岩上安身のニュース

ジャーナリスト「岩上」さんの提案が波紋「総理の首」と引き換えに2人を助命

秒刊SUNDAY / 2015年01月21日21時53分

ジャーナリストの岩上安身さんのツイートが波紋を呼んでいる。ISISに捕まった後藤さん湯川さんの助命を行うかわりに総理の首を差し出すことを提案。そうすれば万事解決というわけだ。しかしこのツイートにはリードミスが発生しやすく、首というのは辞任の意味合いであり総理の本物の首を出しだすという意味合いではないようだ。しかし「辞任させたいだけではないのか」と批判が集ま [全文を読む]

PC遠隔操作事件でわかった、日本社会の害悪 片山無実の陰謀論はなぜ支持されたのか?

tocana / 2014年05月21日09時00分

それに呼応するように、ジャーナリストの江川紹子氏、IWJ Independent Web Journal代表の岩上安身氏らがこれを支持。また、片山被告の弁護士である佐藤博史氏の辣腕ぶりも重なり、同弁護士いわく、裁判は「有利に動いていた」という。 しかし、事態は急展開する。今月16日、片山氏の公判中に、各報道機関に「真犯人」を名乗る人物からのメールが届いたた [全文を読む]

汚染水漏れも隠される?「秘密保護法案」がはらむ危険性

WEB女性自身 / 2013年10月18日07時00分

インターネット報道メディア「インディペンデント・ウェブ・ジャーナル」主宰で、ジャーナリストの岩上安身さんは、こう警鐘を鳴らす。 「戦争ができる国にするということは、将来、徴兵制が復活することもありえるかもしれません。また、戦争にかかる莫大な費用を国民が増税などの形で負担させられることも考えられます。戦前の世界に後戻りさせる。その一歩がこの『特定秘密保護法』 [全文を読む]

日米安保がある限り、日本のTPP脱退は不可能だ

週プレNEWS / 2013年09月25日14時00分

TPP反対の立場から積極的に発言を続けているインディペンデント・ウェブ・ジャーナル主宰のフリージャーナリスト、岩上安身氏はこう語る。 「私は米韓FTA(自由貿易協定)を以前から研究しているのですが、米韓FTAの交渉過程で話し合いが煮詰まっていたとき、米国の代表が交渉を中座して湖のほとりに行き、オフトークとして『仮に交渉がまとまらなかったら、アメリカは安全 [全文を読む]

自由報道協会賞の授賞式が開催 大賞の岩上氏「自分が受賞しては格好がつかない」

ニコニコニュース / 2012年01月28日02時17分

授賞式では、大賞(日隅一雄賞)を受賞したジャーナリストでIWJ代表の岩上安身氏が、同賞の創設の経緯について「ゴタゴタしたこともあった」と打ち明ける一幕もあった。 表彰式冒頭には、民主党元代表の小沢一郎衆院議員が登場。自由報道協会代表の上杉隆氏が、同協会での会見数最多の小沢氏を「政治家・権力者とジャーナリズムとは対立する構図にあるが、同じ日本・世界を思う人間 [全文を読む]

フォーカス