弘兼憲史のニュース

コネや有力な血縁がなくても出世しまくった「島耕作の仕事論」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日06時30分

日本一有名な課長であろう漫画『課長 島耕作』(弘兼憲史/講談社)の主人公・島耕作。もっとも彼は部長、取締役、社長と着々とサラリーマンロードを駆け上がり、現在は『会長 島耕作』(と『学生 島耕作』)が連載中である。起業や転職ではなく、左遷や海外勤務などを乗り越えながら組織の中で頭角を現しトップに上り つめていく様は、大企業で働く多くのサラリーマンの夢でもある [全文を読む]

島耕作は経営者として本当に評価できるのか?

文春オンライン / 2017年09月03日07時00分

「島耕作シリーズ」の弘兼憲史氏と「金田一少年の事件簿」の樹林伸氏がタッグを組んだ新連載「島耕作の事件簿」が「モーニング」でスタートして話題を呼んでいるが、同誌には「会長 島耕作」の連載も継続中だ。覆面コラムニストの小石輝氏が「週刊文春」誌上で“老害”と一刀両断した「島耕作会長」論を再録する。(出典:「週刊文春」2014年2月13日号) ◆◆◆ 「課長 島耕 [全文を読む]

『島耕作』シリーズ著者・弘兼憲史が語る“新しいリーダーの条件”

文春オンライン / 2017年06月14日07時00分

人気マンガ『島耕作』シリーズの著者であり、執筆にあたり数多くの企業の経営陣を取材してきた弘兼憲史氏が、リーダーに必要な条件を語った。 (出典:文藝春秋2016年2月号) リーダーは“2タイプ”に分類できる 『島耕作』シリーズを描き続けて、もう三十三年になり、平社員だった島は会長まで登りつめました。課長や部長の時代はぼく自身のサラリーマン経験から想像で描けま [全文を読む]

カープ芸人、ザ・ギース尾関高文が責任編集! カープを愛する著名人35人に突撃インタビュー 『やっぱりカープが好きじゃけん』刊行

DreamNews / 2016年11月17日17時00分

綾辻行人さん、東川篤哉さん、亀井静香さん、及川奈央さん、ケント・ギルバートさん、東ちづるさん、西田尚美さん、杉作J太郎さん、市川真人さん、弘兼憲史さん(イラスト)など各界の著名人が多数登場。広島の地元書店の皆様や、グッズショップ、カープ居酒屋の店長などコアなメンバーもご登場いただいております。 【目次】・2016年 リーグ優勝おめでとう フォトギャラリー [全文を読む]

究極の恋愛漫画3冊。大人のための恋愛指南書

Woman.excite / 2016年04月16日00時00分

40代からの恋愛 リアルすぎるヒューマニズム『黄昏流星群』(著:弘兼 憲史、出版:ビッグコミックス)あの『島耕作』シリーズを手がけた漫画家・弘兼憲史さんの恋愛漫画。まさに大人の恋愛そのものです。現在51巻目まで発売されていますが、今もなおストーリーは続いていて、その人気度がうかがえます。人気の秘密は人間ドラマの濃密さと、出会いの素晴らしさを描いているからで [全文を読む]

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(4)僕の理想は“世話焼きじいさん”

アサ芸プラス / 2016年04月15日05時57分

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県出身。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務後、74年に漫画家デビュー。主な代表作は「島耕作」シリーズ、「黄昏流星群」など。 [全文を読む]

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(3)前より「死」が近くなった気がする

アサ芸プラス / 2016年04月14日05時57分

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県出身。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務後、74年に漫画家デビュー。主な代表作は「島耕作」シリーズ、「黄昏流星群」など。 [全文を読む]

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(2)年を意識するのは階段を上る時だけ

アサ芸プラス / 2016年04月13日05時57分

弘兼憲史(ひろかね・けんし) 1947年山口県出身。早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)勤務後、74年に漫画家デビュー。主な代表作は「島耕作」シリーズ、「黄昏流星群」など。 [全文を読む]

弘兼憲史×萩本欽一 欽ちゃんとドンと「新老人」を楽しもう!(1)その年で体育まで受けてるんですか?

アサ芸プラス / 2016年04月12日05時57分

弘兼憲史が独自の目線で老後を語る週刊アサヒ芸能人気コラムの連載100回を記念して、今回はお笑い界の大御所、今は現役大学生でもある萩本欽一をゲストにスペシャルトーク。大学生活から死生観まで、笑いが絶えない「新老人」の真骨頂、ここにあり!萩本 僕、今日は弘兼さんの「新老人のススメ」(徳間書店刊)を読んで来たんですよ。弘兼 それはありがとうございます。萩本 でも [全文を読む]

【「週刊Dモーニング」特別企画】島耕作シリーズ不動のナンバーワン小悪党脇役今野輝常(こんのきつね)カムバック記念!特別編集の「今野輝常マガジン」を無料で大公開!!

PR TIMES / 2015年02月19日09時25分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/580/resize/d1719-580-920008-0.jpg ]今野輝常は、「島耕作」作者の弘兼憲史氏が「もっとも好きなキャラクターの一人」と惜しみない愛情を贈る、島耕作シリーズ「課長編」「部長編」「取締役編」で活躍した名脇役。今回、『会長 島耕作』での今野輝常の再登場を記念して編集した『 [全文を読む]

『島耕作』作者・弘兼憲史氏「育児に熱心な男は出世しない」

NEWSポストセブン / 2015年01月24日07時00分

しかし、漫画家・弘兼憲史氏があえて異議を唱える。 * * * 昨今、子育てを熱心にやるイクメン会社員がもてはやされています。しかし現実には、仕事のできる人間というのは家庭では必ずしも好かれていないし、逆に家庭的で幸せなパパというのは会社ではそんなに出世しない、という構図があります。 仕事ができて出世して、家庭でもイクメンで運動会にも参加して子供に好かれる。 [全文を読む]

「10億円BIG」当せん者限定 文化放送、10億円で命名権を販売!?(1日だけ)

PR TIMES / 2014年08月22日18時32分

例えば「文化太郎放送局」など、お申込者の名前を入れた放送局名に改名したり、文化放送の番組にご出演いただくほか、文化放送でパーソナリティを務める立川志の輔さん、弘兼憲史さん、みのもんたさんの協力も取り付け、社を挙げて、様々な形で当せん者の「最強に幸運な人生」を祝福します。 提供内容は下記の通りです。個人向け命名権販売としては国内史上最高額(※1)、また放送 [全文を読む]

テレサ・テンCD画描いた弘兼氏「島耕作は不倫漫画じゃない」

NEWSポストセブン / 2013年06月26日16時01分

『黄昏流星群』にしても、フリーになった男女の関係を描いてます」と語るのは、レギュラー出演しているラジオの収録を終えた、漫画家の弘兼憲史さん(65)。「不倫漫画といえば弘兼先生」と、不用意に口を滑らせた記者を諭すように出てきたのが、冒頭の言葉だ。そんな話になったのも、テレサ・テンのニューアルバム『テレサ・テン LOVER’S ~18のラブストーリー~ 黄昏の [全文を読む]

弘兼憲史氏 「老後はゆっくり降りていけるように工夫を」

NEWSポストセブン / 2017年09月22日07時00分

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏が、9月9日に古希を迎えた。昨年上梓した『60歳からの手ぶら人生』では、「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言。体の機能だけでなく、収入や交友関係など、さまざまな面で下降トレンドに入った60代に、サラリーマン時代の名刺やスーツといった持ち物を半分捨てて、人間関係についても身軽になることを勧めた [全文を読む]

弘兼憲史氏「老後の同窓会は最終的に成功者しか来なくなる」

NEWSポストセブン / 2017年09月21日07時00分

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏が、9月9日に古希を迎えた。昨年上梓した『60歳からの手ぶら人生』では、「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言。体の機能だけでなく、収入や交友関係など、さまざまな面で下降トレンドに入った60代に、サラリーマン時代の名刺やスーツといった持ち物を半分捨てて、人間関係についても身軽になることを勧めた [全文を読む]

弘兼憲史氏 「ファミレスで偉そうな高齢者は謙虚になるべき」

NEWSポストセブン / 2017年09月20日16時00分

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏が、9月9日に古希を迎えた。これまで著書『50歳からの「死に方」~残り30年の生き方』『60歳からの手ぶら人生』などで団塊世代に老後の生き方を提言してきた弘兼氏。 昨年上梓した『60歳からの手ぶら人生』では、「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言。体の機能だけでなく、収入や交友関係など、さまざ [全文を読む]

瑛太主演「ハロー張りネズミ」最終回は6・8% 前回から0・2ポイント上昇でフィニッシュ

スポーツ報知 / 2017年09月19日09時51分

弘兼憲史さんの名作漫画を原作に「ハリネズミ」こと探偵の五郎(瑛太)と仲間たちが難事件に挑む物語だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ) [全文を読む]

弘兼憲史氏が勧める身軽な人間関係「年賀状やお中元は無駄」

NEWSポストセブン / 2017年09月16日16時00分

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏が、9月9日に古希を迎えた。これまで著書『50歳からの「死に方」~残り30年の生き方』『60歳からの手ぶら人生』などで団塊世代に老後の生き方を提言してきた弘兼氏が、自ら70代に入り改めて「老後」とどう向き合うべきかを語った。 「『サザエさん』の父・波平さんって、実は50代前半なんですよ。197 [全文を読む]

RAD野田洋次郎、主題歌歌う『ハロー張りネズミ』最終回に出演! 謎の依頼人役

マイナビニュース / 2017年09月08日05時00分

このドラマは、1980~1989年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史氏の同名漫画を原作とする探偵ドラマ。東京都板橋区の下赤塚に事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、面倒な案件ほどやりたがるという一風変わった探偵"ハリネズミ"こと七瀬五郎=ゴロー(瑛太)とその仲間たちが、人情味あふれる哀しい事件や難事件に挑んでいく。 きょう8日 [全文を読む]

野田洋次郎『ハロー張りネズミ』最終話ゲストでフィナーレ飾る「盛大にお祝いできれば」

ORICON NEWS / 2017年09月08日05時00分

【画像】ドラマの主題歌を担当するSOIL&“PIMP”SESSIONSと野田洋次郎 原作は80年代に漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』にて連載された弘兼憲史氏の漫画。主人公であかつか探偵事務所の所員・ゴロー(瑛太)と、相棒・グレ(森田剛)が依頼人のために奔走。人情モノや企業ミステリー、超常現象、ホラーなどまさにジャンルレスな展開を一話完結で繰り広げてきた。最 [全文を読む]

フォーカス