楫取素彦のニュース

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の準主役 楫取素彦(小田村伊之助)のことが一番詳しくわかる決定版『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』

PR TIMES / 2014年12月10日12時24分

中経出版ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA中経出版ブランドカンパニー(東京都千代田区)は、新人物文庫『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』を刊行しました。来年の大河ドラマの予習にどうぞ! 【俳優大沢たかおさん演じる楫取素彦(小田村伊之助)ってどんな人?】 本書は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文の夫にして、 吉田松陰の「至誠」を継いだ、知られざる [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地、前橋の秋を堪能する旅へ!

Walkerplus / 2017年09月14日21時45分

大河ドラマ「花燃ゆ」の重要人物楫取素彦(かとりもとひこ)は、1876(明治9)年に群馬県の初代県令となった。その舞台となる前橋で、歴史感じる建造物や人気スポットを巡り、秋の訪れを感じる旅を堪能しよう! ■ <START>関越道 前橋IC 大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台、前橋を巡るドライブへ出発。関越自動車道前橋ICからスタート。 【↓次のスポットへは国道17号 [全文を読む]

「マッサン」から「花燃ゆ」へ…堀井新太の出演が決定

Smartザテレビジョン / 2015年03月16日21時56分

堀井が演じるのは、奇兵隊士から群馬県令・楫取素彦の腹心となった男・中原復亮。 中原は、高杉晋作が奇兵隊を結成すると進んで入隊し最前線で戦うが、鳥羽伏見の戦いで負傷。当時、熊谷県令(のちの群馬県令)だった楫取素彦(小田村伊之助)に再会し、楫取の元で働き始め、政策を支えた。楫取の妻・寿が病気になった時は、東京まで送っていくなど楫取家とは家族ぐるみの付き合いを [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』展 吉田松陰や高杉晋作らの貴重な資料登場

太田出版ケトルニュース / 2015年05月29日10時14分

そして文は長州藩の毛利家につかえ、その後「美和子」と名前を変え、群馬県令・楫取素彦と再婚。群馬の産業や教育の発展に尽した夫を支え、1921年に亡くなった。 展示は、文や吉田松陰の生まれた育った萩の街の紹介、文や松陰の家族写真・書簡・資料、松下村塾に関する資料、幕末の歴史、長州藩と幕府との戦い、楫取素彦の功績を伝える資料など、文および彼女の周りを巡る事柄を [全文を読む]

大河ドラマ「花燃ゆ」主人公も愛した「玉子かけ」を「うめてらすネットワーク」加盟飲食店14店舗にて1月24日提供開始

@Press / 2015年01月23日14時30分

■「花燃ゆ」主人公も愛した玉子かけ 幕末維新期に活躍し、防府で晩年を過ごされた楫取素彦と妻の美和子(大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・文(ふみ))。 楫取素彦の書簡「垂涎三尺(すいぜんさんじゃく)」にふぐやウニと共に玉子かけが好きだったという記述があります。当時の生活感が出ている「玉子かけ」にアレンジを加え、14店舗それぞれの特色を活かしたオリジナルの「玉子 [全文を読む]

将棋「竜王戦」も開催!前橋「臨江閣」で維新コーヒーを

Walkerplus / 2017年10月05日13時54分

本館の玄関には楫取素彦直筆の看板が掲げられている。カーペットに西洋を感じる別館は後に建てられ、貴賓館として利用された。このたび大規模改修工事を終え、9月から一般公開をスタート。11月4日(土)5日(日)には第30期竜王戦七番勝負 第3局前橋対局の開催も決定した。 迎賓館として使用された本館。中に入るとぬくもりのある畳や柱に風情を感じる。 草庵茶室。4畳半と [全文を読む]

前橋市が公認展示「吉田松陰の刀」に持ち上がった真贋論争

NEWSポストセブン / 2017年04月16日16時00分

「前橋市によれば、短刀はもともと初代群馬県令・楫取素彦(かとりもとひこ)の妻である松陰の妹・寿(ひさ)が持っていたもので、群馬出身の実業家・新井領一郎が1876年に渡米する際に渡されたものだそうです。米カリフォルニア在住の新井の曾孫の家に残っていた短刀が昨年、前橋市に寄託され、今回の発表に至った」(地元紙記者) 長州藩・萩で松下村塾を開いた吉田松陰は、18 [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

近著に『幕末「長州」史跡散歩』『山県有朋の「奇兵隊戦記」』(洋泉社歴史新書)、『吉田稔麿 松陰の志を継いだ男』(角川選書)、『吉田松陰と高杉晋作の志』(ベスト新書)、『吉田松陰とその家族』(中公新書)、『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』(新人物文庫)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)など。山口県ふるさとづくり功労賞受賞。講演やテレビ出演も多数。 [全文を読む]

群馬県民もガッカリ!井上真央、「花燃ゆ」終了後ものしかかる重圧

アサジョ / 2016年01月06日09時58分

物語の後半の舞台となった群馬県も、ヒロインの再婚相手で初代群馬県令(知事)の楫取素彦らの銅像を建て、話題作りに奔走した。だが今、その前橋市の計画が寄付金不足でピンチに陥っている。 楫取が群馬県令となって、尽力を注いだ生糸の生産工場「富岡製糸場」が2014年に世界遺産に登録されたこともあり、さらなる観光客誘致に力を入れようとした前橋市だったが、その目論見は「 [全文を読む]

「花燃ゆ」終幕!美和は新たな道へ!!

Smartザテレビジョン / 2015年12月14日03時07分

幕末から明治期の動乱を生き抜いた美和は、兄や最初の夫・久坂玄瑞(東出昌大)らの死を乗り越えて、新たな時代の日本人を育てるという志を胸に夫・楫取素彦(大沢たかお)と手を取り合ってきた。 最終回は、美和と楫取が鹿鳴館に招待されるというストーリー。2人は、伊藤博文(劇団ひとり)ら懐かしい顔に再会し、そこで有力者たちに群馬の鉄道建設への協力を取り付けることにも成 [全文を読む]

視聴率ワースト危機『花燃ゆ』 井上真央が後始末させられる

NEWSポストセブン / 2015年12月13日16時00分

長州(山口県)出身の文と夫の楫取素彦(大沢たかお・47才)は、富岡製糸場のある群馬で活躍した後、防府市で30年以上の余生を過ごし、ふたりの墓もここにある。そこで市は1億2000万円をかけて『ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館「文の防府日和。」』を作り、ドラマ初回に合わせてオープンした。 JR防府駅近くの複合商業施設内にあるドラマ館には番組関連のパネルや撮影衣装がズラ [全文を読む]

井上真央に朗報!?爆死中の大河「花燃ゆ」が群馬県民の楽しみになっている理由

アサ芸プラス / 2015年11月17日09時59分

大沢たかお演じる楫取素彦が群馬県令に任命されたのを機に、物語の舞台は群馬県に移って久しい。ここで、楫取と井上真央演じる久坂美和は、当時の主要産業だった“生糸”を守るべく奔走。そんな中、2人は一風変わった農法で農業を営む船津伝次平に出会う。 この男の名を聞いて、多くの視聴者は“?”だったに違いない。しかし、群馬県民なら誰もが知っている名前なのだ。群馬県出身 [全文を読む]

群馬での物語が本格始動!「花燃ゆ」第42回

Smartザテレビジョン / 2015年10月16日05時00分

また、10月17日(土)朝9時30分からは、井上と有働由美子アナ出演の「井上真央が誘う『花燃ゆ』と世界遺産の旅~楫取素彦の素顔~」(NHK総合)も放送される。富岡製糸場などゆかりの地を訪ね、楫取や美和の素顔に迫る特別番組だ。 [全文を読む]

いよいよ新天地・群馬へ!「花燃ゆ」第41回

Smartザテレビジョン / 2015年10月10日07時00分

そこで白羽の矢が立ったのが、今は農業に従事している美和の義兄・楫取素彦(大沢たかお)だった。早速、木戸が楫取に群馬県令(知事)を引き受けるよう説得に来る。 だが、楫取は、その申し出を辞退する。村人との約束である開墾事業をやり遂げるためだった。それを知った村の仲間・中原復亮(堀井新太)らは、楫取に国の未来のために力を発揮してほしいと懇願。その思いに押され、楫 [全文を読む]

愛人の子に向き合う美和!「花燃ゆ」第40回

Smartザテレビジョン / 2015年10月04日08時00分

一方、政治から身を引き、未開拓地の開墾に取り組んでいる美和の義兄・楫取素彦(大沢たかお)は、徐々に村人からの信頼を得るようになっていた。そんな楫取に、人材を欲していた中央政府の木戸孝允(東山紀之)らかつての仲間は熱い視線を送っているのだが、楫取本人は素知らぬ顔。 そのころ、杉家では美和が根気強く向き合ったこともあり、秀次郎は少しずつ打ち解け、勉強にも真剣 [全文を読む]

“大奥”の終焉、美和は実家へ!「花燃ゆ」第39回

Smartザテレビジョン / 2015年09月25日05時00分

美和(井上真央)の義兄・楫取素彦(大沢たかお)は、これまで藩のために戦ってきた兵たちの声を聞くよう、知藩事となった毛利元徳(三浦貴大)に進言するが、反乱軍は武力によって鎮圧されてしまった。 こうして、反発を生みながら時代が明治へと移り変わっていくが、今回はより決定的な出来事が起こる。病に伏していた前藩主・毛利敬親(北大路欣也)が亡くなり、その後まもなく中央 [全文を読む]

「花燃ゆ」明治編突入!井上真央が考える美和像に迫る

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日08時00分

そして美和と大沢たかお演じる楫取素彦の2人の人生にも転機が訪れる。そんな中、主演の井上真央が、大奥編や新しく始まる明治編について記者からの質問に答えた。――大奥編についての質問です。最初の頃の井上さんのインタビューで、美和がどんな思いで奥御殿に入っていくのか、どういうふうに描かれるのかをとても楽しみにしていますとおっしゃっていました。実際演じてみていかがで [全文を読む]

大沢たかお慟哭!「花燃ゆ」第38回

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日05時00分

楫取素彦(大沢たかお)は、まずは彼らの声を聞くべきだと元徳に訴えるが、成果を上げることに焦る元徳は、その意見を聞こうとはせず、一方的な解雇を告知する。すると不満を募らせた兵士たちは決起し、萩城を取り囲んでしまう。 いつ攻め込まれるかわからない危機に、美和(井上真央)たちも戦への備えを余儀なくされる。そんな中、美和は食糧を求め、城に迷い込んだ若い兵士と出会 [全文を読む]

大河出演中の大沢たかお ありのまま見せると信頼関係深まる

NEWSポストセブン / 2015年09月15日16時00分

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で物語のキーマン、薩長同盟の陰の立役者として活躍した楫取素彦(かとりもとひこ、かつての小田村伊之助)を演じている大沢たかお。吉田松陰の親友であり、優香が演じる松陰の妹・寿(ひさ)と結婚。死別後はその妹の美和(井上真央)と結ばれる。大沢が語る。 「幕末から明治へと激動する時代の変遷の中で、志士たちの友情から今後は、夫婦愛など男女の愛 [全文を読む]

井上真央が戦火の京都に!「花燃ゆ」第37回

Smartザテレビジョン / 2015年09月12日07時00分

新しい時代に向け美和の義兄・楫取素彦(大沢たかお)らが駆け回る中、美和は奥御殿にも変革が必要だと感じ、ある決意をする。 夫の愛人が生んだ子を探さずにいられないやるせなさを抱え、それでも最後には前を向く美和。「新しい日本人を育ててほしい」という高杉の遺言を胸に、“村塾の女幹事”が明治に向けて歩き出す。 [全文を読む]

フォーカス