三池輝久のニュース

欠席や不登校は減らせる! 驚くべき効果を上げた、ある中学校の「睡眠」対策

Fuminners / 2016年05月02日13時17分

ある時「睡眠教育(眠育)」を提唱する熊本大学・三池輝久名誉教授の話を聞く機会がありました。睡眠教育とは、睡眠に関する教育を行い、正しい睡眠習慣を身につけられるように指導すること。「もしかしたら、生徒の不登校の原因は睡眠にあるのかもしれない…」。教授の話を聞いてその可能性に思い至った木田先生は、さっそく三池教授に協力を依頼し、全校生徒を対象に「睡眠調査」を行 [全文を読む]

1週間のキャンプで、体内時計リセット!?

nemgym(ネムジム) / 2015年05月03日23時00分

参考書籍 『メラトニン研究の最新の進歩』三池輝久 東京大学教育学部教授 熊本大学医学部発達小児科教授 山寺博史 杏林大学医学部精神科助教授 監修 星和書店 『体内時計のふしぎ』 明石真 山口大学時間学研究所教授 光文社 参考インタビュー 山口大学時間学研究所教授 明石真先生 【提供:武田薬品工業株式会社】 [全文を読む]

体内時計と司るメラトニンの起源

nemgym(ネムジム) / 2015年04月23日23時00分

参考書籍 『睡眠のはなし - 快眠のためのヒント 』 日本大学医学部付属病院精神科教授/内山真著 中央公論新社 『奇跡のホルモンメラトニン』ラッセル・J・ライター&ジョー・ロビンソン 監修/服部淳彦/聖マリアンナ医科大学講師 講談社 『メラトニン研究の最新の進歩』三池輝久 東京大学教育学部教授 熊本大学医学部発達小児科教授 山寺博史 杏林大学医学部精神科 [全文を読む]

体内時計を司るメラトニンの歴史

nemgym(ネムジム) / 2015年04月21日23時00分

参考書籍 『奇跡のホルモンメラトニン』ラッセル・J・ライター&ジョー・ロビンソン 監修/服部淳彦/聖マリアンナ医科大学講師 講談社 『メラトニン研究の最新の進歩』三池輝久 東京大学教育学部教授 熊本大学医学部発達小児科教授 山寺博史 杏林大学医学部精神科助教授 監修 星和書店 【提供:武田薬品工業株式会社】 [全文を読む]

乳幼児とスマートフォン等携帯情報端末との関係についての緊急提言 過剰使用が乳幼児の健やかな成長を妨げる恐れ

@Press / 2014年09月18日10時30分

アート引越センターを中心に暮らし方を提案する企業グループ、アートグループの保育事業、アートチャイルドケア株式会社(本社:大阪府大東市 代表取締役社長:村田 省三)は、乳幼児の健やかな成長を守るため、携帯情報端末の利用について下記の通り、提言いたします。当社独自プログラムによるお子さまの睡眠と発達の関係の調査から、携帯情報端末の過剰使用による睡眠障害が散見さ [全文を読む]

フォーカス