幕臣のニュース

『花燃ゆ』杉文に目を奪われるな! 薩長だけではない、ノンキャリアの“幕臣”が支えた明治維新

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月29日12時10分

大泉洋が演じた「ヤグ」を主人公にしたスピンオフ作品公開! だが、『明治維新と幕臣 「ノンキャリア」の底力』(門松秀樹/中央公論新社)を読めば、こうした認識は常識とは言えないのではないか、という印象を持つ。 この本が取り上げているのは、タイトルの通り幕府の家来である“幕臣”がいかに明治維新の中で活躍をしたのか、ということ。もちろん、榎本武揚や渋沢栄一、前島密 [全文を読む]

松平定知氏「日本の礎を築いたのは明治政府でなく徳川幕府」

NEWSポストセブン / 2017年05月22日16時00分

著書に『官賊と幕臣たち』(毎日ワンズ)、『三流の維新一流の江戸』(ダイヤモンド社)、『大西郷という虚像』(悟空出版)など。 来年、明治維新150年を迎えるにあたり、維新をあらためて検証する本が書店を賑わしている。そのほとんどが維新を批判し、江戸時代を評価しているのが特徴だ。その流れを作ったのが、ベストセラーになっている『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】「このご紋が目に入らぬか!」の印籠は何を入れるものだった?時代劇クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月12日19時00分

次のうち、正しい説明はどれでしょう?(い)幕臣として町の治安維持にあたった(ろ)十手を持つことは一切許されなかった(は)元来は町奉行所の同心に私的に雇われた民間人だった(に)同心が充分にいたため、実際には必要とされなかった【クイズ3】町奉行の中には、訴訟の当事者がお裁きを受ける「お白洲」と呼ばれる場所がありました。時代劇でもおなじみのこの「お白洲」は、なぜ [全文を読む]

ビックリ! 趣味の時間を満喫する将軍がいたってホント?

マイナビ進学U17 / 2016年05月27日12時01分

当時、多くの旧幕臣たちが貧困にあえいでいた中での、慶喜のこの振る舞いは、多くの幕臣たちの批判を浴びることになりました。しかし、慶喜にはこうせざるを得ない事情があったのです。■維新直後の新政府の状況官軍が徳川政権を倒して、数百年続いた武士の支配がようやく終わりを告げました。これでやっと、日本にも新しい時代がやってきたのです。しかし、船出したばかりの明治政府に [全文を読む]

徳川幕臣の川路聖謨 国境交渉でロシアの譲歩を引き出した

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

その続編である新刊『官賊と幕臣たち~列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート』(同)では、「明治維新の逆賊」として軽んじられてきた徳川の英傑たちにフォーカスしている。著者の原田伊織氏が話す。 「“幕末の三俊”という表現があります。岩瀬忠震、水野忠徳、小栗忠順のことをいいますが、私はこの3人に川路聖謨(かわじ・としあきら)を加えて“幕末の四俊”だと思ってい [全文を読む]

「事を成さんとするには戦国武士の覚悟を要す」(渋沢栄一)【漱石と明治人のことば126】

サライ.jp / 2017年05月06日06時00分

知人を介して一橋家に出仕していたところ、主の一橋慶喜が徳川15代将軍となったため、これに付き従って幕臣となったのだ。 その後、慶喜の弟・昭武の随員としてパリの万国博覧会に派遣され、引き続く昭武の欧州留学にも同行。帰国したのは、幕府瓦解直後の明治元年(1868)11月だった。 実業界入りした渋沢は、洋行体験を生かし、第一国立銀行、王子製紙、東京瓦斯など500 [全文を読む]

徳川埋蔵金ついに発見か!?林修、北斗晶らが発掘に挑む

Smartザテレビジョン / 2017年05月05日06時00分

歴史解説者として、磯田道史氏を招き、徳川埋蔵金の首謀者とされている天才幕臣・小栗上野介の謎や、幕府に仕えた漢学者・林鶴梁の謎に迫る。さらに、上野介が江戸で近代化のために奔走する一方、もう一つの中心地がなぜ京都だったのかを検証。林は、辰巳琢郎と宇治観光大使の中村静香と共に京都を訪れ、その謎を解明する。また、群馬・赤城山で行われた時価3000億円ともいわれる徳 [全文を読む]

福澤諭吉は酒が大好き 『学問のすゝめ』より呑兵衛のすゝめ

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

幕臣ながら新政府に仕えた勝海舟には「武士の本領は“やせ我慢”である。なぜ我慢をしないのか」と抗議の手紙を送っている。武士の世を終わらせるのは大事だが、自分はどこまでも武士の気概を持つ──これが福澤の重要なアイデンティティだったのです。 【PROFILE】齋藤隆/1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文 [全文を読む]

企画展 渋沢栄一渡仏150年「渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く」(第1期)3月18日(土)より開催!

PR TIMES / 2017年03月17日14時38分

栄一は当時27歳の幕臣で、パリ万国博覧会に参列する将軍徳川慶喜の弟・昭武に随行していたのです。栄一にとって初めての異国旅。約1年半におよぶ滞在中、近代西洋社会は栄一の目に、どう映ったのでしょうか。本年は栄一が渡仏して150年という節目にあたります。この企画展では、パリから日本にいる妻や家族に宛てた手紙、日記など様々な資料から栄一の欧州体験をたどります。また [全文を読む]

林先生が徳川家の財宝3000億円発掘に挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年12月20日15時44分

埋蔵金伝説のキーマンともいえる幕臣の小栗上野介は、あまり知られてはいませんが、興味深い人物です。小栗にスポットを当てられることも大きな意義があると思います。 番組では歴史的な事実もしっかり伝えるため、4冊の本を読んでしっかり準備しました。 発掘現場には1万トンも土を堀り大きな穴が開いています。周辺とは違う地層の層を発見し、そこを掘り進んでいます。その先に [全文を読む]

箱根の温泉宿「養生館はるのひかり」で“ほたる観賞会”を開催中「源泉浴とホタルの光」日々の疲れを癒す旅へ

@Press / 2016年05月26日11時30分

また、和歌や俳句にもよく登場し、豊臣 秀吉の幕臣も「三の間の水は甘いか飛ぶ蛍(天下統一を果たした太閤殿下でも蛍にまでは号令できない)」と詠っています。開催期間中は蛍の歴史やその生態を簡単に記した「ほたる版(画像付・モノクロ)」を配布しております。また、ホタルに関してのご質問に「箱根ほたる愛護会」技術普及委員がお答えいたします。■ホタルの光に含まれる癒やし効 [全文を読む]

世界最長の木造歩道橋・蓬莱橋(静岡県島田市)「トコナツ歩兵団」プロデュースで緑茶色に染まる!

PR TIMES / 2016年03月28日12時42分

【概要】日時:2016年4月1日(金)~5月31日(火)午後7~9時場所:島田市南町地先 蓬莱橋(JR島田駅から徒歩15分)主催:島田市 プロデュース:トコナツ歩兵団協力:株式会社ルーメンジャパン(東京都品川区)【蓬莱橋】[画像2: http://prtimes.jp/i/11732/9/resize/d11732-9-859746-7.jpg ]1869 [全文を読む]

安倍首相が座禅組む禅寺 中曽根元首相も在職中に通っていた

NEWSポストセブン / 2016年01月04日07時00分

幕末から明治にかけて活躍した幕臣・山岡鉄舟が、維新に殉じた人々の菩提を弔うために建立した臨済宗の禅寺である。 同寺院の住職で『「見えないもの」を大切に生きる。』(幻冬舎刊)の著者でもある平井正修氏が、首相が来た当時を振り返る。 「安倍首相は短命に終わった第一次政権の後、月に1度いらして座禅を組むことを習慣にされていました。第二次政権発足前には、石破茂さん( [全文を読む]

東出昌大「やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月06日11時00分

身長が190cm近くあったそうですし」 鉄舟は剣・禅・書の達人だった幕臣で、江戸城無血開城の立役者とも言われる。 「戦国時代なら、豊臣秀吉に仕えた名将・大谷吉継とか。あと、やはり歴史オタクとしては織田信長はやってみたい。なんかマニアックな話になっちゃってすみません(笑)」 (取材・文=松井美緒) ■東出昌大 ひがしで・まさひろ●1988年、埼玉県生まれ。2 [全文を読む]

勝海舟は妾5人! 秀吉は側室20人!! 伊藤博文には13歳の愛人!? 時代で変わる“性の規範“

ヘルスプレス / 2015年06月26日19時54分

幕臣ながら先見の明に秀で、咸臨丸を指揮して日本人最初の太平洋横断航海を行い、坂本龍馬に国際社会に関する教えを授けた。1868年には官軍の攻撃前に西郷隆盛と会談して江戸城を開城し、江戸を戦火から救った。時代が明治に移ってからも、政府に請われて海軍卿などを務めた。 その勝海舟が大変な漁色家だったとは意外な気もする。30代の頃、長崎海軍伝習所で学んでいたときに愛 [全文を読む]

ミセス静のささやき

クオリティ埼玉 / 2014年10月09日11時25分

幕臣時代の上司は仇討を止まるよう説得するが、「国がいかなる方を定めようとも私の思いが消える訳ではございませぬ」と心がゆり動く事はなかった。広末涼子演ずる妻せつ、金吾を助け酌婦をしながら生活を支えている。 夫がこの世を去ることとなれば自分も後を追う覚悟で十三年間も夫を支え続けました。 この凛としたセツの生き方に涙する私でした。 最後は十兵衛も十三年間苦しみ金 [全文を読む]

【2014年8月5日9:30発売開始】京都「時代祭」有料観覧席チケットWEB販売

DreamNews / 2014年08月04日10時00分

先頭の「維新勤王隊列」は、明治維新の際に、幕臣が東北地方で反乱したときに、丹波北桑田郡山国村(現在・右京区京北)の有志が山国隊を組織して官軍に加勢した様子を、その時代の衣装や道具で再現しています。このように、1つの行列にはそれぞれのストーリーがあり、京都のこれまでの歴史を偲ぶことができます。 時代祭は、平安遷都の日といわれる10月22日に開催。有料観覧席は [全文を読む]

“非貯金ループ”からの脱出法とは?「お金がないから結婚できない」は間違い?結婚で貯金増

Business Journal / 2014年07月21日14時00分

例えば、ノーベル賞経済学者のミルトン・フリードマンやポール・クルーグマン、日本資本主義の父・渋沢栄一や幕臣の勝海舟といった偉人たちが、お金に関する問題に対してすでに出した答えをカンニングすればいいのです。つまり、その解決策を見つけてマネするのです。●お金の悩み、具体的解決方法とは?--具体的には、どのような解決方法があるのでしょうか?小山 なかなか貯金で [全文を読む]

【無料版】【66%オフ】映画『幕末高校生』をより楽しむ!『幕末志士伝シリーズ』無料ダイジェスト版&『佐幕の志士たち』セール!

PR TIMES / 2014年07月11日13時24分

今夏公開の映画『幕末高校生』で活躍する「勝海舟」ほかの幕臣の人となりが、完結にまとめられ、サクっとウンチクが読めるので、映画を見る前や見た後に読むときっと楽しさ数倍になることでしょう。 ●掲載人物 勝海舟/山岡鉄舟/高橋泥舟/榎本武揚/山田朝右衛門吉利/榊原鍵吉/天野八郎/今井信郎/佐々木唯三郎/男谷精一郎/伊庭八郎/渋沢栄一/中野竹子 ◇Kindleス [全文を読む]

フォーカス