小林慎太郎のニュース

テレビがネットと接続する今、視聴者のプライバシーはどう保護されるのか?

EnterpriseZine / 2017年09月28日06時00分

小林 慎太郎[著] 【関連記事】 ・NEC、サイバー攻撃発見時の初動対応とサイバー保険を組み合わせた支援サービスを提供 ・マカフィー、情報セキュリティカンファレンス「2017 MPOWER:Tokyo」を11月9日に開催 ・定期的なソフトウェアアップデートや設定の見直しがインシデントを防ぐ――ラックがJSOCレポートを公開 ・パロアルト、ランサムウェア防 [全文を読む]

EUによるデータの移転規制が解除される?成果を上げはじめた日本のプライバシー外交

EnterpriseZine / 2017年07月26日06時00分

」ラックが7年ぶりにセキュリティ監視センターをリニューアル ■記事全文へ [全文を読む]

LINEより手紙!「ラブレター代筆屋」の仕事とは? 言葉にできない想い、伝えます

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月11日11時00分

』(小林慎太郎/インプレス)。ストーリー投稿サイト「STORYS.JP」で話題となり、書籍化された。 本書の中で、著者の小林氏は様々な依頼にひとつひとつ向き合い、ラブレターをツールとして依頼者の想いを形にすべく、奮闘する。それでも、「手紙で想いを伝える」のは簡単なことではない。 たとえば、「離婚をなかったことにしてほしい」と依頼してきた50代の男性。3カ月 [全文を読む]

人気のストーリー投稿サイト「Storys.jp」から生まれた新刊書籍『ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。』を1月21日(木)に発売!

PR TIMES / 2016年01月21日11時10分

■珍しい職業「ラブレターの代筆屋」にメディアも注目著者の小林慎太郎氏が始めた「ラブレターの代筆屋」は、珍しい職業としてメディアにも取り上げられ、過去にMXテレビ「5時に夢中」、TOKYO FM「ON THE PLANET」にも出演しています。また、2016年1月3日付けの朝日新聞の記事「ネガウモトメル」でも取り上げられました。さらに、日本郵便が手掛けた東京 [全文を読む]

名簿屋に未来はあるのか? データブローカーの役割と規制のあり方を考える

EnterpriseZine / 2014年07月18日14時40分

小林 慎太郎[著] 【関連記事】 ・これからのセキュリティ業界を担う、平成生まれのスーパーハッカー! ―ゲヒルン 石森大貴さん ・ウェブルート、エンタープライズ向けの次世代脅威インテリジェンスサービスを発表 ・カスペルスキー、仮想化環境を利用する法人向けにセキュリティ製品の最新版を発表 ・モバイルアイアンのモバイル管理製品とサイバートラストの端末認証サー [全文を読む]



フォーカス