鴻上尚史のニュース

武井咲、“美少女刑事”の新境地に挑戦

モデルプレス / 2013年11月18日11時47分

脚本は劇団「第三舞台」「虚構の劇団」主宰の劇作家・演出家、鴻上尚史氏。連続ドラマの脚本を初めて手がける鴻上氏は「僕自身がわくわくしています。なんで今までお声をかけてくれなかったのか…」と本音を吐露し「舞台では2時間ちょっとかけて1つの物語が進みますがテレビドラマは放送時間が1時間という時間なのでその中にいろいろなものをいれるという大変さはあるとおもいます [全文を読む]

松尾貴史と鴻上尚史が「芸能人と政治的発言」について意見...鴻上はバラエティー番組で政治ネタを放送すると「この国は楽になる」と指摘

リテラ / 2017年07月16日19時58分

そんななか、笑芸において政治ネタが必要な理由や、芸能人・文化人が社会的トピックについて発言する自由が担保されるべき理由について、劇作家・演出家の鴻上尚史氏がとても意味のある発言をしていた。鴻上氏は「SPA!」17年6月20日号(扶桑社)掲載の連載エッセイ「ドン・キホーテのピアス」のなかでこのように書いていた。 [全文を読む]

松井玲奈、舞台は選抜総選挙よりも緊張 「結婚宣言しちゃう?」には苦笑い

エンタメOVO / 2017年06月24日19時14分

舞台「ベター・ハーフ」の公開舞台稽古が24日、東京都内で行われ、稽古前に出演者の風間俊介、松井玲奈、片桐仁、中村中、作・演出の鴻上尚史氏が囲み取材に応じた。 本作は、2014年の4月~5月に上演された舞台の再演で、風間、中村、片桐が続投。真野恵里菜に代わり新キャストとして松井が出演する。 風間は、初演の好評を受けて「正直、再演はあると思っていまいた」とニヤ [全文を読む]

松井玲奈、旬の“結婚”いじりに苦笑 憧れの人と共演に「幸せ」

ORICON NEWS / 2017年06月24日18時08分

【写真】公開舞台稽古の様子 2015年に上演された同舞台は、同舞台は人気劇作家・鴻上尚史氏が手がけ、風間俊介、新キャストの松井、中村中、片桐による4人芝居で送るラブストーリー。 松井は、以前から憧れていたという片桐との共演に「ずっと好きだったんです。お芝居のなかで仁さんの投げるボールが面白いので、それをキャッチできるのが幸せ」と大喜び。それを聞いた風間が [全文を読む]

コンビニ店員は、なぜ「こんにちはァ~!」と語尾を上げて叫ぶのか

日刊SPA! / 2017年06月10日15時58分

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ― 初めてのコンビニに入ったら「いらっしゃませ、こんにちはァ~!」といきなり女性の声が聞こえました。 語尾の「はァ~」の部分が急に上がります。ピアノで白鍵盤3つ分ぐらいです。ものすごく不自然に響いて、とても僕に話しかけている感じがしませんでした。 と、すぐに別の場所から「いらっしゃいませ、こん [全文を読む]

タトゥーの彫り師が医師法違反? 菊地成孔、鴻上尚史がトンデモ法解釈に異議!「法律の拡大解釈によるイジメ」

リテラ / 2017年06月06日21時23分

この裁判を受けて、劇作家の鴻上尚史氏は「SPA!」(扶桑社)2017年5月16日号の連載コラム「ドン・キホーテのピアス」のなかでこのように綴った。〈なんだかよく分からない裁判です。彫師になるためには医師免許が必要となれば、彫師という職業は日本から消えるでしょう。つまり、警察と検察は入れ墨(tattoo)の存在を日本から消そうとしているとしか思えません。本 [全文を読む]

ストレス解消でポチっ…読む時間もないのにキンドルには1000冊の電子書籍が【鴻上尚史】

日刊SPA! / 2017年06月02日15時57分

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ― 「女の人がストレス解消に買い物をする」というのがちょっと前まではどうにも理解できなかったのですが、最近は、ようく分かります。 原稿を書いてて、気分転換をしたいと思うと、つい、アマゾンを開きます。 で、本を買いたくなります。アクセサリーとか服とか時計とかはどーでもいいのですが、本は欲しくなる [全文を読む]

日本語を教えたい人と、日本語教師向けの総合情報誌 『日本語教育ジャーナル』 創刊 5月9日(水)発売

PR TIMES / 2012年05月08日16時08分

【内容】 ・劇作家の鴻上尚史氏と、長年日本語教育に携わる春原憲一郎氏の対談 ・現役教師3人が本音で語る記事やベテラン教師からのアドバイス など 第2特集: 今、ベトナムの日本語教育がアツい! インタビュー: 映画「サウダーヂ」富田克也監督に聞く <12の新連載が一挙スタート!> ・「異文化に学ぶ」 アメリカ語学教育審議会が選ぶ「ティーチャー・オブ・ザ・イ [全文を読む]

フォーカス