作田久男のニュース

リストラに怯える日本の半導体技術者を、海外企業は年収数億円出しても欲しがっている

Business Journal / 2017年06月10日06時00分

ルネサスも同年倒産しかかったため、産業革新機構等に買収され、オムロンからやってきた作田久男会長が鬼のようなリストラを断行し、工場を半分以下にした上に、最大4.8万人いた社員を半分以下の2.1万人に減らしてしまった。 NANDフラッシュメモリを発明し、世界シェア2位と健闘していた東芝が最後の期待の星だったが、2年前に会社ぐるみで粉飾会計を行っていたことが明 [全文を読む]

村上ファンドが完全復活!あの男が娘と最強タッグで本領発揮 狙われた企業は大混乱

Business Journal / 2015年08月03日06時00分

しかし、オムロン出身の作田久男氏がCEOを退任するのに伴い今年6月、ルネサスを退職した。 他の社外取締役候補はシンガポール・Scentan Venture Partners Limitedの 取締役である金田健氏と、オリックス出身でC&Iグループの投資会社レノ社長を務める福島啓修氏だ。 C&Iは、南青山不動産や村上氏個人の持ち株を合わせると、黒田電気の発行 [全文を読む]

ルネサス黒字化の立役者・作田会長をトヨタが解任?自動車メーカーの聖域を侵し怒り買う

Business Journal / 2015年04月21日06時00分

「日の丸半導体」のルネサスエレクトロニクスは4月1日に開催した取締役会で、代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)である作田久男氏が、15年6月の定時株主総会および取締役会終了後に退任することを決めた。後任には元日本オラクル社長兼CEOの遠藤隆雄氏を迎える。遠藤氏は4月1日付でルネサスのCEO付に就任した。鶴丸哲哉社長は留任する。 現在ルネサスが取り組んで [全文を読む]

ルネサス、吹き荒れるリストラの嵐 8年連続赤字の懸念も 「時間の浪費」の代償

Business Journal / 2015年02月02日06時00分

高機能化が進む世界の自動車用マイコンをメインに据え、「プロ経営者」と呼ばれる作田久男会長兼CEOは、優良企業への三段跳びの脱皮を目指している。●迷走を続けたトップの人選 ルネサスは、再生のスタートラインに立つまで足踏みが続いた。12年夏、債務超過への転落を回避するために、当時の赤尾泰社長が米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に出資を [全文を読む]

アイデアの商品化を支援する「がじぇるねチャレンジプログラム」をアレックスとルネサスが共同で提供開始

DreamNews / 2014年09月03日10時00分

<この発表に関する報道関係からの問い合わせ先> アレックス株式会社 クラウドファンディング部門 岡田拓也 電 話 03-5781-8975 E-mail info@countdown-x.com [全文を読む]

フォーカス