三浦美穂のニュース

IBMとホートンワークスが提携強化、IoTにむけたデータ分析市場のリーダーを狙う

EnterpriseZine / 2017年09月06日07時00分

ホートンワークスジャパン株式会社 執行役員社長 廣川裕司氏/ 日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員 クラウド事業本部 三浦美穂氏ホートンワークスとIBMの協業は、オープンソースのビッグデータ技術の普及を図るODPiなどで醸成されてきた。また両社とも、オープンソースの管理をする財団であるApacheにおいて、コミッタやコントリビュータを輩出している企業であ [全文を読む]

オープンな技術とデータ流通でデータ活用を包括的に支援、IBMの「Open for Data」戦略

CodeZine / 2016年05月11日18時40分

IBMアナリティクス事業部長の三浦美穂氏は、より価値のある洞察をデータから引き出すには、構造化データの見える化などによる「現状把握」から、センサーからの非構造化データを交えた将来の「予測」、さらには音声や画像、自然言語処理インターフェースを組み合わせ、次に取るべきアクションを教示する「最適化学習」と、分析対象の幅を広げていくことが必要だという。いずれの段 [全文を読む]

Sparkがアナリティクスのオペレーティング・システムになる

EnterpriseZine / 2015年07月23日06時00分

ビッグデータ活用はインサイト・エコノミーの時代になっている、と言うのは日本IBM 理事 IBMアナリティクス事業部長の三浦美穂氏だ。インサイト・エコノミーでは収集した大量データを分析可能な品質に素早くまとめ上げ、素早く分析する必要がある。そうすることでタイムリーな行動に結び付くから。増え続けるデータに対し、こういった環境を提供し続けるのはじつは容易ではな [全文を読む]

日本IBM、最新アナリティクステクノロジーと活用事例を紹介するイベント「Open for Data Summit Autumn」を開催

CodeZine / 2016年09月12日16時55分

日本IBMの執行役員・アナリティクス事業部長である三浦美穂氏は、「コグニティブ・ビジネスの実現に向けて」と題して、コグニティブが実現するビジネス革新の姿と、コグニティブを支える技術とプラットフォームの新潮流について語る。 ほかにも、データアナリティクスに関するさまざまなセッション・プログラムの実施を予定している。 参加費は無料で、参加にあたっては「IBM [全文を読む]

「ワケあり=お得でいいもの」への転換は2009年の楽天

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

「ワケあり」というキーワードで検索すると数万件ヒットする『楽天市場』の広報・三浦美穂さんは言う。 「楽天では2009年年初に『楽天市場』の出店者向けにワケありの講座を始めました。ワケありを“お得でいいもの”というポジティブなキーワードへ変化させ、新たなマーケットを作ることができました」(三浦さん) また、ワケあり情報を100以上のサイトから横断検索した『半 [全文を読む]

コグラフ、ビッグデータを加工、予測分析するソフトウェア「IBM SPSS Modeler」ライセンス販売の取扱開始

PR TIMES / 2015年11月25日16時25分

[画像: http://prtimes.jp/i/16468/2/resize/d16468-2-484838-1.jpg ] [全文を読む]

チームスタジオジャパン株式会社が、GSX Solutions製品の独占販売パートナー契約締結し、GSX製品が日本で発売開始

JCN Newswire / 2013年12月19日11時48分

GSX Solutionsお問い合わせ先: info@gsx.com 広報に関するお問い合わせ先: GSX@socialradius.com チームスタジオジャパン株式会社お問い合わせ先:セールスディレクター林 ゆうこ gsx@teamstudio.com 広報に関するお問い合わせ先:マーケティング部統括Taline Badrikian taline_ba [全文を読む]

フォーカス