松井孝典のニュース

松井孝典氏、チャンドラ博士、茂木健一郎氏が「宇宙と生命」を熱く語る!『スリランカの赤い雨』刊行記念トーク・イベント開催!

PR TIMES / 2013年11月15日17時51分

惑星科学の第一人者で著者の松井孝典氏、世界的天文学者、チャンドラ・ウィックラマシンゲ博士、そして著名な脳科学者であるとともに、博士の著書『生命・DNAは宇宙からやってきた』の監訳者でもある茂木健一郎氏の3氏が、アストロバイオロジー(宇宙生物学)の最前線が捉えた驚異の宇宙生命の姿を楽しく解説。必聴です!なお、本イベントはニコニコ生放送にて中継いたします!当日 [全文を読む]

6500万年前に落ちた巨大隕石がもし1時間ずれていたら、今も恐竜が地球を支配していた

週プレNEWS / 2014年05月08日06時00分

世界的な地球物理学者である松井孝典(たかふみ)教授たちの研究グループが先月、科学誌ネイチャー(*1)に発表した論文が、国内外で大きな話題となっている。地球史における大きな謎とされてきた出来事(後述)を、完全に解明したのである。 一連の“小保方騒動”で日本の科学の信頼性が揺らいだと憂いてる人もいるが、そんな心配をしても時間の無駄。松井教授ご本人に、彼らの最新 [全文を読む]

迷ったら、もっと快不快に身をゆだねてみたらいい――川崎貴子×河崎環【3】

プレジデントオンライン / 2017年01月11日09時15分

未来についてはいろんな学説があって、阪大の石黒浩先生は「1000年後には人間は有機体ではなくなる」とおっしゃっているし、東大の惑星科学者、松井孝典先生は「100年したら人口爆発で人類は滅亡する」とおっしゃっていたりする。楽観的な予測も悲観的な予測もありますけど、仮に後者の通りになったら、あと100年でカタストロフィーが来るわけですよね。 その世の中に子ども [全文を読む]

「ART IN THE OFFICE 2014」開催と選出アーティストについて

PR TIMES / 2014年05月29日15時28分

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2008年より当グループが社会文化活動の一環として実施している「ART IN THE OFFICE」プログラムを、本年度も「ART IN THE OFFICE 2014」として開催することといたしました。このたび、75点の応募作品案の中から、下記のとおり、マネックス証券のプレスルーム(会議室)壁面の展示作 [全文を読む]

天文宇宙検定 新たに4級(小学校高学年)と1級を実施「第2回 天文宇宙検定」3大都市(東京・大阪・名古屋)10月7日開催決定

@Press / 2012年05月11日15時00分

【第2回 天文宇宙検定概要】※情報はすべて2012年5月10日現在検定名:第2回 天文宇宙検定主催 :天文宇宙検定委員会協力 :株式会社恒星社厚生閣協賛 :株式会社セガトイズ、株式会社ビクセン後援 :財団法人日本宇宙フォーラム監修 :池内 了(総合研究大学院大学理事・教授) 黒田 武彦(兵庫県立大学教授・西はりま天文台公園園長) 佐藤 勝彦(大学共同機関法 [全文を読む]

フォーカス