黄菊のニュース

【G1朝日杯FS】勝負強さ◎のダンビュライト「阿部幸太郎 オレの美味予想」

日刊大衆 / 2016年12月16日14時00分

黄菊賞快勝のタガノアシュラが有力。 その中でも注目はダンビュライトです。前走のサウジアラビアRCで2着。勝負強さとパンチ力が魅力です。 ■阿部幸太郎 プロフィール 1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。週刊大衆2016年12月26日号 [全文を読む]

江戸時代に「魚の毒を消す」と信じられていた意外な食品とは【江戸庶民の食の知恵】

サライ.jp / 2016年11月10日21時00分

粗なる物には黄菊、うご(海藻のオゴノリの異名)、大根おろし等を専らとす」と書かれていることから、江戸時代にはつまを数種類組み合わせており、臭みを取り、消化を促し、毒を消す効果を狙っただけでなく、箸休めとして楽しんでいたことがわかります。 また、山葵(わさび)、生姜、葱、梅干し、紫蘇、蓼、胡椒、辛子などの薬味も、古くから毒消しの効果があるとされていました。薬 [全文を読む]

中国元最高幹部の墓 92億円6700平米に非難の声

NEWSポストセブン / 2016年11月03日07時00分

中国では墓不足が深刻化しているが、中国共産党の最高指導者の1人だった黄菊・元党政治局常務委員が眠っている上海の墓地は約6700平方mもの広大なもので、その価格は約6億元(92億4000万円)であることが分かった。 その墓地のなかには広大な庭園や大きな石碑、松林などもあり、あまりにも庶民感覚からずれていることから、「庶民は1平方mの墓地を手に入れるのにもあま [全文を読む]

「美食会席 ~松茸と秋の味覚~」を販売

@Press / 2016年08月29日10時00分

■名称:「美食会席 ~松茸と秋の味覚~」 ■販売期間:2016年9月1日(木)~10月31日(月) ■時間:17:30~23:00(L.O. 21:00) ■店舗:渋谷エクセルホテル東急 25階 日本料理「旬彩」 住所 : 東京都渋谷区道玄坂1-12-2 渋谷マークシティ内 ■料金:10,500円 (サービス料、消費税込み) ■献立: 【先付け】水菜 春 [全文を読む]

角居勝彦師 関西有力馬が中山の1600mを敬遠してた理由解説

NEWSポストセブン / 2015年12月19日16時00分

祐一君(福永祐一騎手)の手綱で阪神1800メートルの2歳新馬を勝ち、京都の1800メートル黄菊賞を2着、阪神マイルの千両賞で勝ち(騎乗はC・ルメール)、胸を張っての参戦でした。 1枠2番の絶好枠、祐一君が巧い競馬で直線先頭に並びかけたものの、大外からグランプリボスに差されてしまいました。 グランプリボスは翌年NHKマイルカップでGI2勝目、2着リアルインパ [全文を読む]

【渋谷エクセルホテル東急】北海道の味覚を織り込んだ会席「美食紀行~北海道~」販売

PR TIMES / 2015年10月29日13時40分

■販売期間:2015年11月1日(日)~2016年1月31日(日) *昼食のみ1月1日~3日を除く ■時間:ひる会席 11:30~15:00(L.O. 14:00) よる会席 17:30~23:00(L.O. 21:00) ■店舗:渋谷エクセルホテル東急 25階 日本料理「旬彩」 <住所>東京都渋谷区道玄坂1-12-2 渋谷マークシティ内 ■料金:ひる会 [全文を読む]

“今”を象徴するイラストレーター総勢150名が集結! 『ILLUSTRATION 2016』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月18日18時00分

ILLUSTRATION 2016 掲載作家(五十音順 / 敬称略) 愛☆まどんな/秋赤音/あさぎり/荒川眞生/あをこ/餡こたく/イヂチアキコ/上野陽介/WALNUT/usi/うとまる/eimi/F*Kaori/ERIMO/遠田志帆/大槻香奈/小川恵子/和遥キナ/カタヒラシュンシ/かとうれい/賀茂川/カラス/黄菊しーく/北村佳奈/キナコ/清原紘/くまおり [全文を読む]

【渋谷エクセルホテル東急】地上100メートルで秋の味覚、松茸を堪能!

PR TIMES / 2015年08月25日12時57分

■販売期間:2015年9月1日(火)~10月31日(土) ■時間:ひる会席 11:30~15:00(L.O. 14:00) よる会席 17:30~23:00(L.O. 21:00) ■店舗:渋谷エクセルホテル東急 25階 日本料理「旬彩」 東京都渋谷区道玄坂1-12-2 渋谷マークシティ内 ■料金:ひる会席 4,937円/よる会席10,500円 (サービ [全文を読む]

武豊と名馬たち(1)佐藤哲の負傷後「鞍上は武」で即決

アサ芸プラス / 2013年06月06日09時59分

キズナは昨年10月の2歳新馬戦と11月の黄菊賞を佐藤哲三の手綱で圧勝した。 佐藤は、キズナを管理する佐々木晶三厩舎のアーネストリー(前田幸治所有)で11年の宝塚記念を勝つなど、佐々木厩舎の主戦として活躍してきた騎手だ。 しかし、佐藤が落馬で負傷したため、キズナの鞍上が武にスイッチされた。 こう書くと唐突な乗り替わりに思われるかもしれないが、姉のファレノプ [全文を読む]

フォーカス