宮根誠司のニュース

これは効果大!英語の発音「楽チン攻略法」 ややこしい「Lの発音」を簡単クリア

東洋経済オンライン / 2017年07月19日10時00分

Light LDark L 1 2 3 4 5 Facebook Twitter document.getElementById("otweet").setAttribute("href", "https://twitter.com/share?url=" + encodeURIComponent(location.href) + " Google + d [全文を読む]

松居一代が意図的にアレを連想させた!? 宮根誠司も「前にしちゃ長すぎる」と苦笑い

日刊サイゾー / 2017年07月18日20時30分

これには、司会の宮根誠司も『前にしちゃ長すぎる』と苦笑いしていました」(芸能記者) 同番組に出演した芸能リポーターの井上公造氏は、大宮と船越が男女の関係ではないことを強調。京都で撮影が続いていた船越のもとを大宮が訪れ、船越のマネジャーを含めて食事をしただけだと説明した。 「アメブロの読者やLINEのフォロワーを勝手に『家族』と呼び、『家族にウソをつかない』 [全文を読む]

【宮根誠司さん、推薦!】 日本旅行のカリスマ添乗員・平田進也氏が「人の心のつかみ方」と「価格競争から抜け出すためのテクニック」を伝授!

PR TIMES / 2015年03月13日13時11分

「情報ライブ ミヤネ屋」「Mr.サンデー」司会、宮根誠司さん、推薦です! もくじ 第1章 人の心は誰でも掴める ・得意なことをひとつ頑張る ・アイデアは「人とつながる」ことから生まれる ・「三方よし」で思考する ・宮根誠司さんに学ぶ仕事の極意 ・素の思いを仕事に活かす ほか 第2章 心の壁を壊すコツ ・「楽しそうな人」は可愛がられる ・“目"は心の温度計 [全文を読む]

宮根誠司"隠し子騒動"で番組降板の危機!?

メンズサイゾー / 2012年01月05日17時00分

小学館運営のサイト「NEWSポストセブン」は5日早朝、6日発売の「女性セブン」(小学館)に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会者である、フリーアナウンサー宮根誠司の隠し子騒動が掲載されることを報じた。 それによれば、記事内では「ずっと黙ってるわけにはあかんやろうなとは思ってました」と前置きした上で、この隠し子について詳細に語っているという。宮根に [全文を読む]

不倫ワード「一線は超えていない」 「法律的に言うと何?」、弁護士「お昼の番組ですから...」

J-CASTニュース / 2017年08月15日19時13分

番組司会の宮根誠司さんは「この言葉に集約されつつある」としたうえで、「法律的にいうと『一線』というのは何なのか」と疑問を口にした。すると、コメンテーターの嵩原安三郎弁護士は「お昼の番組ですから...」と詳細は口にはしなかったものの、 「実際に法律上、一線を越えるか越えないかで変わってきますからね。大事な事なんですよ」 と、「一線」の重要さを指摘した。 「 [全文を読む]

カトパン、ミトちゃん…人気女子アナ「お仕事争奪」血みどろサバイバルバトル

日刊大衆 / 2017年08月05日18時05分

来春、宮根誠司と同じ事務所に行くようですが、同事務所にはすでに田中みな実(30)がいます。その田中は、ここにきて“女帝ぶり”が露骨になってきています」(制作会社スタッフ) 現在、彼女が帯MCを務める『ひるキュン!』(TOKYO MX)の現場では、スタッフの不満が充満しているというのだ。「たとえば田中は、インカムのマイクがオンなのに現場の悪口を言ったりして、 [全文を読む]

高須克弥院長「もらい事故なのに謝らせて悪かったね。全部許すぜ。なう」 浅野史郎元知事の発言で「ミヤネ屋」が謝罪

ガジェット通信 / 2017年07月26日17時25分

7月26日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、司会の宮根誠司さんと林マナさんが高須クリニックの高須克弥院長に対し謝罪を行った。 前日25日の放送にて、浅野史郎・元宮城県知事が高須院長の裁判に関しコメントを求められたところ、高須クリニックが「悪徳である」と受けとめられるような発言を行った。 これに対して、高須院長は『Twitter』にて浅野氏の発言は明 [全文を読む]

「ミヤネ屋」での発言で浅野史郎・元宮城県知事が平謝り!? 高須克弥院長の裁判で

ガジェット通信 / 2017年07月26日09時45分

その後、司会の宮根誠司さんがコメンテーターの浅野史郎・元宮城県知事に意見を求めたところ、浅野元知事は 「これはね、名誉毀損で訴えたんでしょ? 名誉毀損というのは『事実と違うことを摘示して名誉を毀損する』というのだけど、この国会で言ったかどうかは別として普通の修羅場(?)で言ったとしてもですよ、これは真実を言ったんですよ。だから、もしあるとすれば『この正直 [全文を読む]

上西議員「質問やり直し」そのまま放送 「さすがに気の毒」と同情も

J-CASTニュース / 2017年07月19日20時49分

19日「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では上記のやり取りを収めたVTRの後で、司会の羽鳥慎一アナウンサーが「コメントを言い直したんですけど、もう一回直したところも全部(放送で)出ちゃってる」とまとめ、同日「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で司会の宮根誠司さんも「上西さんも指導前のやつはカットしてねって言わなあかんけどね。全部流されてもうた [全文を読む]

宮根誠司、ダントツの嫌われ度

NewsCafe / 2017年06月19日11時26分

デスク「この前、週刊文春が『アナウンサー好感度ランキング2017』を発表したけど、嫌いな男性アナでは、宮根誠司(54)がダントツだってな」 記者「宮根は244票と、105票でワースト2位の日本テレビ・上重聡アナ(37)にダブルスコアでの勝利です(笑)」 デスク「そこまで嫌われる理由って?」 記者「人間はどんなに隠しても性格の悪さは伝わるものですよ」 デスク [全文を読む]

AKB総選挙で20位のりりぽん・須藤凜々花さんがまさかの結婚発表! 『Twitter』大荒れ

ガジェット通信 / 2017年06月18日00時25分

19時から開始されたフジテレビの生中継が始まる少し前に行われたスピーチに、番組開始そうそうこの話題で持ち切りとなり、司会の宮根誠司さんやゲストのミッツ・マングローブさん、中尾ミエさん、小嶋陽菜さんなども唖然としながらそのVTRを観る事態となっていた。 開票前日の6月16日、須藤さん(@riripon48)は 今日の15:00で投票が締め切られます。本当にい [全文を読む]

坂上忍、50歳にして“終活”を完了「安心して早死にしそう」

ザテレビジョン / 2017年06月02日11時45分

6月1日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に坂上忍、本郷奏多、芳根京子が登場。クセの強い男女スペシャルと題して、それぞれが持つ信念やこだわりに迫った。 年間番組出演約500本をこなす多忙な坂上は、毎朝4~5時に起床して新聞を読み込んだ後、飼い犬10匹の散歩(約2時間)へ行くのが日課。 以降は収録や打ち合わせ、連載原稿の作成など、夜遅くまで仕事 [全文を読む]

キャスター、中堅芸人、ベテラン俳優が三つどもえのクイズ対決!

Smartザテレビジョン / 2017年05月08日05時00分

5月8日(月)に放送される「ネプリーグSP」(夜7.00-8.54フジテレビ系)では、川田裕美、岡副麻希ら“キャスターチーム”と、井戸田潤、大久保佳代子ら“中堅芸人チーム”、高橋克実、夏樹陽子ら“ベテラン俳優チーム”が対決する。 1stステージは「イングリッシュブレインタワー」。“キャスターチーム”では、現役東大生でありながら「めざましどようび」でお天気キ [全文を読む]

[4月27日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年04月27日06時00分

Others 加藤 雅也(俳優、1963) 宮根 誠司(アナウンサー、1963) 馬場 典子(アナウンサー、1974) 原 千晶(女優、1974) 岸田 繁(くるり:ミュージシャン、1976) 尾形 貴弘(パンサー:タレント、1977) 鈴木 尚広(野球、1978) 曽根 由希江(シンガーソングライター、1985) 鈴木 杏(女優、1987) [全文を読む]

井上公造、リポーターよりタレント?!

NewsCafe / 2017年02月04日08時00分

記者「この前、ネットニュースに芸能リポーターの井上公造さん(60)を批判する記事が載ってましたね」 デスク「ああ…、去年は『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、歌手、ASKA(58)の未発表楽曲を本人の許可なしに流したりして、その後司会の宮根誠司(53)ともども、番組で謝罪したよな」 記者「問題はそれだけじゃなく、テレビで大物の結婚話が近くある、と言 [全文を読む]


宮根誠司さん「中国政府がこんなに敏感に反応するのは違和感」「アパ泊まんなかったらホテルない」発言に賛否

ガジェット通信 / 2017年01月20日18時40分

奇しくも、同日放送された同じく日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」での司会・宮根誠司さんの発言にも多くの意見が交わされている。 番組中盤、 「さて、テレビ番組などでおなじみの女性社長で知られますアパホテルなんですが、その客室に日中戦争中の南京事件を否定する内容の書籍が置かれていることで、中国では大きな反発を招いています。その影響というのははどこまで広がる [全文を読む]

まるで見世物小屋のASKA逮捕 テレビ局は常軌を逸していた

NEWSポストセブン / 2016年12月03日16時00分

そして、番組放送終了直後にASKAとの電話接続に成功、宮根誠司とのやりとりを収録した。 その様子は、翌日、「独占スクープ」と題して14分間の妄想インタビューみたいな感じで放送された。それ自体、ジャーナリズムを装う見世物小屋みたいでグロテスクな動画だったが、もっと気になったのは、宮根誠司が電話の受話器を芸能レポーターの井上公造に手渡したときのASKAの第一声 [全文を読む]

ASKA新曲を無断公表した井上公造氏、著作権法違反で懲役5年以下も…『ミヤネ屋』も

Business Journal / 2016年11月30日20時00分

●著作権を侵害 私もこの放映を録画で拝見しましたが、MCの宮根誠司さんの“したり顔”を見ながら、テレビもずいぶん思い上がったことをするなと感じました。 番組では、芸能レポーターの井上公造氏がASKA氏から提供されたという新曲を流していましたが、これは著作権という権利の“束”の一つである「公表権」という権利を侵害する違法行為となる可能性があります。 実は、 [全文を読む]

古舘伊知郎 フジテレビ新番組「フルタチさん」舞台裏でダメ出しを連発していた!

アサ芸プラス / 2016年11月27日17時57分

『ボクらの時代』(フジ系)で共演した宮根誠司さんくらいアクの強い“相棒”が欲しいところですね」 得意のトークに熱が入りすぎる理由の一つに、現場への不信感があると、フジ関係者は証言する。「スタジオ収録の合間に、『ちょっと長いんじゃないの?』とVTRに不満を漏らすこともあったそうです。それも番組をおもしろくしたいという思いが強いからなんでしょうが‥‥」 スタジ [全文を読む]

フォーカス