清水なほみのニュース

卵子の数を調べるAMH検査を受けてみた! 結果から学ぶ、妊娠を望む30代が気を付けるべきこと

ウートピ / 2015年01月19日18時00分

そこで、ポートサイド女性総合クリニック ビバリータで実際にAMH検査を受け、院長の清水なほみ先生に妊娠経験のないアラサー女性のためのアドバイスを聞いてきました。検査結果と「卵子の質」は別の話――AMH検査とはどういうものですか?清水なほみ先生(以下、清水):AMHとはアンチミューラリアン・ホルモンの略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのことです。 [全文を読む]

婦人科検診の内容とは? 内診って痛いの?

オールアバウト / 2017年07月02日21時15分

(文:清水 なほみ) [全文を読む]

女性特有の病気の原因に!? 実母の呪縛から逃れられないママたちの“孤育て”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月12日11時00分

文=citrus清水なほみ [全文を読む]

子宮頸がんの5年生存率 ステージIで91.7%、IVで25.1%

NEWSポストセブン / 2016年01月03日07時00分

ポートサイド女性総合クリニックビバリータ院長の清水なほみ先生が説明する。「早期の子宮頸がんの場合、円錐切除といって子宮の入り口の一部だけを切り取って、子宮を残すことが可能になります」 大渕弁護士も子宮頸部円錐切除の手術を受けた。子宮を摘出するか温存するか──その判断に迫られたときには、メリットとデメリットを見極める必要がある。そのポイントとなるのが年齢だ。 [全文を読む]

違いは髪一重…女医に聞いた「魅力的な50代」と「残念な50代」

WEB女性自身 / 2013年10月14日07時00分

そして、ドクターが推奨する魅力アップの基本は「まずはパートナーや妻への感謝から始めてみてください」(清水なほみ/ポートサイド女性総合クリニック)。 女医からの処方箋には魅力を磨く身近なヒントが隠されている。心がけ次第で“残念オジサン”から脱出できる日も近い! (週刊FLASH 10月22日) [全文を読む]

フォーカス