攝津正のニュース

餓鬼レンジャーが福岡ソフトバンクホークスの攝津投手の入場テーマ曲をデジタルリリリース

okmusic UP's / 2013年10月23日13時00分

【その他の画像】餓鬼レンジャーアルバム『KIDS RETURN』の先行カットともなるこの新曲は、RYO the SKYWALKERをゲストに招き、福岡ソフトバンクホークスの攝津正投手の入場テーマ曲として2013年を通じてスタジアムで流されてきた人気曲である。 同楽曲は、iTunes、レコチョク、amazon、レゲエZION他、各音楽サイトで配信がスタートし [全文を読む]

【プロ野球】先発候補が17人!? 田中正義、高橋純平、松本裕樹のソフトバンク・ドラ1トリオは厚い壁を破れるか

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日17時05分

そこに昨季9勝の東浜巨と7勝の中田賢一、復活を期す攝津正に松坂大輔、さらには大隣憲司、寺原隼人、岩嵜翔、山田大樹もいる。さらに昨季、2軍で結果を残した笠原大芽に石川柊太。これに田中、高橋、松本を加えると……、んっ、17人!? 「あれっ、1軍の投手って何人いればよかったんだっけ?」と、他球団のファンに聞くと、どつきまわされそうだが、ホークスファンの立場から [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンクの黄金ルーキー・田中正義の2017年、最適な起用法はリリーフだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日17時05分

2年間、中継ぎで活躍し、3年目から先発に転向した攝津正の例もある。 今季、軒並み成績を落とし、勤続疲労が出ているソフトバンク中継ぎ陣へのカンフル剤として、田中ほど適した人材はいないはずだ! V奪回を目指す福岡ソフトバンクホークスのカギを握るのは、黄金ルーキー・田中正義になるだろう。 溝手孝司(みぞて・たかし)札幌在住。広告代理業を営みながら、ライター、イベ [全文を読む]

【プロ野球】細川亨無きソフトバンクの正捕手争い。名乗りを挙げるのは7年目の斐紹&拓也だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日17時05分

ただ今季も首脳陣の期待は高く、開幕から攝津正、和田毅が先発のときはバッテリーを組むなど、実戦の場での育成が試みられた。だが、なかなか結果が出ず5月12日に1軍登録を抹消。その後、1軍での出場機会はなかった。 ■育成から急成長中の拓也 斐紹と同期の拓也は楊志館高から育成6位で入団(余談だが、この年の育成指名は4位の千賀滉大、5位の牧原大成と活躍している選手 [全文を読む]

【プロ野球】セ・リーグ連覇に暗雲!? 歴史が語るカープの落とし穴! 独走の翌年は優勝できない?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日17時05分

投手陣は秀逸の極みでホールトンが19勝、和田毅が16勝、攝津正が14勝を挙げ、チーム防御率は2.32。投打で完全無欠の戦力を誇った。 【2012年】 3位:67勝65敗12分 (首位・日本ハムと6.5ゲーム差) ホールトンが巨人に移籍し、和田がメジャー挑戦。先発の柱が2本抜けたが、攝津が17勝を挙げるなど、投手陣は大崩れせず。しかし、打線は小久保裕紀、松中 [全文を読む]

糸井に陽岱鋼…摂津まで! 巨人が再び「大物補強路線」に方針転換?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時01分

「注目は、ソフトバンクの攝津正(せっつ・ただし)がFA宣言するかどうか。彼はシーズン途中から工藤監督とコンディショニングの方針を巡って衝突し、以後、冷や飯を食わされているようですから。 もちろん、ソフトバンクとしてはまだまだ大切な戦力だし、実際に複数年契約も結んでいる。ただ、本人がそれでもチームを出たいと思っていれば話は違ってきます。FA宣言せずとも、ト [全文を読む]

【プロ野球】1軍より先に2軍が優勝! ソフトバンクがウエスタン・リーグ5連覇を達成!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月22日17時05分

ほかにも大隣憲司(7勝)、攝津正(6勝)と主力投手の活躍も見られる。 ■未来のスターも次々登場中 これだけ見ると1軍クラスの選手が2軍で活躍しただけかいな! と思われそうだが、そうではない。 投手では2年目の加治屋蓮、打者では4年目の真砂勇介と5年目の釜本豪が2軍で結果を残し、1軍昇格を果たした。 さらに、一昨年のドラフト1位・松本裕樹が4勝、昨年のドラフ [全文を読む]

【プロ野球】初々しさよ、再び。シーズン終了間際の今だからこそ振り返る2016年の開幕カード《パ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年09月10日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■福岡ソフトバンクホークス 攝津正が球団史上初となる5年連続の開幕投手を務めた。これは前身の南海時代から含めても史上初。杉浦忠などのレジェンドも成し遂げていない大記録だ。 開幕投手を務めた回数を見ても5回は球団2位タイ。球団記録は南海時代の山内新一の6回だ。来シーズン以降、攝津が球団記録に [全文を読む]

【プロ野球】川島、明石、攝津…弱点解消のソフトバンクが3連覇へ前進

デイリーニュースオンライン / 2016年08月15日16時06分

■開幕投手がようやく初勝利 投手陣では、攝津正の復帰が大きい。 開幕から3試合で16失点(0勝2敗)とまさかの炎上。2軍での調整が続いていたが、8月3日に1軍登録され即先発した西武戦では6回3失点で今季初勝利を記録。続く8月10日のオリックス戦でも、チームは敗れてしまったが、6回2失点とまずまずの投球を見せた。 5年連続開幕投手を務め、ローテーションの柱 [全文を読む]

【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月10日16時05分

しかし、追う展開で迎えた2回裏、攝津正を一気呵成に攻め立てて5得点。試合をひっくり返した。このビッグイニングが物をいい逆転勝利を飾ったのだが、その2回、1死満塁で反撃の狼煙を上げたのが藤田だった。 真中高めに甘く入るストレートを左中間へ弾き返した藤田の当たりは、レフト・中村晃のダイビングキャッチをかいくぐって着弾。逆転の呼び水を誘う2点適時打になった。 去 [全文を読む]

【プロ野球】背番号18は今でもエースナンバーか?現役選手を徹底検証

デイリーニュースオンライン / 2016年08月09日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■各チームの「背番号18」の選手と今季の開幕投手 【ソフトバンク】 背番号18:松坂大輔/開幕投手:攝津正(背番号50) 【日本ハム】 背番号18:斎藤佑樹/開幕投手:大谷翔平(背番号11) 【ロッテ】 背番号18:藤岡貴裕/開幕投手:涌井秀章(背番号16) 【西武】 背番号18:多和田真 [全文を読む]

鹿島MF柴崎岳が2連覇! 第3回「Jマジ!イケメンJリーガー選手権」の結果が発表

超ワールドサッカー / 2016年07月05日15時30分

なお、端正な顔立ちに加え、190cmのモデル体型を誇る19歳は、プロ野球の福岡ソフトバンクホークスでプレーする攝津正投手の遠縁としても知られる。▽「Jマジ!イケメンJリーガー選手権」の詳細は以下のURL(https://quickscope.jp/v1/reply/jmaji/ikemen2016)からチェックしてください。また、今回発表された第3回「Jマ [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■穴がほとんどない上位2球団 福岡ソフトバンクホークス 1 右 福田秀平 2 二 本多雄一 3 中 柳田悠岐 4 指 内川聖一 5 一 明石健志 6 三 松田宣浩 7 左 中村晃 8 遊 今宮健太 9 捕 斐紹 先発 攝津正 本多、柳田、内川、松田、中村、今宮の「コア6」は健在。ここへ、昨 [全文を読む]

【プロ野球】帰ってきた左腕・和田毅は輝きを取り戻せるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月26日16時00分

また、昨年の実績から中田賢一、攝津正までが先発ローテーション決定と予想される。 楽天との3連戦を終えると、3月29日からヤフオクドームで埼玉西武ライオンズとのホーム開幕2連戦。地元最初のシリーズで、和田毅の5年ぶりの雄姿が見たい! 溝手孝司(みぞて・たかし)札幌在住。ライター、イベント関連など、スポーツ関連の仕事を精力的にこなしている。北海道生まれなのに [全文を読む]

松坂大輔 6月以降なら一軍戦力になれると野球評論家

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

武田翔太、バンデンハーク、攝津正、中田賢一と、SBの先発陣はとにかく層が厚い。現時点でも松坂は5~6番手の投手になれれば、といわれており、工藤公康監督もその観点からか、松坂には「開幕に間に合わなくても構わない」と発言している。 慌てず、焦らずコンディションを整えていって、満を持しての“復活”を演出できればいい。確かにこれならいけるかもしれない。 ※週刊ポス [全文を読む]

【日本シリーズ直前】プロ野球交流戦「ソフトバンクvs.ヤクルト」から勝者を予測

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日17時00分

【第1戦/5月29日】ソフトバンク 7 - 4 ヤクルト 勝利投手:攝津正(ソ) 敗戦投手:小川泰弘(ヤ) 今年から交流戦は1カード3試合となり、今季はすべてヤフオクドームでの開催となった。 初回に内川聖一、李大浩の連続ホームランで先制したソフトバンクは、その後も柳田悠岐、松田宣浩のホームランなどで加点し、ヤクルトのエース・小川泰弘から6回で7得点を奪い [全文を読む]

【いよいよ日本シリーズ!】「福岡ソフトバンクホークス×ファミスタ」コラボグッズを「ミツカルストア・渋谷パルコ店」で10/24(土)から急遽発売決定!

PR TIMES / 2015年10月23日09時35分

投手陣では、エースの看板を背負う右腕「攝津正投手」。オーバースローから投げ下ろす若手代表格「武田翔太投手」。中継ぎで数々のホールドをしてきた「森福允彦投手」の3選手。今回はそれに加えて往年の名投手であり、ソフトバンクホークスの「工藤公康監督」が投手指導をしているモデル、また「福岡ソフトバンクホークス×ファミスタ優勝記念デザイン」など、それぞれの選手の特徴を [全文を読む]

パ制覇記念!ホークス選手がファミスタキャラに変身

Walkerplus / 2015年10月13日15時15分

今回、ファミスタグラフィックに落とし込まれたのは、工藤公康監督、内川聖一選手、今宮健太選手、松田宣浩選手、柳田悠岐選手、森福允彦投手、武田翔太投手、攝津正投手の8名。さらに、「ファミスタ×ソフトバンクホークス優勝記念デザイン」として、胴上げシーンも登場。選手の特徴を生かしつつ、かわいらしいキャラクターに仕上がっている。 同グッズは、福岡パルコ本館(福岡市 [全文を読む]

【パ・リーグ制覇記念】クライマックスシリーズ間近!「福岡ソフトバンクホークス×ファミスタ」コラボグッズを「ミツカルストア・福岡パルコ店」で10/10(土)から発売!

PR TIMES / 2015年10月09日20時06分

投手陣では、エースの看板を背負う右腕「攝津正投手」。オーバースローから投げ下ろす若手代表格「武田翔太投手」。中継ぎで数々のホールドをしてきた「森福允彦投手」の3選手。今回はそれに加えて往年の名投手であり、ソフトバンクホークスの「工藤公康監督」が投手指導をしているモデル、また「福岡ソフトバンクホークス×ファミスタ優勝記念デザイン」など、それぞれの選手の特徴を [全文を読む]

巨人ファン SB松田、内川、摂津の獲得にも自信をにじませる

NEWSポストセブン / 2015年09月21日07時00分

攝津正(33・ソフトバンク) 今季、巨人は投手陣がチームを支え、なんとか上位に踏みとどまっている。だがこれは外国人と新人の活躍があった「結果オーライ」でしかない。当然、投手の補強が必要となる。 その点、今季FA権を取得する見込みの攝津は、4年連続2桁勝利と実績十分。しかも巨人にとっては追い風が吹いている。 「成績が下降気味のため、単年契約しか結んでもら [全文を読む]

フォーカス