水原重治のニュース

『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

【1位】椎名直之(小泉孝太郎)60票【2位】富山敬治(新井浩文)53票【3位】水原重治(木下ほうか)21票【4位】貴船恒広(世良公則)20票【5位】滝川信二(篠井英介)17票【6位】根木節生(東国原英夫)15票【7位】中里淳(高橋光臣)12票【7位】真野賢作(山崎育三郎)12票【8位】柳井哲二(春風亭昇太)12票 唯一、両方でランキング入りしたのが7位(人 [全文を読む]

三上博史「下町ロケット」がTBS効果で緊急再放送!

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日12時02分

<キャスト>※( )内はTBS版キャスト 佃航平役…三上博史(阿部寛)、佃和枝役…長内美那子(倍賞美津子)、神谷涼子役…寺島しのぶ(神谷修一・恵俊彰)、水原重治役…升毅(木下ほうか)、財前道生役…渡部篤郎(吉川晃司)、佃の元同僚・本木孝役…堀部圭亮、江原春樹役…池内博之(和田聰宏)、宇宙開発機構の教授・大場一義役…古谷一行、真野賢作役…綾野剛(山崎育三郎 [全文を読む]

『下町ロケット』出演の木下ほうか 転機は紳助からの電話

WEB女性自身 / 2015年11月26日06時00分

社会現象となっている大ヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)でも、冷酷な性格で人を切り捨てる帝国重工宇宙航空部本部長・水原重治役を演じ、その魅力を遺憾なく発揮している。 「最初に出演したVシネマから悪役で始まって、最近はいただく9割以上が憎まれ役です」(木下ほうか・以下同) 芸歴35年の個性派俳優はどのようにして生まれたのか。大阪生まれの木下が役者の道を [全文を読む]

出演者も圧倒された『下町ロケット』撮影チームのすごさ

WEB女性自身 / 2015年11月26日06時00分

池井戸潤原作で町工場が巨大企業に立ち向かう様を描いた今作で、木下は冷酷な性格で人を切り捨てる帝国重工宇宙航空部本部長・水原重治役を演じる。芸歴は35年のベテラン。あらゆる憎まれ役を演じてきた経験を持つ木下でも、今回の水原本部長の役作りについては熟慮を必要とした。 「 (長い沈黙)。やっぱりバランスを考える。少々意地悪な役だとは思いますが、有名な俳優さんた [全文を読む]

『下町ロケット』冷徹上司役の木下ほうか 週5でサイゼリヤ

NEWSポストセブン / 2015年11月23日11時00分

『下町ロケット』では、冷徹で人を簡単に切り捨てる帝国重工宇宙航空部本部長・水原重治役を好演中だ。 デビューは16才。井筒和幸監督の出世作『ガキ帝国』(1981年)だった。 「嫌みな役柄が多いせいか、目つきも鋭くて顔つきもちょっとと思う人もいるかもしれませんが、端正な顔つきで学生時代は随分モテたそうですよ」(芸能関係者) 意外にも(失礼!)愛されキャラで、交 [全文を読む]

フォーカス