森祐治のニュース

各社が考える「アニメーションの海外戦略」とは? アニメビジネス誌『アニメビジエンス』第9号発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

●特集内容 「世界配信」は日本のアニメ業界を救うのか? Crunchyroll、Netflix 海外巨大資本の思惑 マーケットインの発想で現地ニーズを直接汲む アニプレックスと講談社の海外戦略 海外向け配信の先に見据えるもの 新生DAISUKI.netの目指すエコシステムとは? アニメ、再び世界へ 鍵を握るウィンドウ戦略 モンスト、Amazonプライムビ [全文を読む]


『ドラゴンボールZ』新作映画は流血シーンを抑えてる!? NHKが取り上げた日本アニメの海外戦略

おたぽる / 2015年02月25日22時30分

その理由について、番組に登場した電通コンサルティング・シニアディレクターの森祐治氏は、日本の映像作品全体での売上低迷を指摘する。また、識者として登場したジョン・イーサム氏は、これまで日本側にこうしたコンテンツを海外に売るためのノウハウが培われなかったとしていた。 その打開策として、番組で挙げられたのが「アニメの標準化と現地化」と「海外へのネット配信の強化」 [全文を読む]

女子中高生マーケットも伸長! 「アニメ産業レポート2014」刊行記念セミナーが明らかにした“今のアニメ業界“

おたぽる / 2014年10月31日23時30分

登壇者は増田弘道さん(ビデオマーケット取締役)、氷川竜介さん(アニメ・特撮評論家)、数土直志さん(「アニメ!アニメ!」編集長)、陸川和男さん(キャラクター・データバンク代表取締役社長)、森祐治さん(電通コンサルティング取締役シニア・ディレクター)、小野打恵さん(ヒューマンメディア代表取締役社長)と、各執筆者が一堂に会した。■パッケージの鈍化から配信の純増 [全文を読む]

電通コンサルティング著・「しくみづくりイノベーション」出版記念セミナー ~日本企業がコモディティ化の中で事業を成功させる手法を公開~

PR TIMES / 2012年09月07日14時28分

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、本大学院の専任教授である森祐治氏が執筆を務めた電通コンサルティング著書「しくみづくりイノベーション」の出版記念セミナーを、9月20日に開催いたします。「 電通グループ・コンサルティング・セミナー」にて紹介されて以降、大きな反響のあった電通コンサルティングの事業開発手法「マーケティング・ド [全文を読む]

フォーカス