村田晃のニュース

週明けの仕事のストレスは心臓に負荷 仕事量を減らせば解決するのか?

JIJICO / 2017年06月11日13時00分

(村田 晃/心理学博士・臨床心理士) [全文を読む]

自殺の実態を知り語ることの意義 自殺予防のためにできること

JIJICO / 2017年04月15日09時00分

(村田 晃/心理学博士・臨床心理士) [全文を読む]

地震にあった人に周囲が今できる心理的な援助について

JIJICO / 2016年04月20日15時00分

「サイコロジカル・ファーストエイド(日本語訳)」のサイト http://www.nctsnet.org/sites/default/files/assets/pdfs/pfa_japanese.pdf (村田 晃/心理学博士・臨床心理士) [全文を読む]

仕事中の疲れやストレスに「アセロラ飲料が良い」と有識者

NEWSポストセブン / 2013年07月31日07時00分

暑い時や疲れた時に、“酸っぱいものやスッキリした味が嬉しい”といった味だけではなく、「栄養的にも、さまざまなメリットがある」と、「疲れに良いと思う栄養素」1位でもあるビタミンC研究の第一人者である佐賀大学名誉教授・村田晃先生はコメントしている。「体内をビタミンCで満たし、その働きをフル作用させるためには、ビタミンC400mg程度摂るのが理想的です。到底、3 [全文を読む]

紫外線による、「日焼け」・「しみ」・「乾燥」・・・気になる夏の肌トラブル 紫外線対策は、女性の8割が「外側からのケアのみ」! 今年の夏は、「ビタミンC」で、“カラダの内側”からも紫外線ダメージをケア

PR TIMES / 2012年05月28日17時43分

また今回、 “カラダの内側”からの紫外線対策として有効と言われる「ビタミンC」に関して、その効果や摂取のポイントを佐賀大学名誉教授・村田晃先生にお伺いしました。■日焼け、しみ、乾燥・・・「夏は肌トラブルが気になる」、女性の9割が回答まず最初に、25~39歳女性の、「夏」の肌事情について調査をおこないました。「夏は他の季節に比べて肌トラブルが気になりますか? [全文を読む]

フォーカス