冨安健洋のニュース

全試合フル稼働、“ヤングブルーの壁”DF冨安健洋(4枚)

ゲキサカ / 2017年05月31日13時10分

●U-20W杯韓国2017特集ページ [全文を読む]

DF中山雄太、完全アウェーの一戦で第一に考えることとは…

ゲキサカ / 2017年07月20日17時35分

DF冨安健洋(福岡)とCBでコンビを組んで世界を相手に奮闘したが、今予選に冨安は招集されていない。16年のAFC U-19選手権でもコンビを組んだ相棒は不在だが、カンボジア戦で隣に立つことになるDF板倉滉(川崎F)との連係にも不安はないと自信を覗かせる。 「トミ(冨安)のときは自分が起点になることが多かったが、滉も攻撃の部分では自分と似たような特長がある。 [全文を読む]

【インタビュー】井原正巳監督が考える、現代センターバックに求められる資質とは

サッカーキング / 2017年07月19日07時20分

センターバックが“ただ守る”時代は終わった。そんな表現は大げさかもしれないが、攻撃への関与が求められるようになった今、守備だけでは物足りなさを感じてしまう。デカくて、強くて、速いだけではだめ。賢くて、うまくなければならない。守備も攻撃も高いレベルでこなせるハイブリッド型こそが理想のセンターバックと言ってもいいだろう。 かつて、その鉄壁の守備から「アジアの壁 [全文を読む]

群馬vs福岡 試合記録

ゲキサカ / 2017年07月16日21時00分

【J2第23節】(正田スタ) 群馬 1-3(前半0-1)福岡 [群]岡田翔平(53分) [福]ジウシーニョ(11分)、石津大介(63分)、岩下敬輔(81分) [群]岡庭裕貴(75分) [群]岡庭裕貴2(18分、75分)、松下裕樹(90分+2) [福]冨安健洋(71分) 観衆:3,366人 主審:清水勇人 副審:大西保、日高晴樹 [ザスパクサツ群馬] 先発 [全文を読む]

AFC U−23選手権予選に臨むU-20日本代表が発表! U-20W杯&トゥーロン国際大会のメンバーが融合!《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月05日16時25分

また、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍したMF堂安律や、FW久保建英(FC東京U-18)、DF冨安健洋(アビスパ福岡)、DF初瀬亮(ガンバ大阪)などは選出されていない。 ▽東西のアジアに分かれて行われる今回の予選には、開催国の中国を含む40カ国が出場。4カ国ずつ10個のグループに分かれて予選が行われ、各グループの1位と2位チームの上位5カ国が本大会への出 [全文を読む]

CBだけど…“違い”は攻撃で見せる!! 柏DF中山雄太「自分の特長は忘れたくない」

ゲキサカ / 2017年07月03日12時26分

「自分個人としても、あまりU-20代表の活動にいけていなかったのですが(3月のドイツ遠征を負傷で辞退するなど、AFC U-19選手権後はアルゼンチン遠征のみに参加)、自分とトミ(DF冨安健洋)はずっとコンビを組んできたので、言わなくても分かる部分はあった。でも、それだけでは足りなかったし、もっともっとすり合わせないといけない部分がありました」 [全文を読む]

修正された“守”、課題が残った“攻”…決勝T1回戦敗退のU-20代表、内山監督は「胸を張って帰れる選手たち」

ゲキサカ / 2017年05月31日17時16分

両SBのDF藤谷壮(神戸)とDF杉岡大暉(湘南)が相手サイドアタッカーを封じ込めれば、中央のDF中山雄太(柏)とDF冨安健洋(福岡)の2CBがハイボールをことごとくはね返す。巧みにラインをコントロールして高い位置に設定し、ベネズエラを自陣ゴールから遠ざけた。 「スピードのある選手を恐れてギャップの中で動かれていたが、そこは積極的にラインコントロールしていこ [全文を読む]

U-20日本代表、延長戦で力尽きる…ベネズエラに完封負けで準々決勝進出ならず

ゲキサカ / 2017年05月30日20時10分

4-4-2のシステムを採用し、GKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右から藤谷、DF冨安健洋(福岡)、DF中山雄太(柏)、DF杉岡大暉(湘南)、ドイスボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF原輝綺(新潟)を並べ、右サイドハーフにMF堂安律、左サイドハーフに三好、2トップにFW岩崎悠人(京都)と高木を配置した。[スタメン&布陣はコチラ] 最初にシュートチャン [全文を読む]

3戦5失点の守備を立て直せ…DF冨安健洋「強い気持ちを持って臨む」

ゲキサカ / 2017年05月29日23時33分

最終ラインの中央に構えるU-20日本代表DF冨安健洋(福岡)は、決勝トーナメント1回戦ベネズエラ戦に向けて守備の立て直しを誓った。 第1戦南アフリカ戦、第3戦イタリア戦では最終ラインのズレを突かれた。対戦相手にスピードのあるサイドアタッカーがいることで、日本のSBは警戒して下がり気味にポジションを取る。CBはラインを上げようとするためラインが乱れ、裏を取ら [全文を読む]

2トップの一角に高木彰人!! ベネズエラ戦迎えるU-20代表、内山監督「焦れたゲームになってきたら…」

ゲキサカ / 2017年05月29日20時55分

また最終ラインは右からDF藤谷壮(神戸)、DF冨安健洋(福岡)、DF中山雄太(柏)、DF杉岡大暉(湘南)が配置され、守備面の確認を行っている。 ■フォーメーション練習での並び 岩崎 高木 (久保) (田川) 三好 堂安 (遠藤) 原 市丸 (坂井) 杉岡 中山 冨安 藤谷 (舩木) (板倉) (初瀬) セットプレーの守備時の確認、ハーフコートでMF市丸瑞希 [全文を読む]

U-20日本vsU-20イタリア 試合記録

ゲキサカ / 2017年05月27日21時52分

【U-20W杯GL第3節】(天安) 日本 2-2(前半1-2)イタリア [日]堂安律2(22分、50分) [イ]リカルド・オルソリーニ(3分)、ジュゼッペ・パニコ(7分) [日]冨安健洋(45分)、杉岡大暉(78分) [イ]ジュゼッペ・パニコ(49分) [U-20日本代表] 先発 GK 1 小島亨介 DF 3 中山雄太 DF 5 冨安健洋 DF 6 初瀬亮 [全文を読む]

堂安が凄すぎる!! 鮮やか2発でチーム救う!! U-20日本代表、イタリアとドローで決勝T進出

ゲキサカ / 2017年05月27日21時49分

4-4-2のシステムを採用し、GKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右から初瀬、DF冨安健洋(福岡)、DF中山雄太(柏)、杉岡、ドイスボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF原輝綺(新潟)を並べ、右サイドハーフに堂安、左サイドハーフに遠藤、2トップにFW岩崎悠人(京都)と田川を配置した。[スタメン&布陣はコチラ] 現在勝ち点3で3位につける日本は勝利すれば [全文を読む]

U-19日本代表候補合宿メンバー発表!横浜FMのFW和田、湘南MF神谷、甲府FW森ら新戦力候補の名も

ゲキサカ / 2016年03月01日17時52分

メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:内山篤 コーチ:木村康彦 GKコーチ:高桑大二朗 コンディショニングコーチ:小粥智浩 総務:本間一憲 【選手】 ▽GK 辻周吾(鳥栖) 1997.07.21 187cm/80kg 廣末陸(青森山田高) 1998.07.06 180cm/72kg 大迫敬介(広島ユース) 1999.07.28 185cm/77kg [全文を読む]

トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーが発表!《トレーニングキャンプ》

超ワールドサッカー / 2016年03月01日16時59分

◆U-19日本代表候補メンバーGK辻周吾(鳥栖)廣末陸(青森山田高)大迫敬介(広島ユース)若原智哉(京都U-18)DF中山雄太(柏)初瀬亮(G大阪)野田裕喜(G大阪)町田浩樹(鹿島)藤谷壮(神戸)舩木翔(C大阪U-18)長谷川巧(新潟U-18)橋岡大樹(浦和ユース)MF久保田和音(鹿島)鈴木徳真(筑波大)長沼洋一(広島)神谷優太(湘南)森島司(広島)邦本宜 [全文を読む]

5年ぶりJ1復帰の井原福岡が新体制&新背番号発表

ゲキサカ / 2016年01月12日20時23分

▽監督 井原正巳 ▽コーチ 池田太 武藤覚 ▽GKコーチ 石川研 ▽フィジカルコーチ フラビオ ▽アシスタントコーチ 竹原靖和 1 GK 神山竜一 2 DF 濱田水輝 3 DF 阿部巧 5 DF 實藤友紀(←川崎F) 7 FW 金森健志 8 MF 中原秀人 9 FW 中原貴之 10 FW 城後寿 11 FW 坂田大輔 12 サポーター 13 MF 為田大 [全文を読む]

U-17日本代表DF伊藤が負傷離脱…招集辞退したDF冨安を追加招集《チェコ遠征》

超ワールドサッカー / 2015年08月17日18時26分

なお、DF冨安健洋(福岡U-18)を追加招集することも併せて発表している。▽7日に発表された遠征メンバーに選出されていた冨安だったが、チーム事情により不参加となっていた。しかし今回、所属チームとの調整がついて参加することが可能となった。▽なお、グループAに属するU-17日本代表は、18日にウクライナ代表、19日にチェコ代表、21日にハンガリー代表と対戦。な [全文を読む]

U-17日本代表、負傷のDF伊藤に代わりDF冨安を追加招集

ゲキサカ / 2015年08月17日18時15分

日本サッカー協会(JFA)は17日、チェコ遠征に向けて出発したU-17日本代表においてDF伊藤洋輝(磐田U-18)がケガのため参加を辞退し、代わってDF冨安健洋(福岡U-18・写真)を追加招集すると発表した。 7日に発表された遠征メンバーに選出されていた冨安はチーム事情により不参加となっていたが、所属チームとの調整がつき、参加が決定。本日からチームに合流す [全文を読む]

Panda Cup 2015出場のU-18日本代表が中国出発前にトレーニング、指揮官は交代出場選手の準備、フィット向上に期待

ゲキサカ / 2015年06月22日14時03分

追加招集されたDF冨安健洋(福岡U-18)はトレーニング後に合流する予定となっており、チームは22日午後に中国へ出発する。 週末に行われた所属チームの試合で負荷の多かった選手たちはリカバリーメニュー。GK小島亨介(早稲田大)、GK廣末陸(青森山田高)、DF浦田樹(千葉)、DF町田浩樹(鹿島ユース)、MF久保田和音(鹿島)、MF鈴木徳真(筑波大)、MF長沼洋 [全文を読む]

U-18代表中国遠征、DF岡野が不参加でDF冨安を招集

ゲキサカ / 2015年06月22日13時00分

日本サッカー協会は22日、中国遠征を行うU-18日本代表において、DF岡野洵(千葉U-18)が怪我のため不参加となり、代わってDF冨安健洋(福岡U-18)を追加招集すると発表した。 同代表は22日から中国遠征を行い、24日からはPanda Cup 2015に参加。U-18キルギス代表やU-18中国代表、U-18スロバキア代表と戦う。 [全文を読む]

[AFC U-16選手権]冨安「この経験があったからこそ成長したんだと、後々言えるようにしたい」

ゲキサカ / 2014年09月16日14時49分

彼を止めることと、吉武サッカーの生命線でもあるラインコントロールが、DF冨安健洋(福岡U-18)とDF下口稚葉(JFAアカデミー福島U18)のCBコンビの使命だった。 その中で富安は非常にいい動きを見せていた。積極的なラインアップと、日本のプレスを嫌がって縦に蹴り出したロングボールにも、しっかりと反応してヘッドで弾き返す。時にはアンカーを追い越してバイタル [全文を読む]

フォーカス