本田圭祐のニュース

日本代表スタメン発表!本田圭祐、岡崎慎司、原口元気がスタメン復帰、約2年ぶりに代表復帰の柴崎岳も先発!《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2017年09月06日01時42分

【スタメン】 GK:川島永嗣 DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都 MF:柴崎岳、山口蛍、井手口陽介 FW:本田圭佑、岡崎慎司、原口元気 【サブ】 GK:東口順昭、中村航輔 DF:酒井高徳、植田直通、槙野智章 MF:乾貴士、高萩洋次郎、小林祐希、柴崎岳 FW:久保裕也、武藤嘉紀、杉本健勇 [全文を読む]

ACミラン・本田圭祐は批判だけじゃない!応援するサポーターの声も 「守備をやり、チームに100%尽くしている」

AOLニュース / 2015年09月26日12時00分

ここ数戦、ACミラン本田圭祐に関しての批判的な地元メディアの記事を目にすることが多くなっている。本田の入団以来、ACミランの成績不振も相まって、この日本人の10番への風当たりは強くなっているが、今回はリーグ戦5戦で3勝2敗4位と序盤でまだまだチームが固まらない状態での批判。「スピードが無い」「全く消えていた」は毎度のことだが、勝利してなお続いているのが「1 [全文を読む]

錦織圭、本田圭祐…一流プレーヤーが最高のパフォーマンスをできる「ゾーン」とは何か

Business Journal / 2014年09月16日16時00分

サッカーの本田圭祐選手が、今でも毎日書いていると話題になった“夢ノート”も日記のひとつ。やはり一流の人は、意識的に自律神経をコントロールする方法を知っているのでしょう。およそ9割の人は、自律神経が乱れているというストレス社会。“ゾーンに入る”とは言わないまでも、まずは日記を書いて、日々のパフォーマンスを上げてみてはいかがでしょうか。 (新刊JP編集部) [全文を読む]

「無回転じゃない本田なんて……」W杯で本田圭祐の必殺魔球“無回転ブレ球シュート”が封じられたワケ

日刊サイゾー / 2014年06月07日16時00分

フリーキックで、本田圭祐が35メートルの位置から叩き込んだ“無回転ブレ球シュート”は、日本中を驚かせた――。 不規則に揺れ動く“無回転ブレ球シュート”の名手として知られる本田だが、まもなく開催されるブラジルW杯では、それが“使えない”のだという。 「本田のこのスーパーシュートは、南アフリカだからこそ使える魔球だった。前回大会で使用された『ジャブラニ』という [全文を読む]

NTTコム オンライン、W杯で注目される代表選手についてソーシャルメディアのリアルタイム調査を発表

PR TIMES / 2014年06月03日11時49分

調査の結果、プレー以外でも注目・人気を得ている本田圭祐選手と内田篤人選手に対するツイートが、5月27日のキプロス戦以降1日あたり1万件を超えるなど、他の選手に比べて圧倒的な数となっていることが分かりました。 詳細はこちら: http://buzzoo.jp/realtime/article/3925 ※調査結果とあわせて、ツイート数の推移をグラフ化して1 [全文を読む]

本田圭祐所属ACミランが日本企業と初のスポンサー契約 早すぎた報道がきっかけ?

AOLニュース / 2014年04月11日11時50分

日本を代表するトップアスリート・本田圭祐選手が、サッカーの世界的なビッグクラブ「ACミラン」に移籍して早や3ヶ月が経つが、このたび、日本企業で初めて東洋ゴム工業株式会社が、ACミランとプレミアムスポンサー契約を結んだことが発表された。 東洋ゴム工業株式会社は1945年創業、自動車用タイヤを中心に、工業用ゴム製品など、独自の技術をベースに幅広い製品群を開発。 [全文を読む]

W杯を決めた!本田圭祐PKゴール効果で“本田圭佑 初プロデュース香水”問合せ殺到!!

PR TIMES / 2013年06月05日18時28分

昨日行われた ワールドカップアジア最終予選で、日本は本田圭祐のPKで引き分け、ワールドカップへの出場を手にしました。 この試合の勝利に合わせ6/5 0:00より先行予約を開始したところ、問合せが殺到し早くもご予約の注文を頂いております。 (画像)MENZ-STYLEサイトTOPページ 昨日行われた ワールドカップアジア最終予選で、日本は本田圭祐選手のPK [全文を読む]

BLACKPINK、10/24(火)発売の『GQ JAPAN』カバーに登場!撮り下ろしでの表紙掲載は女性アーティストとして初の快挙!!

THE FACT JAPAN / 2017年10月04日10時16分

『GQ JAPAN』の表紙はこれまでにレオナルド・ディカプリオ、デイビッド・ベッカム、ファレル・ウィリアムズなどが錚々たるワールドスターたちが飾り、日本人では矢沢永吉、松本人志(ダウンタウン)、福山雅治、稲葉浩志(B’z)、本田圭祐、錦織圭など、日本国内では誰もが名を知っているであろうSSS級のアーティスト、芸能人、スポーツ選手たちが出演。彼女たちのハイセ [全文を読む]

「BLACKPINK」、24日発売「GQ JAPAN」カバーに登場! 撮り下ろしでの表紙掲載は女性アーティストとして初

Wow!Korea / 2017年10月04日09時39分

「GQ JAPAN」の表紙はこれまでにレオナルド・ディカプリオ、デイビッド・ベッカム、ファレル・ウィリアムズなどが錚々たるワールドスターたちが飾り、日本人では矢沢永吉、松本人志(ダウンタウン)、福山雅治、稲葉浩志(B’z)、本田圭祐、錦織圭など、日本国内では誰もが名を知っているであろうSSS級のアーティスト、芸能人、スポーツ選手たちが出演。彼女たちのハイセ [全文を読む]

【中日】松井秀喜カムバック!? 「中日星稜ドラゴンズ」のオーダーを考えてみた(妄想)

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

サッカーでも、本田圭祐が準決で市船に終了直前に追いつかれPK負け、国立最後の年の決勝で富山第一に残り3分から2点差を追いつかれ敗戦。「負けて有名になるのが星稜」という、ドラマチックではあるがトホホな冠を頂いていた。しかし、サッカーは翌2015年に国立で優勝。野球はその半年前、夏の甲子園、県大会決勝の北陸大谷戦で、9回0−8から奇跡の逆転で海外でも話題になる [全文を読む]

【欧州日本人選手総括&評価】軒並み低調の厳しいシーズン

超ワールドサッカー / 2017年06月02日18時00分

本田圭祐[ミラン]Getty ImagesセリエA出場試合数:8(先発:2)ゴール数:1コッパ・イタリア出場試合数:3(先発:0)評価: ★☆☆☆☆◆最後に見せ場も空虚な1年に▽本田のキャリアにおいて最も実りのないシーズンに終わった。モンテッラ新監督の下で迎えたミランでの4シーズン目は構想外扱いが続き、純粋な戦力として認識されることはなかった。冬の段階で [全文を読む]

本田圭佑「いつ死ぬかも分からない…常に挑戦しよう」

Smartザテレビジョン / 2017年02月01日04時00分

リスクを恐れず挑戦して良かったなということが今の本田圭祐をここまで築いてくれたと思っています。なので、僕自身もこれからも挑戦し続ける男でいたいなと思っています。 皆さんも、いろいろ普段働かれていて、なかなか思うようにいかないところがあるかと思います。それは僕も一緒です。そんなにうまくいく人は、こういった職業でいろんなすごい人を見てきていますけど、なかなか世 [全文を読む]

【欧州日本人選手前半戦総括&評価】大迫や長谷部が活躍も軒並み低調

超ワールドサッカー / 2017年01月07日07時00分

本田圭祐[ミラン]Getty ImagesセリエA出場試合数:5(先発:1)ゴール数:0コッパ・イタリア出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0評価:☆☆☆☆☆ 0 [全文を読む]

【欧州日本人選手総括&採点】最高は岡崎の90点!

超ワールドサッカー / 2016年05月27日12時00分

本田圭祐[ミラン]Getty ImagesセリエA出場試合数:29(先発:22)ゴール数:1コッパ・イタリア出場試合数:7(先発:6)ゴール数:1採点: 30点◆チームの混迷に翻弄▽ミランでの3シーズン目を迎えた本田だったが、今季も混迷を極めるチームの中で思うようなシーズンを送ることはできなかった。ミハイロビッチ新監督の下でスタートした新シーズン、前半戦 [全文を読む]

2015-16シーズンサムライ前半戦総括

超ワールドサッカー / 2016年01月05日07時05分

本田圭祐[ミラン]Getty ImagesセリエA出場試合数:12(先発:5)ゴール数:0コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:2)ゴール数:1採点:10点◆最後に1アシスト▽ミハイロビッチ新監督の下、ミランでの3シーズン目を迎えた本田だったが、今季前半戦も結果を残すことはできなかった。開幕から5試合で4試合に先発し、まずまずのスタートを切ったかに思われ [全文を読む]

16歳GKがデビューのミラン、天敵にゴール許すもL・アドリアーノ弾で4試合ぶりの白星《セリエA》

超ワールドサッカー / 2015年10月26日01時50分

日本代表MF本田圭祐は89分から出場した。▽ここまで3勝1分4敗で12位に位置するミランが、本拠地サン・シーロに4位のサッスオーロを迎えた一戦。ミハイロビッチ監督は、前節のトリノ戦から先発メンバーを3人変更。これまでリーグ戦全試合に出場していたGKディエゴ・ロペスを外し、ミランユース出身の16歳GKアントニオ・ドンナルンマをデビューさせた。▽ミランはトリノ [全文を読む]

中日・和田一浩が引退!残した名言がカッコよすぎる 「99回キツい思いをしても、1ついいことは絶対にある」

AOLニュース / 2015年09月19日12時00分

和田の言う「野球の質の高いトレーニングや練習」への時間の使い方を、それぞれの専門分野や働く内容に置き換えてみたら、イチローや本田圭祐のような超人級のアスリートの金言よりも、雑草魂が感じられる和田一浩の言葉こそが、より説得力を持って我々に訴えるものがあるだろう。 https://youtu.be/_GQ3xxFpQBU <関連動画はこちら> <関連動画はこ [全文を読む]

じゅんいちダビッドソン ネタ披露中、猿にドロップキックくらう

WEB女性自身 / 2015年04月15日19時00分

本田圭祐選手のモノマネでおなじみのじゅんいちダビッドソン(40)が14日、テレビドラマ『12モンキーズ』の配信記念イベントに出席。タイトルにかけ、猿回し芸人のゆりあ(37)と猿・りく君も登場した。『R-1グランプリ2015』の優勝者であるじゅんいちダビッドソンは、本作に絡めた持ちネタを披露することに。しかしオチのタイミングでりく君からは強烈なドロップキック [全文を読む]

本田はリーグ戦今季2度目のベンチスタート…15歳GKもベンチ入り

ゲキサカ / 2015年02月23日00時08分

[先発] GKクリスティアン・アッビアーティ DFアディル・ラミ DFサルバトーレ・ボッケッティ DFダニエレ・ボネーラ DFルカ・アントネッリ MFアンドレア・ポーリ MFリッカルド・モントリーボ MFジャコモ・ボナベントゥーラ MFナイジェル・デ・ヨング FWジェレミー・メネズ FWマッティア・デストロ [控え] GKステファノ・ゴリ GKジャンルイ [全文を読む]

<R-1ぐらんぷり2015>今年も爆発的におもしろいネタはなかったが、それは芸人の責任ではない。

メディアゴン / 2015年02月12日00時32分

・じゅんいちダビッドソン本田圭祐のモノマネである。岡村隆史のオールナイトニッポンで岡村がやりそうなネタである。これ自体はおもしろいので、本田が有名人として寿命を迎える前に、早く次のを見つけることである。・ヒューマン中村普通のフリップ芸である。この人の問題は、フリップネタとネタの間のつなぎトークが絶望的におもしろくないことだと思う。全部スベってたから。<総評 [全文を読む]

フォーカス