立田悠悟のニュース

初めまして…代表公式戦デビューのCBコンビDF立田悠悟&DF古賀太陽(4枚)

ゲキサカ / 2017年07月20日07時40分

[7.19 AFC U-23選手権予選 U-20日本 8-0 U-22フィリピン] U-20日本代表は19日、AFC U-23選手権予選第1戦でU-22フィリピン代表と対戦。前半だけで大量5ゴールを奪った日本は、後半も3点加点して8-0の完封勝利を収めた。白星スタートを切った日本は21日にカンボジア、23日に中国と対戦する。 [全文を読む]

明日カンボジアへ出発するU-20日本代表が国内最終調整! ユニバーシアード代表と練習試合で2-2のドロー《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月14日18時39分

(C)CWS Brains,LTD.▽U-20日本代表の先発は、GKに山口瑠伊(エストレマドゥーラUD/スペイン)、最終ラインに右からDF藤谷壮(ヴィッセル神戸)、板倉滉(川崎フロンターレ)、立田悠悟(清水エスパルス)、坂井大将(大分トリニータ)、ダブルボランチに市丸瑞希(ガンバ大阪)と伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、右に森島司(サンフレッチェ広島)、 [全文を読む]

代表でアピールしクラブでの出場機会確保を狙う清水DF立田悠悟「ここで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたら」《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月11日22時19分

▽練習後、トゥーロン国際大会を経てU-20日本代表に招集されたDF立田悠悟(清水エスパルス)が、メディア陣のインタビューに応対。今回の予選を足掛かりにクラブでの出場機会の増加と自身の成長に繋げたいとアピールを誓った。 ◆DF立田悠悟(清水エスパルス) ──選出されたことについて 「U-20ワールドカップのメンバーには選ばれず、その中から選ばれたというのは [全文を読む]

AFC U−23選手権予選に臨むU-20日本代表が発表! U-20W杯&トゥーロン国際大会のメンバーが融合!《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月05日16時25分

また、トゥーロン国際大会に出場していたDF立田悠悟(清水エスパルス)、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)、FW小松蓮(産業能率大)も招集されている。 ▽一方で、FW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)やFW旗手怜央(順天堂大)、DF柳貴博(FC東京)といったどちらの大会にも招集されてにあい選手も含まれている。また、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍したMF堂安律や、FW久 [全文を読む]

「先輩はほとんど初対面で緊張した…」 仲間から刺激受けるU-20代表DF立田悠悟

ゲキサカ / 2017年07月22日17時48分

U-20日本代表に初選出されたDF立田悠悟(清水)は、19日のフィリピン戦で同代表公式戦デビューを飾って貴重な経験を積むだけでなく、ピッチ外でもチームメイトから大きな刺激を受けている。 フィリピン戦(○8-0)に先発フル出場を果たした立田は「国を背負って戦う緊張感はあったけど、自分が『初めて』だからという緊張はなかった。相手のレベルもあったけど、そこまで悪 [全文を読む]

U-20日本代表が好スタート!! フィリピン相手に小松の4得点など8発大勝!!《AFC U-23選手権中国2018予選》

超ワールドサッカー / 2017年07月19日19時27分

右からDF藤谷壮(ヴィッセル神戸)、DF立田悠悟(清水エスパルス)、DF古賀太陽(柏レイソル)、DF坂井大将(大分トリニータ)を配置。中盤はMF原輝綺(アルビレックス新潟)、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)をダブルボランチに、MF三好康児(川崎フロンターレ)、MF森島司(サンフレッチェ広島)が両翼を務める。前線にはFW小松蓮(産業能率大)、FW旗手怜央(順天堂 [全文を読む]

FW小松蓮が4得点の大暴れ!! ゴールラッシュのU-20代表、大量8発で白星発進

ゲキサカ / 2017年07月19日19時21分

4-4-2のシステムを採用する日本はGKに山口瑠伊(エストマドゥーラ/スペイン)、最終ラインは右からDF藤谷壮(神戸)、DF立田悠悟(清水)、DF古賀太陽(柏)、MF坂井大将(大分)、ボランチにMF原輝綺(新潟)とMF針谷岳晃(磐田)を並べ、右サイドハーフにMF三好康児(川崎F)、左サイドハーフにMF森島司(広島)、2トップにFW小松蓮(産業能率大)とF [全文を読む]

2トップは小松&旗手の大学生コンビ!! U-20代表、フィリピン戦先発はフレッシュな顔ぶれ

ゲキサカ / 2017年07月19日17時15分

他にもDF古賀太陽(柏)、DF立田悠悟(清水)、MF針谷岳晃(磐田)などU-20日本での試合経験が少ない選手が先発起用されている。 日本は21日にカンボジア、23日に中国と対戦。グループ首位、そしてグループ2位の成績上位(10チーム中)5チームに与えられる来年1月に中国で行われるAFC U-23選手権出場権獲得を目指す。 [U-20日本代表] 先発 GK [全文を読む]

川崎FのDF板倉滉、ワンランク上の選手になるために「打開力を意識していきたい」《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月14日22時34分

ポジションの修正の遅さであったりとか、この暑さの中でも判断を早くしていかなくてはいけないと思いました」 ──前半はDF立田悠悟(清水エスパルス)、後半はDF古賀太陽(柏レイソル)とセンターバックを組んだが 「基本的に二人とも初めてだったので、コミュニケーションをとりながらやろうと思っていました。もっと自分がカバーしてあげられたら良かったです。初めてで緊張も [全文を読む]

FW田川亨介&FW小松蓮が初ゴール!! U-20代表、FW中野誠也2発のユニバー代表とドロー

ゲキサカ / 2017年07月14日18時28分

U-20日本代表は4-4-2のシステムを採用してGKに山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)、最終ラインは右からDF藤谷壮(神戸)、DF板倉滉(川崎F)、DF立田悠悟(清水)、MF坂井大将(大分)、ボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF伊藤洋輝(磐田U-18)、右サイドハーフにMF森島司、左サイドハーフにMF遠藤渓太、2トップにFW旗手怜央とFW田川亨 [全文を読む]

U-20日本代表が始動! 初日は天皇杯を控えるメンバー除く10人が合流《AFC U-23選手権》

超ワールドサッカー / 2017年07月11日18時12分

GK小島亨介(早稲田大)、GK波多野豪(FC東京)、GK山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)、DF柳貴博(FC東京)、DF舩木翔(セレッソ大阪)、DF立田悠悟(清水エスパルス)、DF古賀太陽(柏レイソル)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)、FW旗手怜央(順天堂大)、FW小松蓮(産業能率大)が初日から参加した。(C)CWS Brains,LTD.▽練 [全文を読む]

[6月21日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年06月21日06時00分

DF立田悠悟(清水、1998)*空中戦とビルドアップの中での長短のパスが持ち味。 Former MFミシェル・プラティニ(元ユベントスほか、1955、フランス)*「将軍」の愛称を持つ元フランス代表主将。 DF大熊清(元東京ガス、1964)*現役時代、東京ガスで主将を務めるなど活躍。現在はC大阪を指揮している。 Other 長谷川 初範(俳優、1955) [全文を読む]

U-19日本代表、イングランドを圧倒もPK2本で惜敗…トゥーロン未勝利のままGL敗退

ゲキサカ / 2017年06月04日23時52分

重要な一戦に日本は前節アンゴラ戦から3人を変更し、DF立田悠悟(清水)とDF田中康介(立命館大)、MF針谷岳晃(磐田)を先発に起用した。 試合は開始30秒でMF伊藤洋輝(磐田U-18)が左足ミドルを放っていくと、前半5分には、左サイドをえぐって佐々木匠(仙台)がシュートを持ち込むなど、日本が主導権を握った。 さらに攻め込む日本は前半16分、右サイドから伊藤 [全文を読む]

伊藤洋輝の鮮やかミドルで先制も…U-19日本は再三の決定機をいかせずトゥーロン初戦はドロー

ゲキサカ / 2017年05月30日09時47分

少ないタッチでパスを回し、相手に的を絞らせない日本は前半31分、針谷のFKからPA左でフリーとなったDF立田悠悟(清水)がヘッドで折り返し、U-20日本代表のトレーニングパートナーだったMF伊藤洋輝(磐田U-18)が飛び込んだが、わずかに届かない。前半終了間際の39分にも安部のポストプレーからPA右に持ち込んだ伊藤が枠内にシュートを放つが、相手GKの好セ [全文を読む]

[SBS杯MOM]静岡ユースDF村松航太(清水ユース)_「ぶっ倒してやる!」という気持ちでU-18代表阻んだ「王国の城塞」

ゲキサカ / 2015年08月15日20時00分

この試合、静岡の最終ライン中央に構えたのは170cmの村松航太と188cmの立田悠悟(共に清水ユース)という凸凹コンビ。U-17日本代表にも招集された期待の大器・立田を村松が操縦するという絶妙な連係でU-18日本代表の攻撃を遮断した。 二人の関係性の基本は「高さのある自分が前でつぶして、(村松)航太くんがカバーする」(立田)というもの。ただ、試合の中では [全文を読む]

[SBS杯]U-18日本代表などに挑戦する静岡ユースメンバー、村松、森下、梅村、旗手ら

ゲキサカ / 2015年08月13日20時54分

以下、静岡ユースメンバー 【スタッフ】 代表:杉山秀幸(富士市立高教) 監督:川口敬則(掛川工高教) コーチ:廿日岩亮(浜松湖南高教) コーチ:伊藤圭佑(オイスカ高教) GKコーチ:羽田敬介(清水エスパルス) 主務:大石知宏(静岡商高教) トレーナー:内山陽介(メディカル・スポーツ・マイスター) 【選手】 1 GK 市川泰成(東海大翔洋高) 2 DF 梅 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]白井バースデーV弾!市立船橋が清水ユースを1-0撃破!

ゲキサカ / 2015年04月26日22時42分

対して清水は主将のCB村松航太(3年)とCB立田悠悟(2年)が1対1で強さを発揮していたのに加えて、平岡宏章監督が「今年は前の選手がスイッチ入れてボールを奪いに行こうよということをやっている」と説明したようにFW白鳥速巳(3年)とFW福井悠陽(3年)から連動したプレスをかけてボールを奪い、ショートカウンターへと持ち込もうとする。 清水はサイドに人数をかけた [全文を読む]

フォーカス