山口那津男のニュース

山口代表「10%消費増税の延期はない」

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時15分

山口那津男・公明党代表が連立政権の舞台裏を語る。 ■公明党は政権の安定という役割を果たす 【塩田潮】公明党代表就任は2009年9月で、ここまでの7年9カ月が経過しました。 【山口那津男(公明党代表)】公明党は09年の総選挙で野党となりましたが、当時の党代表、幹事長、その経験者など主要メンバーを落選で一気に失いました。どん底でピンチヒッターとして代表となり、 [全文を読む]

改憲安倍を悩ます「前次官の乱」

文春オンライン / 2017年06月15日17時00分

昼食を共にしながら公明党代表の山口那津男に改憲案を説明する安倍は、あえて自らの肩書きを「総裁として」と表現し、党に検討を指示したと明らかにする一方、その後のスケジュールには一切触れなかった。 9条そのものに手を付ける改正には本来否定的で、意見集約ができていない公明党を刺激しないよう配慮したのだ。山口も呼応するように「承りました」と静観姿勢を示す一方、「安全 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】博多華丸・大吉、“桜を見る会”で安倍首相にスルーされる一方「異常に反応した」政治家も

TechinsightJapan / 2016年12月30日12時23分

その時は「異常に反応するおじさん」「どこかで見たことがあるな」という印象だった2人だが、後で調べると公明党の山口那津男代表だと分かる。2人はもちろん山口代表を知っていたが、その場では「安倍首相に招待された」という頭だったので急に思い浮かばなかったようだ。今となっては華丸も「“山口那津男主催の桜を見る会”だったらすぐ分かったのに」と申し訳なさそうにしていた。 [全文を読む]

政財界が注視する創価学会のXデーは秒読み段階か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月09日06時50分

公明党は国土交通大臣ポストをずっと握っていますから建設業・不動産業者も頭が上がらないし、創価学会の膨大な資産を前に大手銀行も言うことを聞かざるを得ない」 先の衆院選で公明党・山口那津男代表は消費税10%への対策として、盛んに軽減税率の導入を訴えた。軽減税率は生活必需品の消費税を低く設定するというもの。一見すると庶民救済策と思われがちだが、コメやパンはOKで [全文を読む]

ビートたけしも出演! 20時に475議席の当確予測の的中率95.15%を達成したニコニコの開票特番

ITライフハック / 2014年12月15日17時00分

・推移データ公開ページ・政党チャンネル自民党|民主党|維新の党|公明党|次世代の党|日本共産党|生活の党|社民党|新党改革■niconico 衆院選2014に関するこれまでの取り組み衆議院解散(11月21日)~大勢判明(12月14日)までのニコニコ生放送一覧■番組名:《解散・総選挙へ》【衆議院 生中継】~平成26年11月21日 本会議~放送日:11月21日 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 ー山口那津男ー

アサ芸プラス / 2014年12月14日09時55分

◆今週のキーマン:山口那津男〈やまぐち・なつお〉(公明党代表)●52年生まれ。茨城県出身で、納豆が大好物。09年9月、太田昭宏氏の後任として党代表に就任。モットーとする「至誠一貫」は出身高である水戸一高の校訓。 安倍政権の命運を握る党NO1の頭脳派 今回の総選挙で安倍政権存続の命運を握っているのが公明党だ。とりわけ、その舵取りを担っている山口那津男代表の出 [全文を読む]

衆院選へ臨戦態勢=与野党、準備加速

時事通信 / 2017年09月19日12時14分

終了後、山口那津男代表は記者団に「常在戦場の心を持ち、構えをどうするか検討を始める」と語った。 これに対し、民進党の山井和則国対委員長代行は国会内で記者団に「国民が北朝鮮のミサイル危機におびえる中、自分の都合で勝てそうな時に解散するとは到底考えられない」と、首相の姿勢を厳しく批判した。 民進党は同日午後に常任幹事会などを開き、準備を急ぐ方針を申し合わせる。 [全文を読む]

安倍首相、「冒頭解散」で10.22選挙に突入か ネーミングは「出直し」より「モリカケ隠し」?

東洋経済オンライン / 2017年09月19日07時00分

首相はすでに二階俊博自民党幹事長や山口那津男公明党代表らに臨時国会で解散する意向を伝え、ニューヨークでの国連総会から帰国する22日にも最終決断する考えである。与党内は「今しかない」(自民幹部)と臨戦態勢に入るが、虚を突かれた野党陣営は「自己保身だ」(前原誠司民進党代表)、「大義がない」(小池晃共産党書記局長)と反発しながら選挙準備に大わらわだ。国政参加を狙 [全文を読む]

安倍首相、衆院解散は訪米の帰国後に判断 自公幹部は結束確認

ロイター / 2017年09月18日21時23分

共同通信によると、安倍首相は18日に都内の私邸で公明党の山口那津男代表、自民党の二階俊博幹事長とそれぞれ会談した。 複数の関係筋によると、安倍首相は今月28日召集の臨時国会会期中に衆院を解散し、総選挙を検討する意向を与党幹部に伝えている。 (編集:田巻一彦) [全文を読む]

安倍首相、山口公明代表と会談=来月の衆院選へ協議

時事通信 / 2017年09月18日12時09分

安倍晋三首相は18日午前、東京・富ケ谷の私邸で、ロシア訪問から帰国した公明党の山口那津男代表と約15分間会談し、28日召集予定の臨時国会冒頭にも断行する衆院解散と総選挙をめぐり協議した。首相は選挙日程について「10月10日公示―同22日投開票」を軸に検討しており、山口氏にこうした考えを伝達。選挙での連携を確認したもようだ。 [時事通信社] [全文を読む]

安倍首相、28日にも解散で10月下旬総選挙へ 10日公示22日投開票が最有力

スポーツ報知 / 2017年09月18日07時00分

与党幹部によると、首相はロシアを訪れていた公明党の山口那津男代表に電話し、早期解散方針を伝えた。11日に官邸で会談した際は年内解散の可能性を示すにとどめていた。山口氏は訪問先のロシア・サンクトペテルブルクで記者団に「常在戦場の心構えで臨時国会を迎えたい」と述べた。 衆院選は14年12月以来となる。首相の経済政策や北朝鮮対応のほか、憲法9条改正の是非や森友 [全文を読む]

早期解散論浮上 選挙気にせず消費税10%引き上げのためか

NEWSポストセブン / 2017年09月17日16時00分

二階俊博幹事長や、山口那津男・公明党代表も総選挙主戦論である。 だが、解散権を握る安倍首相はまだ逡巡している。 自公両党から沸き上がる解散論に政権の大番頭の菅義偉・官房長官が頑強に反対し、政権内部で麻生―菅の対立が起きているからだ。政治ジャーナリスト・藤本順一氏が指摘する。 「危機管理の責任者である菅さんは、北朝鮮情勢がこれだけ緊迫している時に解散すべきで [全文を読む]

自民党“魔の2回生”達 早期解散に「今の民進党なら勝てる」

NEWSポストセブン / 2017年09月17日16時00分

安倍―麻生会談の翌日、安倍首相は二階俊博・自民党幹事長、山口那津男・公明党代表と相次いで会談した。その2人も総選挙主戦論だ。 茨城県知事選の勝利で勢いに乗る二階氏も山尾不倫報道の直後、政界関係者との会合で10月22日に投開票されるトリプル補選(青森4区、新潟5区、愛媛3区)についてこう怪気炎を上げたという。 「トリプル補選は全勝する。そしたら解散だ。総選挙 [全文を読む]

安倍首相、早ければ今月28日に衆院解散の可能性=報道

ロイター / 2017年09月17日10時18分

また、NHKは安倍首相が公明党の山口那津男代表との会談で、臨時国会の会期中に衆院解散・総選挙に踏み切ることを排除しないという考えを伝えたと報道。 17日付日本経済新聞朝刊は、安倍首相は早くて今月末の解散、10月中の衆院選を模索しているもようだと伝えた。 共同通信によると、公明党が16日、緊急の幹部会合を開き、年内の衆院解散・総選挙も安倍首相の選択肢として [全文を読む]

衆院解散「常在戦場の構え」=帰国後早期に党首会談―公明代表

時事通信 / 2017年09月16日23時40分

【サンクトペテルブルク時事】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表は16日、サンクトペテルブルクで同行記者団と懇談し、衆院解散・総選挙に関し「(議員任期が)残り1年余りとなり、『常在戦場の心構えで』と(党内に)言ってきた」と述べ、選挙準備に万全を期す方針を強調した。 自民党内で、解散時期は遠くないとの見方が出ていることについては「(解散は)安倍晋三首相の専 [全文を読む]

ロシア人受講生を前に話をする山口代表

時事通信 / 2017年09月16日19時15分

ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表は16日、サンクトペテルブルクにある経営者向け研修施設「日本センター」を視察。写真は日本語講座でロシア人受講生を前に話をする山口代表(奥の左から3人目) [全文を読む]

山口公明代表「日ロ協力、多方面に」=経営者研修施設を視察

時事通信 / 2017年09月16日19時11分

【サンクトペテルブルク時事】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表は16日、サンクトペテルブルクにある経営者向け研修施設「日本センター」を視察した。山口氏は視察後、記者団に「政府ももっと力を入れて、ロシア側との協力関係を多方面に延ばしていくべきだ」と語った。 日本センターは旧ソ連崩壊から間もない1994年以降、市場経済改革を支援するため日本政府が順次設置し [全文を読む]

対ロ外交の後押し前面=改憲はブレーキ、使い分け―公明代表

時事通信 / 2017年09月15日17時37分

【サンクトペテルブルク時事】公明党の山口那津男代表は初のロシア訪問で、安倍晋三首相が推し進める対ロ外交を後押しする姿勢を前面に打ち出した。一方、首相が目指す憲法改正については「はっきり言って難しい」と発言。ブレーキをかけることも忘れず、課題に応じて使い分ける姿勢をにじませた。 「安倍首相が70年間未解決の北方領土問題を解決していこうという強い意思を持って、 [全文を読む]

永田町で急速に強まる“解散風” 麻生氏が早期解散を進言か、関係者「秋に解散する可能性7割程度」

夕刊フジ / 2017年09月14日17時12分

この直後、安倍首相は、自民党の二階俊博幹事長と公明党の山口那津男代表と官邸で相次いで会談した。前日夜には、麻生太郎副総理兼財務相が、東京・富ケ谷の安倍首相邸を訪ねて約1時間半、会談している。 いずれも、臨時国会や、衆院トリプル補欠選挙(10月10日告示、22日投開票)を見据えて、意見交換した-とされるが、そう単純ではない。 官邸周辺は「麻生氏が『早期解散 [全文を読む]

「安倍三選内閣」を悩ます小池新党

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

安倍の真意を感じ取った公明党代表・山口那津男は、一時は早期解散論を示唆していたが、「私が解散風を吹かせているように思われているがそうではない」と一気にトーンダウンした。支持母体の創価学会も、来年後半の衆院選を念頭に置き始めた。 だが、安倍が地元入りに合わせ40軒近い支持者宅を訪問したことから「補選との同日選はともかく、年内の選挙はあり得る」(首相周辺)と官 [全文を読む]

フォーカス