河面のニュース

「初戦をまず大事に」…明治大のJ内定組、小出、道渕、河面のスペシャル座談会!!

ゲキサカ / 2016年12月04日11時31分

ヴァンフォーレ甲府内定のDF小出悠太(4年=市立船橋高)、同MF道渕諒平(4年=仙台ユース)、大宮アルディージャ内定のDF河面旺成(4年=作陽高)の3名がトーナメントの怖さ、インカレへ向けての意気込みを語ってくれました。――総理大臣杯を優勝したことで、インカレ出場が決まりましたが、どういう気持ちでしたか?小出:インカレ決まったっていう印象がなかったね。河 [全文を読む]

本職SBの明治大DF河面がCB起用に応える、「彼がいたから0に抑えられた」と賞賛も

ゲキサカ / 2016年03月05日23時13分

明治大ではSBを務めるDF河面旺成(明治大3年=作陽高)だが、この日はDF宮地元貴(慶應義塾大3年=東京Vユース)とCBを組み、相手を無得点に封じ込めた。 試合後、関東選抜Aの三浦佑介監督は河面の名前を挙げて、「今日のゲームの中でも成長していた。左利きなのもストロングポイントですし、めちゃくちゃいいCBだなと思いました」と奮闘振りを称えた。 大会前からCB [全文を読む]

【宇宙】時速320万Kmで膨張する天の川の「巨大バブル」の正体!

tocana / 2015年02月04日16時00分

河面の上下に向かって大きな泡状のものがガンマー線映像に現れたのだ。これが今回紹介する「フェルミバブル」と呼ばれるガスの泡だ。1月に配信された「Daily Mail」の記事を元に、NASAやAstronomy誌のサイトも参考にしながら、この世にも不可思議なガンマー線の巨大な泡、フェルミバブルについて読み解いていこう。 今回、発表されたのが、フェルミ・ガンマ [全文を読む]

札幌が小野のゴールで先制も、大宮が瀬川の豪快ミドルで追いつきドロー《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2017年04月26日20時58分

大宮はGK松井が今季初出場となり、ルーキーのDF河面がデビューを果たした。 ▽試合は立ち上がりから札幌ペース。両サイドを起点として攻め込む展開が続くと16分、一本のパスから得点を奪う。GK金山のフィードを左サイドで受けた田中が、ドリブルで持ち込みクロス。これをファーサイドで上原が折り返すと、後ろから走り込んだ小野が蹴り込み、ホームの札幌が先制する。 ▽先制 [全文を読む]

「あっけなく終わった」明大3冠の夢…J内定DF河面&FW丹羽は悔しさ隠さず、プロでの成長誓う

ゲキサカ / 2016年12月13日13時32分

来季大宮アルディージャ内定の左SB河面旺成(4年=作陽高)は「ふがいないプレーで、あっけなく終わった」とうつむく。左サイドから放つ正確なパスが魅力の河面だが、この試合は相手の守備陣に苦しめられた。 立ち上がりから「ボールは持てていたけど中まで入れない。単純にクロスをあげても、相手CBの身長が高くて跳ね返されて、そこから大体大の攻撃リズム」になってしまい、 [全文を読む]

大宮内定の明治大DF河面、3得点に絡むも満足せず「まだまだかな」

ゲキサカ / 2016年12月11日14時29分

[12.10 全日本大学選手権2回戦 明治大6-0九州共立大 町田] 大宮アルディージャへの来季加入が内定している明治大DF河面旺成が、さっそく3得点に絡み、その能力の高さを示した。 左足から繰り出されるロングフィードと正確なパス、クロスの質の高さが武器の河面は、前半7分にスピードを生かしたタイミングの良い攻撃参加からFW丹羽詩温(4年=大阪桐蔭高)の先制 [全文を読む]

高山&黒川のプロ初ゴールなど大宮が清水相手に4発快勝!《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2017年05月24日20時57分

大山がクロスを上げると、河面が競り勝ちヘッド。これが相手DFに当たり浮き球になると、黒川が触れてラインを越え、大宮が追加点を奪う。黒川にとってはプロ初ゴールとなった。 ▽2点を先行した大宮は、左サイドの黒川が積極的にドリブルを仕掛け清水守備陣を翻弄する。30分にはボックス内でルーズボールとなると、反応した播戸がシュート。しかし、これはミートせず、こぼれ球を [全文を読む]

[MOM442]明治大DF袴田裕太郎(3年)_“遅咲き”なるか、期待のSBが正確な左足で決勝アシスト

ゲキサカ / 2017年05月24日13時19分

なによりも二学年上のDF河面旺成(現・大宮)が左SBを定位置としており、その壁が高かった。「アキさん(河面)は左利きですし、守備もすごく上手いので、いつもアキさんのプレーを公式戦で見て学んで、自分のプレーに活かしていこうと常に見ながらやってきました」。それでも河面が卒業し、抜けた左SBのポジションを手にするチャンスはやってきた。袴田は今季開幕戦で先発に抜擢 [全文を読む]

[練習試合]大宮は打ち合いの末、FC東京に3-4で敗北

ゲキサカ / 2017年01月26日23時31分

以下、クラブ発表の出場メンバー 【1本目(1-2)】 ■得点経過 失点(7分)、失点(33分:PK)、マテウス(37分) ■メンバー GK:松井 DF:渡部、菊地、河本、大屋 MF:横谷、茨田、大山、マテウス FW:長谷川、ペチュニク 【2本目(0-2)】 ■得点経過 失点(34分)、失点(42分) ■メンバー GK:加藤順 DF:渡部、山越、高山、河面 [全文を読む]

大前元紀が大宮の新10番に決定!!茨田40番、大卒ルーキー河面は6番

ゲキサカ / 2017年01月14日16時15分

そのほかの新戦力では、MF長谷川アーリアジャスール(←湘南)が28番、MF茨田陽生(←柏)が40番、MF瀬川祐輔(←群馬)が44番に決まったほか、明治大から加入のDF河面旺成は6番、大宮ユースから昇格のMF山田陸は38番を付けることが発表された。 ■選手背番号 1 GK 加藤順大 2 DF 菊地光将 3 DF 河本裕之 4 DF 山越康平 5 DF 沼田 [全文を読む]

明大敗戦…大宮内定SB河面&愛媛内定FW丹羽が悔しさ見せる(8枚)

ゲキサカ / 2016年12月14日12時19分

●第65回全日本大学選手権(インカレ)特集 [全文を読む]

大宮内定の明治大SB河面、「まだまだかな」も3得点に絡む活躍(4枚)

ゲキサカ / 2016年12月11日15時36分

●第65回全日本大学選手権(インカレ)特集 [全文を読む]

来季大宮入りの明治大SB河面、冷静なボール奪取で決勝弾の起点に

ゲキサカ / 2016年08月15日12時22分

来季の大宮アルディージャ加入が内定している明治大DF河面旺成(4年=作陽高)は、果敢なボールカットで決勝点の起点となった。タイトル獲得には「日本一になるために、いっぱい学生間で話し合って、戦ってきたので。素直に嬉しいです」と微笑む。 この日の決勝・順天堂大戦には「正直、やるしかないという気持ちでした。自分たちは後ろから支えて、無失点で終われれば、自ずと結果 [全文を読む]

大宮、来季加入の明治大DF河面が特別指定選手に

ゲキサカ / 2016年07月01日15時28分

大宮アルディージャは1日、来季加入が内定している明治大のDF河面旺成(22)が『JFA・Jリーグ特別指定選手』として、日本サッカー協会(JFA)より承認されたことを発表した。 以下、クラブ発表のプロフィール ●DF河面旺成 (かわづら あきなり) ■生年月日 1994年5月3日(22歳) ■身長/体重 183cm/75kg ■利き足 左足 ■出身地 京都府 [全文を読む]

大宮が明治大学からDF河面旺成の来季加入内定を発表

超ワールドサッカー / 2016年06月26日17時45分

▽大宮アルディージャは26日、明治大学に在学するDF河面旺成(22)の来季加入内定を発表した。河面はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。「小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ、嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、これからも謙虚に日々努力していきたいです」「アピールポイントである左足のキッ [全文を読む]

大宮、明治大DF河面の来季加入内定を発表…第91回選手権の優秀選手

ゲキサカ / 2016年06月26日17時40分

大宮アルディージャは26日、明治大のDF河面旺成の来季加入が内定したことを発表した。 左足のロングフィードと正確なパス・クロスの質の高さやスピードを生かしたタイミングの良い攻撃参加が特徴の河面は、作陽高3年の時に出場した第91回全国高校サッカー選手権で、FW浅野拓磨やFW小屋松知哉、DF室屋成らと共に大会優秀選手に選出されていた。 クラブを通じて河面は、「 [全文を読む]

九州の雄・福岡大新入部員、MF河原、FW梅田、MF野中、CB饗庭、MF高原、FW大下らタレントズラリ

ゲキサカ / 2016年03月11日21時31分

その他、全国16強のMF吉村泰成(松山工高)、長身MF外田晏堂(ロアッソ熊本ユース)、右SB今村友哉(東海大五高)、DF大城颯(九産大九州高)、FW花田佳惟斗(興國高)、FW河面龍征(東岡山工高)、FW徳永大河(サガン鳥栖U-18)、FW小川幸希(佐賀東高)、FW長野旭伸(愛媛FC U-18)といった実力者たちが強豪でレベルアップを目指す。 以下、福岡大 [全文を読む]

高山和真&黒川淳史がプロ初ゴール!!大宮が4発大勝で初白星、清水は5連敗

ゲキサカ / 2017年05月24日21時14分

MF大山啓輔の右CKをファーサイドのDF河面旺成がヘディングシュート。ゴールライン上でFW長谷川悠に当たったボールをMF黒川淳史がヘッドで押し込み、公式戦出場6試合目でプロ初ゴールを挙げた。 2-0で折り返した後半も大宮が押し込み、同7分、今季公式戦初先発となったFW播戸竜二がPA手前から左足を振り抜いたが、ミドルシュートは惜しくもゴール右へ。劣勢の清水は [全文を読む]

若手主体の仙台が佐々木&西村のゴールで大宮を下し首位浮上!《YBCルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2017年05月03日16時59分

61分、左サイドから河面がクロス。中央に飛び込んだネイツ・ペチュニクが左足で流し込み、大宮が1点を返す。 ▽1点差に迫った大宮は72分、前線でボールを奪ったネイツ・ペチュニクが右サイドのドラガン・ムルジャにパス。しかし、これは繋がらない。81分には右サイドからの岩上のクロスをボックス中央で清水が受けるも、シュートは打てない。 ▽パワープレーで押しこむ大宮は [全文を読む]

繰り返された「まだ行けるか~?」「大丈夫で~す!」のやり取り。会場中に響く大声と積極攻守光った青森山田SB新井

ゲキサカ / 2017年01月21日17時12分

「黒田監督や正木コーチや3年生の河面コーチが自分のことを励ましてくれて、メンバー入れてくれて、選手権に帯同させてもらって、イングランド遠征も来ることができたので周りの方に感謝しかないです」。 その感謝の思いをピッチで、全力で表現した。この日45分間プレーしたが、その時間ピッチに立っていたのは実に1年ぶり。ベンチから「行けるか~?」という声が飛んでいたのもそ [全文を読む]

フォーカス