田川亨介のニュース

U-18日本代表メンバーが発表!鹿島FW安部裕葵や鳥栖FW田川亨介、磐田U-18MF伊藤洋輝らが選出《AFC U-19選手権2018》

超ワールドサッカー / 2017年10月18日19時00分

▽今回のメンバーには、JリーグからはFW安部裕葵(鹿島アントラーズ)やFW田川亨介(サガン鳥栖)、湘南ベルマーレからはDF石原広教とMF齊藤未月が選出。また、5月に行われたU-20ワールドカップ2017でトレーニングパートナーとして参加していたMF田中陸(柏レイソルU-18)やMF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、DF橋岡大樹(浦和レッズユース)らも招集 [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】鹿島の武闘派DFや甲府の切り込み隊長が堂々選出!

超ワールドサッカー / 2017年09月25日11時00分

◆第27節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:キム・スンギュ DF:高橋祥平、水本裕貴、植田直通 MF:古林将太、中村俊輔、野津田岳人、武富孝介 FW:河田篤秀、ドゥドゥ、田川亨介 ◆寸評 GKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸/2度目) ▽勝点1獲得の功労者。77分にMF森谷賢太郎のシュートをブロックするなど安定したプレーを披露した DF高橋祥平(ジ [全文を読む]

中国に敗れた日本が首位逃す、出場権は他グループの結果次第に《AFC U-23選手権中国2018予選》

超ワールドサッカー / 2017年07月23日19時38分

MF坂井大将(大分トリニータ)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、MF市丸瑞希(ガンバ大阪)、MF原輝綺 (アルビレックス新潟)、アタッカーとしてFW田川亨介(サガン鳥栖)とFW旗手怜央(順天堂大)を送り出した。第2戦からは5選手を変更している。 ▽前半は一進一退の攻防で推移する。日本は徐々にポゼッションを高めていくも、中国の中盤での厳しいプレッシングに苦 [全文を読む]

U-20日本代表がホスト国のカンボジアに勝利! 首位通過を目指し中国と対戦《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月22日12時45分

中盤はMF市丸瑞希(ガンバ大阪)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田)をダブルボランチに、MF髙木彰人(ガンバ大阪)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)が両翼を務め、前線にはFW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)、FW田川亨介(サガン鳥栖)を起用。初戦のフィリピン戦から11名全員を変更して臨んだ。 ▽今予選のホスト国でもあるカンボジアとの対戦となった日本。多くのカンボジアサ [全文を読む]

U-20日本代表、FW田川亨介&FW小松蓮がゴールもユニバ代表とドロー

サッカーキング / 2017年07月15日09時40分

GK山口瑠伊(エストレマドゥーラ)、DF坂井大将(大分トリニータ)、立田悠悟(清水エスパルス)、板倉滉(川崎フロンターレ)、藤谷壮(ヴィッセル神戸)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、市丸瑞希(ガンバ大阪)、森島司(サンフレッチェ広島)、FW田川亨介(サガン鳥栖)、旗手怜央(順天堂大学)が先発した。 試合は開始5分に動く。 [全文を読む]

ゴールに満足感を示す鳥栖のFW田川亨介「自分の特徴が出た」《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月14日22時33分

▽練習試合終了後、1ゴールを挙げたFW田川亨介(サガン鳥栖)がメディア陣のインタビューに応対。ゴールを振り返り「自分の特徴が出た」と満足感を示した。また、U-20W杯の経験からチームを引っ張る存在になりたいと責任感を抱いた。 ◆FW田川亨介(サガン鳥栖) ──ゴールを振り返って 「自分の特徴が出たゴールだったので、その辺は自分の中でも評価できるかなと思い [全文を読む]

FW田川亨介&FW小松蓮が初ゴール!! U-20代表、FW中野誠也2発のユニバー代表とドロー

ゲキサカ / 2017年07月14日18時28分

U-20日本代表は4-4-2のシステムを採用してGKに山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)、最終ラインは右からDF藤谷壮(神戸)、DF板倉滉(川崎F)、DF立田悠悟(清水)、MF坂井大将(大分)、ボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF伊藤洋輝(磐田U-18)、右サイドハーフにMF森島司、左サイドハーフにMF遠藤渓太、2トップにFW旗手怜央とFW田川亨 [全文を読む]

AFC U−23選手権予選に臨むU-20日本代表が発表! U-20W杯&トゥーロン国際大会のメンバーが融合!《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月05日16時25分

▽今回のメンバーには、先日韓国で行われていたU-20ワールドカップにも出場したDF中山雄太(柏レイソル)や、MF三好康児(川崎フロンターレ)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)、FW田川亨介(サガン鳥栖)らが招集。また、トゥーロン国際大会に出場していたDF立田悠悟(清水エスパルス)、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)、FW小松蓮(産業能率大)も招集されている。 [全文を読む]

Jリーガーは4選手、J内定はMF郷家とDF杉山ら…AFC U-19選手権2018予選に向けてU-18日本代表メンバー発表

ゲキサカ / 2017年10月18日17時13分

今回のメンバーには、DF石原広教とMF齊藤未月(ともに湘南)、FW田川亨介(鳥栖)、FW安部裕葵(鹿島)のJリーガー4選手を選出。さらに神戸内定のMF郷家友太(青森山田高)、千葉内定のDF杉山弾斗(市立船橋高)、トップチーム昇格が内定しているMF田中陸(柏U-18)、FW原大智(FC東京U-18)、MF藤本寛也(東京Vユース)、MF堀研太(横浜FMユース [全文を読む]

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! J1第27節は柏&神戸から最多2名ずつ!

超ワールドサッカー / 2017年09月25日17時00分

GK 関憲太郎(ベガルタ仙台) DF 西大伍(鹿島アントラーズ) 岩波拓也(ヴィッセル神戸) 水本裕貴(サンフレッチェ広島) 三原雅俊(ヴィッセル神戸) MF 武富孝介(柏レイソル) 伊東純也(柏レイソル) ドゥドゥ(ヴァンフォーレ) 中村俊輔(ジュビロ磐田) FW 河田篤秀(アルビレックス新潟) 田川亨介(サガン鳥栖) [全文を読む]

何ができるのか、見せるチャンスとなったU-18代表候補の“青白戦”。MF山田、CB谷口がゴール

ゲキサカ / 2017年09月06日08時18分

1本ごとにメンバーを入れ替えながら行った11対11のゲームでは、ボールへのかかわりと守備の強みなどを発揮したMF齊藤未月(湘南)とパワフルな突破で相手DFラインに穴を開けたFW田川亨介(鳥栖)のJリーガー2人が際立つ動きを見せていた。 1本目にはFW町野修斗(履正社高)の折り返しからMF山田康太(横浜FMユース)が右足でゴール。3本目にはカットインしたM [全文を読む]

抜群だったMF齊藤未月。U-18日本代表の「スタンダード」引き上げる存在に

ゲキサカ / 2017年09月06日07時18分

99年の早生まれである齊藤は今回、同じ境遇のFW田川亨介(鳥栖)とともにリーダーとしての自覚を持ってU-18代表候補合宿に臨んでいる。 U-18代表の影山雅永監督は「Jも経験しているので自負があるだろうと。(他の選手達と)1学年違うし、Jも経験している。Jで試合に出るだ、この負けたらどうなるんだ、というピリピリ感のあるトレーニングというのをスタンダードにし [全文を読む]

U-18代表のエース候補、FW安藤瑞季は「一番良かった頃のキレを取り戻す」ことに注力

ゲキサカ / 2017年09月05日06時01分

今回のU-18日本代表候補合宿には「ありのまま話せる」という“兄貴分”FW田川亨介(鳥栖)も参加。コンビを組んでストレッチを行うなど早速色々な会話をしていた。自分の試合の応援に駆けつけてくれたこともあるという田川は、「Jリーグで点取って活躍している。見習うところがあります」と目標にもしている存在だ。 その田川は今年5月に開催されたU-20W杯に出場。次回 [全文を読む]

U-18代表候補合宿スタート。FW田川は「何もできなかった」U-20W杯の経験伝え、2年後の雪辱目指す

ゲキサカ / 2017年09月05日05時02分

その中で今回、U-20日本代表として5月のU-20W杯を戦ったFW田川亨介(鳥栖)が、今年2月のスペイン遠征以来となるU-18世代の日本代表合宿に参加した。 その田川はU-20W杯で学んだことを同世代の選手たちに伝えていく義務があると感じている。「伝えていく役目というのがあると思うので、自分が学んできたことを18でも還元できるように、積極的にやっていこうか [全文を読む]

U-18日本代表候補27人が発表!JリーガーはFW田川とMF齊藤、J内定は青森山田コンビら3人

ゲキサカ / 2017年08月30日18時42分

Jリーガーからは5月に韓国で行われたU-20W杯にも出場したサガン鳥栖のFW田川亨介と湘南ベルマーレのMF齊藤未月が選出。この2人に唯一の大学生である法政大の199cmの長身GK中野小次郎が加わり、最年長の99年早生まれは計3人となった。 Jクラブ内定者は3人。ヴィッセル神戸内定のMF郷家友太、モンテディオ山形内定のFW中村駿太の青森山田高コンビに加えて [全文を読む]

鳥栖FW田川亨介らU-18日本代表発表《U-18日本代表候補トレーニングキャンプ》

超ワールドサッカー / 2017年08月30日17時07分

▽今回のメンバーには、サガン鳥栖のFW田川亨介や同日に来季のモンテディオ山形への加入内定が決まった青森山田のFW中村駿太らを招集。U-18日本代表は、2019年に行われるU-20ワールドカップ2019を目指す世代で、10月からAFC U-19選手権2018予選に参加する。 ◆U-18日本代表メンバー GK 中野小次郎(法政大) 早坂勇希(川崎フロンターレ [全文を読む]

広島vs鳥栖 試合記録

ゲキサカ / 2017年07月30日20時27分

【J1第19節】(Eスタ) 広島 0-1(前半0-0)鳥栖 [鳥]趙東建(75分) [広]アンデルソン・ロペス(33分) [鳥]田川亨介(40分)、高橋義希(63分)、趙東建(76分) 観衆:14,974人 主審:扇谷健司 副審:宮島一代、馬場規 [サンフレッチェ広島] 先発 GK 34 中林洋次 DF 40 丹羽大輝 (86分→MF 10 フェリペ・シウ [全文を読む]

U-20代表、痛恨の敗戦…中国に逃げ切り許して首位通過逃す

ゲキサカ / 2017年07月23日19時27分

4-4-2のシステムを採用してGKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右から藤谷壮(神戸)、DF板倉滉(川崎F)、DF中山雄太(柏)、DF舩木翔(C大阪)、ボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF原輝綺(新潟)を並べ、右サイドハーフにMF坂井大将(大分)、左サイドハーフにMF遠藤渓太(横浜FM)、2トップにFW田川亨介(鳥栖)とFW旗手怜央(順天堂大)を配置 [全文を読む]

“Jリーグではなかなか味わえない”完全アウェー…MF高木彰人「のまれることはなかった」

ゲキサカ / 2017年07月22日03時11分

FW田川亨介(鳥栖)は「(カンボジアが)チャンスになっていないところでも沸いていたので、ピンチになっているのかなという錯覚に陥った」と振り返り、高木も「チャンスになる場面もピンチになる場面もワーッと盛り上がっていた」とスタンドから届く声をピッチ上で聞いていた。 押し込む時間帯が続きながらも得点を奪えず、焦れるような展開に。カンボジアを後押しするスタンドから [全文を読む]

「確実に決まったと思った…」 FW田川亨介、決定的ヘッド3発も無念のノーゴール

ゲキサカ / 2017年07月22日02時03分

得点を奪えなかったU-20日本代表FW田川亨介(鳥栖)は悔しさを残したまま、途中交代でピッチを後にすることになった。 最初に訪れたチャンスは前半11分だった。右サイドのMF高木彰人(G大阪)からピンポイントのクロスが届けられるが、ドンピシャのタイミングで合わせたヘディングシュートは相手GKにストップされてしまう。さらに同40分にはFW中坂勇哉(神戸)のクロ [全文を読む]

フォーカス