岡野あつこのニュース

離婚は「早いほうが経済的」なのはなぜか

プレジデントオンライン / 2017年06月20日09時15分

正直者の負けになる」 そう語るのは離婚カウンセラーの岡野あつこ氏だ。裁判になったとしても、裁判所は調査機関ではないので、自ら資産調査に乗り出すことはしない。銀行口座を持っていることが妻にバレれば、妻の弁護士から裁判所経由で口座情報を開示させられることがある。しかし、妻には思いもよらない銀行や支店に口座を持てば、その危険は回避することができる。銀行ではなくタ [全文を読む]

すぐ謝る不倫男は要注意! 本心を暴く「究極の質問」とは?

オールアバウト / 2017年08月07日19時45分

(文:岡野 あつこ) [全文を読む]

仮面夫婦がいつまでも別れられないワケ

オールアバウト / 2017年08月05日20時45分

夫婦のあり方はそれぞれ離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです! ここでは「仮面夫婦~別れられない理由」についてお話しします。私は仮面夫婦であろうと、自分自身が離婚しない選択をしたのなら、そのような夫婦の形態もありではないか、と思っています。ですから、このテーマは仮面夫婦でいることに悩んでいる人、仮面夫婦でいることに耐え切れず、これから離婚しようと準備中 [全文を読む]

相手の妻に不倫がバレた! 女がとるべき「3つの行動」

オールアバウト / 2017年07月23日20時45分

(文:岡野 あつこ) [全文を読む]

妻を浮気に走らせた夫たちの共通点

オールアバウト / 2017年07月22日20時45分

取り返しのつかないことにならないうちに、久しぶりに妻を感動させてみましょう!(文:岡野 あつこ) [全文を読む]

松居一代に13億円訴訟も…船越英一郎が雇った「3人の刺客」

WEB女性自身 / 2017年07月18日00時00分

だが、離婚カウンセラーの岡野あつこさんが言う。 「船越さんは『お金はいらないから早く離婚したい』と思っているのでしょう。でも財産分与を求めたほうが早く離婚できることも多いと、弁護士からも聞きました。付け入るスキを与えると相手はどんどん攻めてくる。だからあえて財産を半分要求することで、相手を黙らせるのです。名誉棄損など、相手にとって不利な状況も同じです。訴え [全文を読む]

米倉涼子やジョニー・デップ 結婚直後に危機迎える夫婦の特徴

NEWSポストセブン / 2015年04月23日16時00分

夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう見る。 「最近の女性は、男性と同じくらい一生懸命仕事しながら恋愛を頑張ってきたからこそ、結婚に対する憧れが強く、結婚後はふたりの関係を重要視しようとするんです。でも男性のほうは恋愛中にふたりの時間を割いてきたから、結婚したからこそ仕事など違う方向を見ちゃうんですよね。女性は結婚前まではあんなに自分のことを大切に思っていて [全文を読む]

高橋ジョージ「パチンコ営業を解禁…」離婚で歩む茨のロード

WEB女性自身 / 2015年01月20日00時00分

夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、2人の離婚トラブルをこう分析する。「妻は母としてもタレントとしても再び輝こうとしているのに、夫はただ年齢と共に老いていくだけ……という夫婦関係だったのかもしれませんね。このような状態だと、妻が要求する通りに離婚することが、お互いにとってプラスになると思います」 一時は大ヒット曲『ロード』の印税だけで年間1200万円の収入が [全文を読む]

離婚アドバイザーが明かす“大震災で壊れた夫婦たち”(1)「震災地域の土地問題も重なり…」

アサ芸プラス / 2014年03月11日09時56分

震災を経験したことでむしろ、今まで目をそらしていた問題に正面から向き合い、離婚に至るカップルが少なくありません」 こう語るのは夫婦問題研究家の岡野あつこ氏だ。 未曾有の事態に遭遇した時に見せた配偶者の本性が一瞬にして夫婦の絆を断ち切ってしまうのだという。 被災地での離婚相談にも携わってきた離婚問題アドバイザーの露木幸彦氏もこう言う。 「被災地の相談者の中に [全文を読む]

最近の離婚 「夫が新聞を読まないから」など不可解な理由も

NEWSポストセブン / 2013年12月24日16時01分

夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう話す。 「子供を産んで夫婦仲がおかしくなる人が急増しています。出産という人生で大きなプロジェクトのときに、夫が頼りにならなかったなど不満を抱える人は多いです。愛の結晶のはずだけど、夜泣きもすれば、うんちもする。その現実についていけない女性が増えているんです」 最近の離婚は、結婚直後か熟年かに偏る傾向がある。 「芸能人も一 [全文を読む]

離婚はしたくないけれど一緒にいたくないと家庭内別居増加

NEWSポストセブン / 2013年02月16日16時00分

夫婦問題研究家の岡野あつこさんはこう語る。 「うちにくる離婚相談件数は毎月100件以上にのぼりますが、そのうち家庭内別居を選ぶ人が2割程度。日常のなかで積もり積もった不満が爆発して、“もう顔も見たくない”となったときに、以前なら別居や即離婚を選んでいた人が、家庭内別居で踏みとどまるケースが増えています。 多くは経済的な理由や、子供のことがあって離婚できず、 [全文を読む]

Facebook 独身の強力恋愛ツールで既婚者の浮気道具との分析

NEWSポストセブン / 2012年06月08日07時00分

夫婦問題研究家の岡野あつこ氏は、フェイスブックをこう評する。「趣味や価値観の合う人を見つけやすく、しかも自分のいいところだけを見せて演出することができる。だから、独身者にとっては強力な恋愛ツールとなりますが、既婚者にとっては浮気を誘発しやすい“危険な道具”になりえるのです」 2010年に全米婚姻関連弁護士会が米国内で行なった調査によると、弁護士会に属する8 [全文を読む]

フォーカス