黒門市場のニュース

サクラよりも、温泉よりも味わい深い、日本の市場散策・・・そしてなにより、生臭くない!=中国メディア

サーチナ / 2017年05月29日07時12分

紹介しているのは、日本の中では文化的に中国人と親和性が高いと言われる大阪の胃袋を支える、黒門市場だ。 記事は「ある地方の市場をぶらつけば、現地の市民の日常生活を最もダイレクトに体験することができる」としたうえで、黒門市場について紹介。長い歴史を持つ同市場は約600メートルの長さに170あまりの店舗が入っており、高品質な肉や卵、青果、海産物などがあらゆる生鮮 [全文を読む]

【大阪観光】馬肉寿司や肉汁ホルモンも!ウラなんばの個性派グルメ10選

Walkerplus / 2017年05月12日06時00分

南北は「なんさん通り」から「千日前通」まで、東西は「黒門市場」から「高島屋(高はハシゴダカ)」あたりまでの一帯が、昨今注目を集める「ウラなんば」。昭和の香りとサブカル・アングラ文化が融合した「味園ビル」をはじめ、個性的な店が集まる。ウラなんばを代表する「あじと」のカフェ&バルや、蔵元直営の日本酒バルなどこだわりの人気店がズラリ。そんな、ウラなんばのおすすめ [全文を読む]

大人向け塗り絵シリーズに“大阪の風景”が登場 大阪城・通天閣などナニワ情緒あふれる12作品を収録

@Press / 2016年12月08日10時30分

大阪城・住吉大社などの歴史的建造物をはじめ、新世界通天閣・黒門市場など、街の賑わいが聞こえてきそうな馴染みある景色全12作を収めています。 一筆一筆たどりながら、ナニワの素晴らしさを再発見できる一冊です。 ※香港の雑誌「Weekend Weekly」で、大阪が「最も人気のある観光地」(2015)に初選出されました。 ▼来阪外客数の推移/来阪観光客数の推移 [全文を読む]

イベント満載、絶品グルメ「ローカル市場」がおもしろい!

WEB女性自身 / 2016年11月09日12時00分

そんなローカル市場を紹介! 【黒門市場】大阪府大阪市大阪の繁華街・ミナミの繁栄とともに歩んできた黒門市場。その名前の由来は、かつて市場の近くにあったお寺の黒い山門。扱う商品は、料亭が使うような高級食材・トラフグから干物までほんとうに幅広い。店先で気軽に食べられる料理なども増え、観光客に大人気になっている。 【勝浦・朝市】千葉県勝浦市安土桃山時代の天正年間か [全文を読む]

大人の女性をメインターゲットに、都会の公園のような落ち着いた雰囲気に演出!ディズニーストア あべのキューズモール店 2016年4月27日(水) グランドオープン

PR TIMES / 2016年04月06日14時28分

【店舗概要】[画像1: http://prtimes.jp/i/2021/182/resize/d2021-182-578954-2.jpg ]■店 舗 名: ディズニーストア あべのキューズモール店■場 所: 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1■オープン日: 2016年4月27日(水)■営業時間 : 10:00-21:00■U R L : http: [全文を読む]

大阪府民が選ぶ!好きな商店街ランキング(HOME'S調査)

@Press / 2015年04月27日13時00分

URL:http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00080/■大阪府民が選ぶ好きな商店街ランキング総括大阪府に住む、商店街が好きな360人を対象に調査した結果、「天神橋筋商店街」「心斎橋筋商店街」「黒門市場」が上位に選ばれました。どのような商店街が好きかを聞いた質問では、「商品を安く買える店舗がある」 [全文を読む]

回転寿司のスシロー 本鮪、寒さわら、千枚漬けなど冬の味覚が満載 『スシロー冬のごちそう祭』開催 期間限定メニューは2014年12月5日(金)より販売開始

PR TIMES / 2014年12月05日11時44分

このほか、大阪の台所と呼ばれる黒門市場に本店を構える“伊勢屋”の千枚漬けを使った「大かぶらの千枚漬け」や、「ぶりとろ柚子大根のせ」、「真鱈白子」、「あんこう肝」など、冬ならではの“うまいすし”を味わって頂けるラインナップとなっております。是非この冬は、季節の“うまい”にこだわった『スシロー冬のごちそう祭』をお楽しみください。--------------- [全文を読む]

【関西のトンカツ】たっぷり野菜でサッパリと!「とんかつ吉兆」のサラダとんかつ定食

Walkerplus / 2017年07月22日16時00分

黒門市場の商人をはじめ、界隈のビジネスマンの胃袋を満たしてきた。トンカツ以外のフライものも評判で、「クリームコロッケ」(330円)のトッピングは常連客に大人気。<※情報は関西ウォーカー(2017年7月4日発売号)より> ■ まろやかなポン酢とたっぷり野菜でサッパリと 「サラダとんかつ(ヒレ)定食」(1080円)。肉の旨味を閉じ込めるために、ヒレ肉はひと口大 [全文を読む]

<中国人観光客が見た日本>「星野源に会いたくて」日本旅行へ、叫びたくなるような感動、興奮、感銘…素晴らしい旅だった

Record China / 2017年06月17日12時20分

それでも、人気の黒門市場を訪れた時には、おいしそうな海鮮の数々に魅了された。 娘が生魚を食べられないので、じっくり堪能することはできなかったが、市場にあったウニ専門店は素晴らしく、叫びたくなるような感動を覚えた。また、市場がきれいに掃除されている点も印象的だった。娘は海遊館で買ったぬいぐるみを何度か道に落としたが、ほとんど汚れることはなかった。日本の食とい [全文を読む]

トリップアドバイザー「外国人に人気の観光スポット2017」を発表

PR TIMES / 2017年06月08日14時10分

大阪を訪れた際、USJや大阪城、海遊館、黒門市場などを日中に訪れ、夜はマジックバーやコメディーショーに行くというような旅程を組む外国人観光客も増えてきていることが伺えます。『アキバフクロウ』も含め、こうした日本人にはあまり馴染みが無いようなスポットが外国人観光客からの人気を受け、日本人にも広がっていく現象が今後増えていきそうです。都道府県別にみると、京都府 [全文を読む]

【なんばオリエンタルホテル】 ~浴衣でなんばを楽しもう~ 色浴衣無料貸出サービス

PR TIMES / 2017年06月01日10時08分

ホテルは大阪ミナミエリアの中心に位置し、周辺には、道頓堀や法善寺横丁、黒門市場、なんばパークスなどの観光スポットが点在しております。また、訪日外国人のご利用も多くいただいていることから、日本の文化「浴衣」を着る機会を無料で提 供し、日本文化体験でなんば街歩きをお楽しみいただける様にサービスを導入いたします。毎日先着5名様、約20種類の色浴衣からお好きな色 [全文を読む]

食い倒れの街、大阪にコインロッカー革命!荷物預かりサービス「ecbo cloak」がついに進出!

PR TIMES / 2017年05月31日08時00分

[画像2: https://prtimes.jp/i/21088/8/resize/d21088-8-757537-1.jpg ]ecbo cloakはそのような課題を解決するために、道頓堀や新世界などのグルメスポットや、揃わない食材はないと言われる黒門市場の近辺に加盟店を多数置いています。■大阪の「ecbo cloak」加盟店 [全文を読む]

「ベッセルイン心斎橋」グランドオープン!2017年5月9日(火)

DreamNews / 2017年05月09日13時00分

(1予約につきお一人様1本、添い寝のお子様は除く)■販売価格(素泊)/税込部屋タイプ シングル 1名 6,500円~ 2名 8,500円~ツイン 1名 8,500円~ 2名 11,500円~ユニバーサルシングル 1名 7,500円~ 2名 9,500円~■朝食 和洋ビュッフェ浪速の台所黒門市場のマグロ、たこ焼き、大阪発祥ミックスジュースなど様々なこだわり [全文を読む]

阪南大学 国際コミュニケーション学部 陳研究室が外国人旅行者への観光プランを企画

Digital PR Platform / 2017年03月27日08時05分

日本の食文化に対する理解を深めてもらうため、「食器」というキーワードで難波道具筋商店街、「食材」をキーワードにして黒門市場を案内した。 陳研究室の新幸なる美さん(国際コミュニケーション学部4年)は、「参加いただいた外国人の方には、大阪特有の景観や文化的体験を楽しんでもらえただけではなく、われわれ日本人学生とのコミュニケーションにも満足いただいたと思います [全文を読む]

ミナミの「キャベツプラザ育」は何が凄いのか 大阪の編集者がまとめた異色のグルメガイド

東洋経済オンライン / 2017年03月18日20時00分

全体の構成は、50店舗ほどを「キタ(梅田・北新地・堂島・中之島・福島・天満)」「船場(北浜・肥後橋・靱公園・本町・内本町・南船場)」「ミナミ(鰻谷・心斎橋・道頓堀・難波・千日前・黒門市場)」「その他」に分けて丹念に紹介し、「絶対に再現不可能なBarの話」「うまい鮨、とはなんだろう」「ザ・大阪のうまいもん実況中継(焼肉、てっちり、串カツ、うどんすき、お好み焼 [全文を読む]

【韓国ソウル】ロコが教える、ソウルの外さないスポットとグルメ5つ

TABIZINE / 2017年03月10日10時00分

細長い通りの左右に店が並ぶさまは、京都の錦市場や大阪の黒門市場にも雰囲気が似ています。気軽な食べ歩きにピッタリ。 人気の「おばあちゃんのトッポッキ」は、通常と異なる炒めたトッポッキ。コチジャン味と醤油味があります。 コインを買って、好きなものを選んでつめるお弁当も高い人気。 [Tongin Market (a transitional market)] 1 [全文を読む]

訪日客の人気ランキング2016&外国人マーケターによる2017年ヒット予測

DreamNews / 2017年02月16日14時30分

DiGJAPAN!訪日誘客サービス お問い合わせ先昭文社 グローバル事業部メディアマーケティング課 大野・井上電話:03-3556-8159WEBからのお問合せ⇒ https://digjapan.travel/apply/【調査概要】調査対象:DiGJAPAN!台湾、DiGJAPAN!タイ、DiGJAPAN!英語、DiGJAPAN!韓国、DiGJAPAN [全文を読む]

8割が外国人の大阪黒門市場で食べられる70円串カツ

NEWSポストセブン / 2016年12月29日07時00分

今回は、大阪・黒門市場だ。 「江戸時代の魚の商店街が、明治には芝居小屋が並ぶ歓楽街、さらに魚市に…と、時代に合わせて変化してきた市場。近年はお客さんの約8割が外国人観光客で、鮮魚店に魚介の串刺しがずらっと並んだりと、食べ歩きを楽しむ食のテーマパークのよう。お店の人は外国語で挨拶したり、誰にでも気さくに話しかけたりと歓迎ムード。皆が楽しそうで活気に満ちていま [全文を読む]

だしにこだわった「きつねうどん」

ぐるなび / 2016年11月28日12時10分

東京メトロ丸ノ内線大手町(東京都)駅から徒歩1分ほどにある同店は大阪・黒門市場で100年以上続く削節問屋が手掛ける本格だしうどんのお店。 この冬食べるべきご当地うどんとして「きつねうどん」(780円/税抜き)を紹介。細麺でもコシのある全粒粉入りの自家製麺を使用し、宗田鰹、鯵、鯖、うるめ、しいたけ、昆布の6種類をブレンドしただしにそばのかえしを加えた特製の [全文を読む]

大阪の「わさび大盛り寿司屋」が騒動後も盛況の理由

NEWSポストセブン / 2016年10月16日16時00分

「たしかに勝手にわさびを増やしたのはマズいかもしれへんけど、この辺りの寿司屋の職人たちは食べる前から“わさび、わさび”と騒ぐ韓国や中国からのお客を“ネタの味がわからんようになるやろ”と複雑な気持ちで見てたんですわ」 騒動を起こした店舗の近辺には連日、韓国や中国からの観光客を乗せたツアーバスが列をなし、「大阪の台所」と呼ばれる黒門市場や繁華街のドラッグスト [全文を読む]

フォーカス