その名を聞いただけで芯まで冷える「南極物語」(83年、フジテレビ)だった。 南極昭和基地に取り残された15頭の樺太犬の実話をもとにしたものだが、映画化に際しては犬よりも人間の側を描くべきだとの方向性が決まる。 「それには健さんに出ていただくしかないと、フジテレビの角谷優映画部長は執念で交渉していました」 配給のヘラルド側のスタッフとして参加した原正人が言う [全文を読む]

「凄すぎる!!!!」大ヒット中の映画『君の名は。』がついに興収100億円突破! 全世界89カ国・地域で公開も

おたぽる / 2016年09月23日20時30分

』は23日現在で29位にランクインしており、邦画全体では、 1位『千と千尋の神隠し』(01年)308.0億円 2位『ハウルの動く城』(04年)196.0億円 3位『もののけ姫』(97年)193.0億円 4位『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03年)173.5億円 5位『崖の上のポニョ』(08年)155.0億円 6位『 [全文を読む]

明石家さんま直撃……キムタクを支える「意外な味方」たち

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

「ドロンズ石本とはドラマ『南極物語』(2011年)での共演以来、彼が経営する『馬肉屋たけし』に妻の工藤静香をはじめ、家族で何回も行っている。またモデルでオネエタレントのIVANとは、IVANがロック歌手をしていた時代から買い物に一緒に行くような間柄だった」(芸能プロ関係者) 『南極物語』で共演の柴田恭兵(64歳)、『協奏曲』(1996年)で共演している田 [全文を読む]

カワイイ!癒やされる!?思わず泣いちゃう人も続出!印象に残る動物邦画10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月28日09時56分

動物と人間との絆と愛情1983年『南極物語』。 寝食を、苦労をともにした犬たちを置いていきたいなどと思う人ななどいません。それでも置いていかなくてはならなくなった隊員たちの気持ち。高倉健さんの静かな演技と雄大な大自然のスケール感は素晴らしいの一言でした。 処分される予定だった子犬。規定の7日間の間に新しい飼い主を捜すために翻弄する主人公、神崎(堺雅人さん [全文を読む]

ドラえもん、ガンダム、キン肉マン…テレビアニメの劇場版全盛期だった80年代を終わらせたアニメ映画とは?

日刊SPA! / 2017年07月02日08時44分

角川春樹プロデュースによる、いわゆる“角川映画”の台頭(『セーラー服と機関銃』『Wの悲劇』など)をはじめ、テレビでおなじみのアイドルが主演する“アイドル映画”の出現(『ハイティーン・ブギ』『TAN TANたぬき』など)、続々スクリーン進出したテレビアニメ(『ドラえもん のび太の恐竜』『ヤマトよ永遠に』など)、さらにはテレビ局主導による動物映画の大ヒット(『 [全文を読む]

名作『ブレードランナー』が80年代に実現した「音楽と映像の融合」

太田出版ケトルニュース / 2017年05月25日11時53分

ヴァンゲリスは、ヒュー・ハドソン監督の『炎のランナー』や高倉健主演の『南極物語』などの音楽を手がけ、特に『炎のランナー』のテーマは誰でも一度は聴いたことがあるでしょう。アナログシンセサイザーを駆使したジャンルにとらわれない壮麗なサウンドは、多くのアーティストに影響を与えています。 この稀代の音楽家によってブレードランナーの世界観は決定づけられたわけですが、 [全文を読む]

日下武史さん死去 86歳 劇団四季創立メンバー

J-CASTニュース / 2017年05月17日10時39分

重厚な役作り、落ち着きのある知的な演技で知られ、「南極物語」「まあだだよ」などの映画や、「新・平家物語」「鬼平犯科帳」「剣客商売」などのテレビドラマでも活躍した。 正確な日本語の発声力で一目置かれ、しばしば外国映画の吹き替えに登場、『アンタッチャブル』のエリオット・ネスなどが当たり役。ナレーションでも活躍した。14年に東京・自由劇場の『思い出を売る男』が [全文を読む]

錦織圭を育てた松岡修造の「褒める力」をビジネスシーンで活かす方法

まぐまぐニュース! / 2016年09月06日20時00分

私は特段の高倉健ファンではなく、昔に『南極物語』を見たことがある程度でした。ただ、高倉健さんの声望は見聞していましたので、何かの機会で別の作品も見てみたいとは思っていました。 そんなおり、街の書店をあてもなくぶらぶらとしていたときに、ふと目に留まったのが『あなたに褒められたくて』でした。「高倉健」と「褒め」というキーワードで購入することを決めました。 様 [全文を読む]

元社員が迫る「フジテレビがダメになった原因」は、すべての会社が教訓とするべき事象である

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月31日11時00分

さらに『南極物語』『ビルマの竪琴』といった映画をヒットさせ、人気のある芸能人を先にキャスティングしてからドラマを制作する手法(それまでは企画や脚本などが出来上がってからキャスティングする場合が多かった)で「トレンディドラマ」を作り出してブームを巻き起こし、主題歌や原作本なども一緒にヒットさせる「メディアミックス」も行い、ほとんど放送されていなかった深夜枠 [全文を読む]

イッセー尾形 立ち食いそば目撃情報に「コロッケそばが好き」

NEWSポストセブン / 2015年10月18日07時00分

猫の懐って深くて、大きいですよ」 ――そういえば、映画『南極物語』で犬と共演した高倉健さん(享年83)は、極寒の地で大変な思いをして撮ったのに、犬に食われてしまった、いいところを持っていかれてしまったと嘆いてらっしゃいました。 「そうですか。ぼくは猫に食われてもいい。主役は猫ですから。猫、猫でいいんです。そのほうが気が楽ですね、あはははは」 <なお、共演の [全文を読む]

フォーカス