坂本正敬のニュース

北陸旅行者必見!富山駅や市街地の無料Wi-Fiスポット

TABIZINE / 2015年04月27日13時00分

2:駅ロータリーのバス・タクシー案内所周辺 (C)坂本正敬 富山駅の改札を出て南口のロータリーに出ると、バスやタクシーの案内所があります。周辺地域の観光情報が確認できる情報端末が設置されており、オフィシャルの公衆無線LANも使えます。 3:きときと市場とやマルシェでも公衆無線LANは利用可能 (C)坂本正敬 富山駅のお土産売り場「きときと市場とやマルシェ [全文を読む]

癒し効果でギネス認定!世界で大人気の癒しロボット「パロ」に会ってきた

TABIZINE / 2015年11月25日13時00分

デンマークは国家レベルで「パロ」を医療福祉施設に導入する (C) 坂本正敬 その後も「パロ」の勢いは止まりません。改良や改善を重ねる中で、北欧各国、オランダ、ドイツ、デンマークなどの医療福祉施設で導入がスタート。厳しい評価で有名な米国食品医薬品局でも「パロ」は“医療機器”として認定されたそうです。 デンマークにおいては国家レベルで評価を受け、なんと国内に [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その7

TABIZINE / 2017年07月01日07時30分

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。 自分の町に外国人観光客を呼ぶ方法を探るTABIZINE自由研究部、前回までは自分たちの暮らす町を商品として磨き上げるために、売り込みたいターゲットを決め、5つの力を高めていくという話をしました。 その中に情報の力、具体的には情報を発信していく力 [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その6

TABIZINE / 2017年06月17日07時30分

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。 今までこの自由研究では、どんな文化財を中心に、どんな人を呼びたいか、また一緒に町を盛り上げる仲間とどうやって対話を重ねていくのかを考えてきました。 では実際に呼びたいと思っていた国の人たちが来てくれたとして、どのような観光商品を提供すれば満足し [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その5

TABIZINE / 2017年06月10日07時30分

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。 外国人観光客を自分の町に呼び込むためには、観光の目玉となる文化財を単体で見せるのではなく、周辺の町全体と一体化した状態で見せる必要があると学びました。 また、町全体を貫くテーマに基づいて物語を整理し、その物語に共感してくれそうな人を具体的に考え [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その4

TABIZINE / 2017年06月04日07時30分

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。 自分の暮らす町に多くの外国人を呼んで滞在してもらうためには、文化財を中心とした地域全体で、1つの物語を伝えていく必要があると学びました。 では具体的にその物語を、どうやって人を呼び込む仕掛けに落とし込んでいけばいいのでしょうか? 自由研究第4回 [全文を読む]

【TABIZINE自由研究部】地元の町に外国人観光客を集める方法 その3

TABIZINE / 2017年05月28日07時30分

今回は、TABIZINEライター、坂本正敬の自由研究「地元の町に外国人観光客を集める方法」をお届けいたします。 TABIZINE自由研究部「地元の町に外国人観光客を集める方法」の第3回になります。 無料で一流講師陣による授業をオンライン受講できるサービス『gacco』の講座「文化財を活用した観光拠点形成」をテキストに、自分の町に外国人観光客を呼ぶ方法を考 [全文を読む]


屈伸運動で学力アップ!? 「子どもの記憶力」をグッと高めるコツ

WooRis / 2016年01月14日09時00分

(ライター 坂本正敬)【関連記事】※ 親を見て子は育つ?わが子が「暴力的な子どもに育つ」夫婦のNG行動3つ [全文を読む]

地元民が太鼓判!小江戸・川越で訪れたい絶品のうなぎ屋3選

TABIZINE / 2015年11月26日13時00分

ある種の感慨深さがありますが、川越は古い町並みやイモのお菓子だけでなく、うなぎ屋の老舗・名店もたくさんあるとご存じでしたか? (C) 坂本正敬 小江戸川越観光協会のホームページ情報によると、江戸時代に川越ではうなぎが盛んに食べられるようになったとか。周りに海がない川越の人たちは、周辺の入間川や荒川などで捕れるうなぎを貴重なタンパク源として食してきたそうです [全文を読む]

フォーカス