武田拓真のニュース


昨季王者・明治大はFW木戸の“復活弾”など4発勝利、中京大が福岡大下す:1回戦

ゲキサカ / 2017年09月01日22時11分

【1回戦】(9月1日)[キンチョウスタジアム]東海学園大(東海3) 3-1 宮崎産業経営大(九州3)[東]武田拓真(13分=補・渡邉柊斗)、上田泰雅2(73分、86分=補・武田拓真)[宮]モア徳彦(90分+2)関西大(関西4) 1-0 IPU・環太平洋大(中国1)[関]荒木隼人(90分+3=補・塩見仁) [全文を読む]

岡山、東海学園大FW武田拓真の来季加入内定を発表

ゲキサカ / 2017年08月22日15時02分

ファジアーノ岡山は22日、東海学園大のFW武田拓真の来季加入が内定したことを発表した。 クラブを通じて「ファジアーノ岡山という素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてスタートできることを嬉しく思っています。今まで自分に携わってくださったすべての方々への感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くチームに貢献できるよう頑張ります」とコメントしている。 以下、クラブ発 [全文を読む]


[東海]中京大が首位・静産大に2発勝利、東海学園大は脅威の8発快勝!:第11節

ゲキサカ / 2017年06月21日11時37分

MF渡邉柊斗(3年=東海学園高)やMF武田拓真(4年=中央学院高)もゴールを挙げての快勝となった。5戦ぶりの白星獲得で2位をキープ。敗れた名古屋学院大は9位のままとなっている。 常葉大学浜松キャンパスは中部大を2-1で下した。前半9分にMF上田成立(1年=磐田U-18)の右CKからDF長島來雅(4年=静岡学園高)のゴールで先制。同25分にはMF土井智之(2 [全文を読む]

[東海]東園大は今季初黒星…MF武田拓真の先制弾も中京大に逆転許す(16枚)

ゲキサカ / 2017年06月09日13時21分

●第56回東海学生1部L特集 [全文を読む]

[東海]首位・静産大は5連勝!中京大は東海学園大との上位対決に逆転勝利:第9節

ゲキサカ / 2017年06月08日12時45分

試合は前半16分に東海学園大がMF武田拓真(4年=中央学院高)のゴールで先制。しかし後半1分、MF西村仁志(4年=野洲高)のパスからMF西口黎央(2年=興国高)が右足シュートを決め、中京大が同点に追いつく。さらに後半34分にはMF大城佑斗(3年=中京大中京高)の突破から西口がこの日2点目を決め、逆転に成功。そのまま逃げ切った。 勝利した中京大は3戦ぶりの勝 [全文を読む]

[デンチャレ]PK戦制した北海道・東北選抜が3位、全日本は2点ビハインドからの3発で関東B撃破

ゲキサカ / 2016年03月06日13時19分

FW知念慶(愛知学院大3年=知念高)が前半6分に先制点を挙げ、後半41分にはMF武田拓真(東海学園大2年=中央学院高)が追加点。2発完勝を飾った。 この後の13時から決勝戦は行われ、関東選抜Aと関西選抜が戦う。 結果は以下のとおり ▽3月6日 【7・8位決定戦】 [KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園第3競技場] 東海・北信越選抜 2-0 中国・ [全文を読む]

[東海]首位・静産大ら上位陣は軒並み勝利、3位・東園大は圧巻の6発完封:第17節

ゲキサカ / 2017年10月16日21時16分

遠山はこの得点で今季リーグ戦11得点となり、得点ランク首位の東海学園大MF武田拓真(4年=中央学院高)に並んだ。 後半25分、反撃の四日市大は途中出場のFW鈴木一真(3年=聖隷クリストファー高)がクロスを頭で合わせて1-1の同点に。コンスタントに得点を重ねる鈴木一は今季8点目で得点ランク同率4位に躍り出た。同点のまま迎えた同45分、PKを獲得した静産大はF [全文を読む]

ドリブル軍団屈指のテクニシャン、中央学院FW清野「相手が『何もできないな』というような状況にしたい」

ゲキサカ / 2017年10月12日22時17分

同じく中央学院高から東海学園大へ進んだFW武田拓真(4年)が来季の岡山入りを決め、FW榎本大輝(3年)は岐阜の特別指定選手となった。同じルートの先を行く先輩たちを越えることが目標。まずは選手権で自分の力を出し切り、中央学院の勝利に一つでも多く貢献する。 (取材・文 吉田太郎)●【特設】高校選手権2017 [全文を読む]

[東海]順位変動、東園大が痛恨ドローで2位から4位へ…4発快勝の静産大は首位キープ:第15節

ゲキサカ / 2017年10月05日11時59分

前半2分にFW武田拓真(4年=中央学院高)がPKを冷静に決めて先制。しかし前半42分に右CKからのオウンゴールで追いつかれると、後半12分には武田が二度目の警告で退場。得点源を欠いた東園大は追加点ならずに1-1のドロー。後期開幕連勝は3でストップした。 今節の結果により、首位と2差の勝ち点「31」で並んでいた2位から4位の均衡が崩れた。連勝キープの中京大が [全文を読む]

[東海]静産大、打ち合い制し首位守る!東園大は武田&山田のハットで7発大勝:第13節

ゲキサカ / 2017年09月20日09時38分

総理大臣杯8強入りの東海学園大は、FW武田拓真(4年=中央学院高・岡山内定)のハットトリックなど大量7得点で勝利している。 静産大は前半11分、名商大FW重本大弥(3年=生光学園高)の2試合連続ゴールで先制を許すが、同20分にMF佐藤友哉(2年=暁星国際高)が同点弾を決める。直後に再び失点するも、同30分にFW藤田脩人(4年=湖東高)の2試合連続弾で追いつ [全文を読む]

[総理大臣杯]“夏の流経”復権へ!流通経済大がセットプレーからのジャーメイン2発と球際で差をつけ、準決勝進出!

ゲキサカ / 2017年09月08日14時07分

後半にはパス交換からMF武田拓真(4年=中央学院高、岡山内定)が左足シュートへ持ち込んだほか、MF榎本大輝(3年=中央学院高)の強引なドリブル突破が幾度か相手の中盤の守りを破っていた。 それでも流経大は中野雄二監督が言う「(球際の攻防で)30cmのところを深く(懐へ)入る」部分やセカンドボールを絶対に先に足に当てるという部分で東海学園大との差を生み出す。 [全文を読む]

東海学園大が順大撃破!阪南大は熱戦制す、筑波大はMF戸嶋2発で中京大に逆転勝ち:2回戦

ゲキサカ / 2017年09月04日23時09分

前半32分にMF武田拓真(4年=中央学院高)、同アディショナルタイム1分にはFW榎本大輝(3年=中央学院高)が追加点。後半5分に1点を返されたが、2-1で逃げ切り、準々決勝進出を決めた。 流通経済大(関東5)は関西大(関西4)を2-0で下した。ユニバーシアード日本代表のDF小池裕太(3年=新潟ユース)とMF守田英正(4年=金光大阪高)が先発で、FWジャーメ [全文を読む]

[デンチャレ]東海・北信越選抜メンバー

ゲキサカ / 2016年03月03日23時54分

メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:渥美昭吾(四日市大) コーチ:加藤知弘(静岡産業大) コーチ:田中泰裕(新潟医療福祉大) トレーナー:佐戸惇(東海学園大) 総務:高橋歩睦(中京大) 【選手】 ▽GK 1 臼井健一郎(常葉大学浜松キャンパス3年=岐阜工高) 12 佐藤郁也(新潟大3年=新潟明訓高) ▽DF 2 水野隼人(中京大3年=野洲高) 3 [全文を読む]

[デンソーカップチャレンジ]“桐光のディ・マリア”橋本、15年「NIKE MOST WANTED」“日本代表”渡辺らが東海・北信越大学選抜に

ゲキサカ / 2016年01月16日16時10分

メンバーは以下のとおり 【スタッフ】 監督:渥美昭吾(四日市大) コーチ:加藤知弘(静岡産業大) コーチ:田中泰裕(新潟医療福祉大) トレーナー:佐戸惇(東海学園大) 総務:高橋歩睦(中京大) 【選手】 ▽GK 臼井健一郎(常葉大学浜松キャンパス3年=岐阜工高) 三輪和希(愛知学院大2年=浜松開誠館高) 佐藤郁也(新潟大3年=新潟明訓高) ▽DF 水野隼 [全文を読む]

[東海1部]常葉大浜松は逆転勝利で首位キープ、4発快勝の愛知学院大が2位浮上:第13節

ゲキサカ / 2015年10月05日12時39分

第54回東海学生サッカーリーグ戦1部 【第13節】(10月3日) 中京大 1-2 岐阜経済大 [中]橋本裕貴(10分) [岐]谷口海斗2(30、75分) 愛知学院大 4-0 中部大 [愛]砂井翔太2(29、34分)、有瀬匠馬(67分)、水谷侑暉(79分) 常葉大浜松 2-1 静岡産業大 [常]藤田将(45+2分)、鈴木将馬(83分) [静]小寺将意(10分 [全文を読む]

フォーカス