紅海のニュース

旅人マリーシャの世界一周紀行:第141回「エジプト・紅海の“ダイバーの聖地”で海底30mの吊り橋効果を体験!」

週プレNEWS / 2017年04月27日15時00分

「世界一美しい海」とも言われる紅海は透明度が高く、固有種の魚もいたりと世界中のダイバーの憧れ。 そしてファンダイブなら1ダイブ2千円程度と世界最安値を叩き出していて、エジプトに来た旅人の多くはダイビングを楽しんでいるのです。 「紅海に来て、潜らないなんて後悔するぞ!」というわけで、私はここでダイビングライセンスのレベルアップに挑むことにしました! 紅海に面 [全文を読む]

【写真特集】輝きを失ったシナイ半島の桃源郷へ

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月06日19時00分

美しい紅海と砂漠、遊牧民ベドウィンの文化──昔から世界の多くの人々を引き付けてきたエジプト東部のシナイ半島。なかでも南端のシャルムエルシェイクは人気のリゾートだ。 しかし「アラブの春」による政情不安で、同国を訪れる観光客は大幅に減少。紅海沿岸地方の人々にとって、11年のエジプト革命の舞台となった首都カイロのタハリール広場は、「大惨事」と同義だ。最近ではテロ [全文を読む]

GBI、紅海とミラノをXteraの先進100Gテクノロジーでつなぐ

JCN Newswire / 2012年10月17日11時41分

DALLAS, TX and DOHA, QATAR, Oct 17, 2012 - (JCN Newswire) - 中東初のキャリアニュートラル地域ネットワークのGulf Bridge International (GBI)と、光通信ソリューションのグローバル大手プロバイダのXtera Communications Inc. (Xtera)は、エジプト [全文を読む]

国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月07日08時00分

ちなみに今から50年前の6月5日に始まったイスラエルと中東アラブ諸国の第3次中東戦争(6日間戦争)は、エジプトが紅海のティラン海峡を封鎖したことが引き金になった。怒ったイスラエルが先制攻撃を仕掛け、10日までに圧勝した。一方のイランは、食料を輸入に頼るカタールに対して、自国の3つの港の利用を許可すると発表したもようだ。サウジアラビアとUAEにしてみれば、や [全文を読む]

ケニア長距離鉄道開業、独立以来の大事業--中国が支援

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月01日15時16分

中国は昨年10月に開通したエチオピアの首都アジスアベバと紅海に臨むジブチの首都ジブチを結ぶ鉄道の整備事業も手掛けた。英フィナンシャル・タイムズによれば、ケニア向けだけでも2016年の中国の輸出は50億ドルに上り、10年と比べ3倍に増えた。アメリカの対ケニア輸出は7億8000万ドルにすぎない。【参考記事】何もなかった建設予定地、中国-ラオス鉄道が描く不透明な [全文を読む]

イエメンが「空前の人道危機」に喘いでいる シリア報道の陰で忘れられたもう一つの内戦

東洋経済オンライン / 2017年04月26日19時00分

イエメンはアラビア半島の南西端、サウジアラビアの南隣に位置し、紅海とアラビア海に面したイスラム教国。アラビア半島の国々は総じて“金持ち”のイメージがあるが、イエメンは国民1人あたりGDP(国内総生産)がわずか1500ドル。世界最大の原油埋蔵量を有するサウジアラビアの2万ドル超とは比べものにならないほど貧しい。イエメンのトピックスを探すと、コーヒーのモカは同 [全文を読む]

忠犬ハチ公、中国での映画化が明らかに―中国メディア

Record China / 2017年03月20日16時10分

2015年に中国海軍が内戦の続くイエメンから、自国民や外国人を救出した作戦も、「刀鋒−紅海行動」のタイトルで映画化される。ダンテ・ラム(林超賢)監督が手掛け、すでにモナコでクランクインしており、今年末に公開予定。アクションスターのジャッキー・チェン(成龍)らが友情出演する。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

中国が巨額融資、アフリカに鉄道新路線が続々―米メディア

Record China / 2017年01月29日08時00分

今月初頭、エチオピアからジブチの紅海までをつなぐ全長750キロの鉄道が開通した。年間500万トンの貨物を輸送し、両国の経済を大きく振興するものになると期待されている。総投資額は34億ドル(約3910億円)、うち70%は中国輸出入銀行が融資する。建設は中国中鉄が担当した。 またケニアでもまもなく新たに鉄道が完成する。総投資額130億ドル(約1兆5000億円 [全文を読む]

ジブチの自由貿易区建設に中国が参加、「一帯一路」戦略の重要拠点に

Bridge International Media / 2017年01月19日08時20分

ジブチは国土面積2万3000平方メートル、人口90万人未満という小さな国だが、紅海、アデン湾に面し、アジア、アフリカ、欧州を結ぶ海上輸送ルートの要所の1つとなっている。(by Asada) [全文を読む]

北方領土問題、四島返還が現実味を帯びてきたのは本当か

プレジデントオンライン / 2016年12月09日15時15分

現在、ユーラシア大陸の東西を結ぶ主要な航路は、マラッカ海峡から紅海を抜けてスエズ運河を通る南回りのルートで、中東の不安定さもあり効率的とは言えません。そこで北回りの航路に期待が寄せられています。この入り口にあるのが北方領土を含む千島列島なのです。このルートの安定は、ロシアのアジアへのエネルギー輸出にとって非常に重要だといえます。 ■プーチンの「禁酒」はなに [全文を読む]

紛争地イエメンで飢餓と栄養不良が深刻に

PR TIMES / 2016年10月28日15時19分

国連WFPの幹部らは先週、イエメン北東部のハッジャ州、そして紅海沿岸のホディダ州を訪問し、日々の食事もままならない人々の困窮ぶりや、病院や栄養・保健センターに栄養不良の子どもたちが次々と運ばれてくる様子など、悲惨な状況を目の当たりにしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/9064/170/resize/d9064-170-789271 [全文を読む]

【動画】真っ昼間の湖に「超巨大幽霊船」が出現!水中に隠されたUFO、水面を歩くキリストの可能性も!?=米

tocana / 2016年10月15日07時30分

それに、水上に出現するならば、杖を振りかざして紅海を割った預言者モーセの方が適していると思うが……。 ユーチューブユーザーからは、「ファタ・モルガーナ」という蜃気楼の一種に過ぎないとの反論も多数寄せられている。ファタ・モルガーナは上位蜃気楼と呼ばれ、元となる物体の上方に蜃気楼が発生するため、水平線の下に隠れて見えない物体が現れることがあるという。今回の場合 [全文を読む]

中国基準で建設されたアフリカ初の電気鉄道、ついに正式開通

Bridge International Media / 2016年10月05日08時20分

同国の首都アディスアベバと鉄道で結ばれるジブチは、紅海、アデン湾に面している。(by Yamaguchi) [全文を読む]

エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月24日11時00分

3月にはエジプトの紅海沿岸近くで、軍の護衛隊に対するIED攻撃があり、兵士5人が亡くなった。これには古い地雷から盗まれた火薬が使われていた。 [全文を読む]

独裁エジプトに再度の市民蜂起が迫る

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月18日19時21分

市民の拉致・殺害も平気でやってのける政権に、人々の怒りは爆発寸前だ> エジプトの大統領が、サウジアラビアの国王に紅海に浮かぶ2つの島をプレゼントした。先月、ちょうど筆者が首都カイロに入った日のことだ。どちらの島もアカバ湾にあり、アカバ湾の奥にはヨルダンとイスラエルの港がある。そんな戦略的要衝を、国王の約束した総額数百億ドルに上る援助と投資の見返りにエジプト [全文を読む]

英国“ロシア機墜落はテロ” 発表にロシア、エジプトが怒り心頭 その背景とは?

NewSphere / 2015年11月06日18時10分

◆爆発は内部から発生 シャルムエルシェイクは紅海に面したリゾート地で、フライト停止の影響で、滞在中の約2万人のイギリス人観光客が足止めを食らった。キャメロン首相は、入手した情報から、「テロによる爆発ではないというよりも、テロである可能性が高い」と判断し、安全を第一に考え、今回の措置を取ったと述べた(インデペンデント紙)。 テレグラフ紙は、墜落したメトロジェ [全文を読む]

【131人死亡】イエメンの結婚式場誤爆、現場に残された悲劇の痕

tocana / 2015年10月03日07時30分

そして先月28日、イエメン南西部の紅海に面した街モカで、結婚式場が誤爆されるというあるまじき事態が発生した。 爆撃は28日夜間のことだったが、当初の犠牲者は27人と考えられていた。しかし次の日になると、その数は131人にまで膨れ上がる。ロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」によって、爆撃から一夜が明けた現場の光景が公開されたが、何もかもが破壊し尽くされてし [全文を読む]

「新スエズ運河」開通、エジプトの民主化を遠ざける? 欧米メディア懸念

NewSphere / 2015年08月03日17時59分

地中海と紅海を結んでおり、アフリカ大陸を回ることなくヨーロッパとアジアを結ぶことができる、世界で最も重要な商業航路のひとつだ。1970年代には、日本の五洋建設が改修工事に参加するなど、日本企業ともなじみの深い場所だ。 運河はエジプトの重要な収入源となってきたが、航路が1レーンしかないため、逆方向から来る船とのすれ違いに時間がかかるなどの問題点があった。アル [全文を読む]

三菱重工、サウジアラビア都市開発プロジェクト向け大型ターボ冷凍機を80台受注

JCN Newswire / 2015年07月23日17時10分

アラビア半島紅海側に位置しているマディーナは、毎年1,000万人が訪れる大都市として知られ、当社のターボ冷凍機は、多数の人々が集まる大空間の快適空調の一翼を担うことになります。当社はターボ冷凍機の国内トップメーカーで、地域冷暖房や基幹産業の工場空調向けなどに、ターボ冷凍機を多数供給。受注実績は国内外含めて3,000台を超えています。中東地域への納入実績も増 [全文を読む]

フライにするとベーコンの味?米で特許を取得した新しい海藻

FUTURUS / 2015年07月20日20時13分

オレゴン州立大学の研究者は、このほど「ダルス(dulse)」と呼ばれる紅海藻の、新たな株の特許を取得。このダルスは、非常に成長が早く、たんぱく質を豊富に含み、さらにもうひとつ際立つ特徴を備えている。なんでも、この海藻は「ベーコンのような味」がするというのだ。果たして本当なのだろうか。 ■ ミネラルやビタミン、タンパク質を豊富に含む ダルスは太平洋や大西洋 [全文を読む]

フォーカス