平戸藩のニュース

【ホテルオークラJRハウステンボス】 開業20周年記念シンポジウム&イベントを開催致します

PR TIMES / 2015年09月07日19時19分

[画像: http://prtimes.jp/i/5118/518/resize/d5118-518-938403-1.jpg ]『開業20周年記念シンポジウム「長崎を“もっと”元気に!」』1.日 時 平成27年9月27日(日)13:00~16:00(受付時間 12:00~)2.場 所 ホテルオークラJRハウステンボス1F「鳳の間」3.内 容 (1)基調講 [全文を読む]

BIRTH of LEGEND 新しいブランド <THE LEBEN> シリーズ第1弾誕生

PR TIMES / 2014年02月21日09時30分

◆この地に生まれる THE LEBEN歴史と品格を継承する地伯爵となり華族に列した平戸藩松浦氏の私邸跡地。『G/CLASSIC 山の手PJ』は、江戸時代中・後期の大名で、肥前国平戸藩の第9代藩主だった松浦清(まつら きよし)氏の私邸跡地に誕生します。多くの史跡を有する千石に接しながら、周囲を一望できる丘の上という立地はまさに希少で、静寂の邸宅地に建ち、新し [全文を読む]

【長崎のお土産】かつては殿様だけしか食べられなかった「カスドース」とは?

TABIZINE / 2017年08月09日12時00分

文亀2年(1502年)の創業の、平戸藩松浦家の御用菓子を務めてきた長崎最古の菓子店「平戸蔦屋」では、現在でも昔ながらの製法によって「カスドース」が作られています。 (C)平戸蔦屋 カステラの生地から作られるカスドース。カステラの茶色く焼けた部分を落とし、マッチ箱ほどの大きさに切ってからひと晩乾燥。その後、溶いた卵黄にたっぷりくぐらせます。 (C)平戸蔦屋 [全文を読む]

累計来場者数40万人以上!都内最大級の雛人形展第8弾 百段雛まつり九州ひな紀行IIを2017年1月20日~3月12日開催@目黒雅叙園 文化財「百段階段」にて

@Press / 2016年12月06日10時30分

本展では、平戸藩主・松浦家に嫁いだ松平定信の娘、蓁姫の古今雛と道具たち、杵築藩医佐野家の雛人形など、武家や旧家に伝わる貴重な逸品が集結します。また、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門邸に飾られる圧巻の800体の座敷雛や、天領として栄えた日田の「雛御殿」の雛人形、山の神への祈りを込め山を舞台に雛人形を飾る「雛山」など、九州各地で花開いた雛文化が一堂に会します。九州の [全文を読む]

データマネジメントはなぜ失敗するのか?【戦略的データマネジメント講座】

EnterpriseZine / 2016年05月02日07時00分

負に不思議の負なし」とは、松浦清(肥前平戸藩第9代藩主で、心形刀流剣術の達人。静山と号す)の『常静子剣談』からの引用です。この言葉が示すように、失敗する時には失敗する要素が必ずあるものです。 逆に、たとえ成功したとしても、その中には失敗に繋がることを犯している可能性があり、たまたま成功したに過ぎないのかもしれません。つまり、「必ず失敗する方法は明らか」です [全文を読む]

『真田丸』で注目の本多忠勝 ファンを惹きつける魅力

NEWSポストセブン / 2016年02月28日16時00分

肥前平戸藩4代藩主・松浦鎮信が記した戦話『武功雑記』によれば、堺遊歴中の家康が主君・織田信長が討たれた「本能寺の変」を聞き、狼狽して「自分も京都の知恩院で腹を切る」と言ったのに対し、「ここは何とか生き延びなければ」と家康を諫めた。 [全文を読む]

【著者に訊け】牧久氏 新作『満蒙開拓、夢はるかなり』を語る

NEWSポストセブン / 2015年08月18日16時00分

私は右翼でも歴史修正論者でもないが、特定の史観で歴史を裁くのはその時代を生きた人に失礼ですから」 加藤は明治17年、本所で炭問屋を営む元平戸藩士の家に生まれる。金沢四高~東京帝大工科大学へ進むが、家族を相次いで亡くし、キリスト教や古神道に傾倒。自身も結核で3年間休学し、農科大学転入後、今度は婚約者が病死するなど、理想の農業を自ら泥に塗れて語る豪快な農本主義 [全文を読む]

江戸時代、浜に現れたUFOと謎の女性に漁師はどうした!? むかしむかしのUFO&UMA伝

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月04日11時30分

長崎平戸藩主の松浦静山は、隠居後、大名や旗本の逸話、市井の風俗など、見聞きしたことを書き記した随筆集『甲子夜話』を残している。その中に、有名なシーボルト事件や大塩平八郎の乱の記述と並んで、ろくろ首が実在するという話が登場する。 [全文を読む]

(株)パルコの自主編集ショップ「once A month」(福岡パルコ)にて7月20日~新企画がスタート!

PR TIMES / 2014年07月19日10時15分

★『百菓之図』とは江戸末期より平戸藩松浦家(長崎県平戸市)に伝わる、百種類の菓子が極彩色で描かれ、菓銘と製法が記された書物です。一般公開の機会は滅多になく大変貴重な菓子資料です。本企画は『百菓之図』を所有する松浦史料博物館(http://www.matsura.or.jp/)の協力により実現しました。 [全文を読む]

日本人の誇りがここにある!藩校教育が現代を照らす~全国藩校サミット行田大会~

クオリティ埼玉 / 2014年07月12日01時55分

参加藩および(藩校名) 盛岡藩(作人館)、仙台藩(養賢堂)、庄内藩(致道館)、天童藩(養正館)、米沢藩(興譲館)、福島藩(講学所)、湯長谷藩(致道館)、守山藩(養老館)、白河藩(立教館)、二本松藩(敬學館)、棚倉藩(修道館)、水戸藩(弘道館)、結城藩(秉彝館)、壬生藩(学習館)、忍藩(進脩館)、川越藩(講学所[博喩堂])、佐倉藩(成徳書院)、江戸幕府(昌 [全文を読む]

日本初の全国測量により作成された「幻の日本地図」といわれる「享保日本図」の測量原図を発見!【ふくやま草戸千軒ミュージアム】

PR TIMES / 2014年05月16日10時12分

今回見つかった測量原図は,平戸藩主の松浦静山(1760~1841)が入手し保管していたものとみられますが,福山市出身の守屋壽(もりやひさし)氏(東京都在住)が10年以上前に東京都内でこの図を購入しました。守屋氏は,この原図を含む古地図コレクション848 点を今年2月に同博物館へ寄託。その後,博物館の学芸員が寄託品を調査する中で重要な地図と判明しました。 [全文を読む]

『百段雛まつり』~九州 ひな紀行~目黒雅叙園 文化財「百段階段」で3月3日(月)まで好評開催中 都内最大級の雛まつりイベント・九州全県のひな約1,000点が集結

@Press / 2014年01月30日16時00分

筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の旧邸(福岡県飯塚市)で例年飾られている約500体の「座敷雛」や妻として迎え入れた華族出身の歌人・柳原白蓮が愛した門外不出の有職雛をはじめ、八代城主・松井家ゆかりのお雛さまや、松平定信の娘・秦姫が平戸藩主へ嫁ぐ際に持参したお雛さまと雛道具などの大名家ゆかりの名品、そして庶民の間で育まれた伝統工芸品のお雛さまも登場します。総移動距離 [全文を読む]

ひなの国・九州全県より名品が集う百花繚乱ひなめぐり『百段雛まつり』~九州 ひな紀行~

@Press / 2013年11月21日13時00分

今回の展示では、平戸藩主松浦家に嫁いだ、松平定信の娘、蓁(しん)姫の古今雛や、熊本八代城主・松井家ゆかりの雛と雛道具など、九州各藩に伝わる貴重な品々が集結します。また、明治天皇の后(のちの昭憲皇太后)ゆかりの檜扇(ひおうぎ)や、孝明天皇から下賜された十二支の御所人形など、天皇家ゆかりの品々も登場。さらに、庶民が育んだ郷土玩具のお雛さまや、伝統工芸品の博多人 [全文を読む]

冒険大作作執筆 笹本稜平氏が語る冒険小説の質量の測り方とは

NEWSポストセブン / 2013年11月01日07時00分

1620年にマニラ~アカプルコを航行中、悪天候で難破したこのスペインのガレオン船で航海士を務めた人物こそが、元平戸藩の下級武士の五男〈興田正五郎〉である。金銀財宝を含む積荷の総額は何と10億ドル! 真佐人にとってそれは一生を海に生きた祖先と400年の時を隔てて再会する、自らの〈血〉を巡る旅でもあった。 笹本氏と言えば『天空への回廊』や『還るべき場所』など、 [全文を読む]

フォーカス