野田義治のニュース

汗だくハーフ美女が悶絶しながらパンチラ! セクシーハプニングにファン大喜び

メンズサイゾー / 2017年03月21日17時15分

14年のデビュー時には、「野田義治の秘蔵っ子」と話題になった岡田。90年代後半の巨乳グラドルブームの火付け役として知られる野田義治(70)がイチオシした彼女は、当然ながらグラビア界で注目され、瞬く間に知名度を上げた。しかし最近の彼女は、リポーターを担当する『王様のブランチ』(TBS系)でお茶目な姿でファンを喜ばせるものの、グラビア活動は控えめ。こうした現 [全文を読む]

野田義治氏が述懐 細川ふみえの独特の母性

NEWSポストセブン / 2016年12月03日07時00分

元イエローキャブ社長として芸能界に革命を起こした野田義治氏(現・サンズエンタテインメント・プロデューサー)。堀江しのぶ亡き後のイエローキャブを支えた“長女”がかとうれいこなら、“次女”は細川ふみえだ。 「細川はどちらかというとロリ顔だけど、独特の母性が醸し出されているなと思いました。胸のボリュームもしっかりあったけど、今まで会ったことがない雰囲気が印象的で [全文を読む]

野田義治氏 反抗するアイドルに水着を着させる方法

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

元イエローキャブ社長として芸能界に革命を起こした野田義治氏(現・サンズエンタテインメント・プロデューサー・70歳)。雛形あきことの出会いは、アイドル雑誌で中学2年生の彼女を見かけたことがきっかけだった。すぐに所属先の児童劇団に連絡したが、あえなく断わられた。2年後、今度は写真集で彼女を目にし、野田氏が見出した堀江しのぶやかとうれいこと同じ匂いを感じた。今度 [全文を読む]

野田義治氏「世間が受け入れてくれた」と確信した瞬間

NEWSポストセブン / 2016年12月01日16時00分

1988年秋、元イエローキャブ社長の野田義治氏(現・サンズエンタテインメント・プロデューサー)がグラビア誌をチェックしている最中に目が釘付けになったのが20歳のかとうれいこだった。すでに別の事務所の所属だったが、交渉の末、イエローキャブに移籍することになった。短大卒業を待ってクラリオンガールに応募させると見事に優勝した。 「かとうは胸囲は小さいかもしれない [全文を読む]

巨乳グラドル軍団復活か?イエローキャブ、ブランド再起を宣言

Walkerplus / 2016年11月30日21時53分

野田義治元社長の退陣以降、経営悪化、2015年2月に自己破産とその名は一時の輝きを失っていたが、このたび別会社である株式会社イエローキャブプラスがライセンス取得を改めて正式発表。「イエローキャブ」ブランドの再起を宣言した。 イエローキャブは、1980年に黒澤久雄によって創設された「黒澤プロモーション」を前身とする芸能事務所。1988年に野田義治元社長が現在 [全文を読む]

野田義治氏 堀江しのぶとの破天荒な二人三脚

NEWSポストセブン / 2016年11月30日07時00分

「胸が大きい女は売れない」という芸能界の常識を覆し、巨乳を武器に雑誌グラビアから女優やタレントを育て上げるビジネスモデルを開発した元イエローキャブ社長・野田義治氏(70)。彼はいかにして芸能界に革命を起こしたのか──。「うちの子たちには『自分のことを“グラビアアイドル”なんて言ったら承知しないぞ』と言ってます。グラビアはあくまで夢を叶えるために名前と顔を覚 [全文を読む]

「胸がデカイだけじゃ売れない!」 サンズ・野田会長が振り返る巨乳グラドル秘話

週プレNEWS / 2015年04月30日00時00分

1990年から始まった“巨乳ブーム”の仕掛け人、野田義治サンズ会長にこれまで輩出してきた巨乳グラドルと巨乳の魅力を語ってもらった! ―巨乳を戦略的に売り出したきっかけはあるんですか。 野田 いや、何もないよ(笑)。たまたまスカウトしたコが巨乳だったり、あるいは紹介してもらったコが巨乳だったという、それだけなんです。 ―へぇ~。 野田 ただ、確実に言えること [全文を読む]

「胸がデカイだけじゃ売れない!」 サンズ・野田会長が振り返る巨乳グラドル秘話

週プレNEWS / 2015年04月30日00時00分

1990年から始まった“巨乳ブーム”の仕掛け人、野田義治サンズ会長にこれまで輩出してきた巨乳グラドルと巨乳の魅力を語ってもらった! ―巨乳を戦略的に売り出したきっかけはあるんですか。 野田 いや、何もないよ(笑)。たまたまスカウトしたコが巨乳だったり、あるいは紹介してもらったコが巨乳だったという、それだけなんです。 ―へぇ~。 野田 ただ、確実に言えること [全文を読む]

サンズ・野田義治10年ぶりのプロデュース!有名人にもファン多数 2013年ブレイク必至!元OLのFカップグラドル「亜里沙」、セクシーな“UL・OSお姉さん”になって男の肌を救う!

PR TIMES / 2013年08月06日15時09分

2012年にデビューした亜里沙は、数々の伝説的なグラビアアイドルを育て上げてきたサンズエンタテインメント会長の野田義治が、8年ぶりにスカウトしたグラビアアイドル。抜群のスタイルと甘いルックスを兼ね備え、さらにデビューにあたっては野田義治が自ら10年ぶりとなるプロデュースを手掛けたことで、グラビア界の期待の新人として注目を集めています。おっとりとした見た目に [全文を読む]

語っていいとも! 第40回ゲスト・MEGUMI「女郎系ですよ(笑)演じる役もみんな女っぷりがいいというか…」

週プレNEWS / 2017年05月21日12時00分

―そこでやっぱり社長(当時のイエローキャブ、野田義治氏)の見抜く目というか、見てくれだけじゃなく中身で「こいつ、性根据(す)わってんな」とか「度胸あるな」って見極めも鋭かったんでしょうね。 MEGUMI それはやっぱね、性根が据わった巨乳が好きなんですよ。気合い系巨乳好きな人なんで(笑)。 ―はははは(笑)。 MEGUMI ナヨナヨしてるのとかはたぶん、 [全文を読む]

語っていいとも! 第40回ゲスト・MEGUMI「水着でバンジーした女とか地球上に何人いるんですか!?」

週プレNEWS / 2017年05月14日12時00分

MEGUMI 「歌手になりたい」っていうのは社長(当時のイエローキャブ、野田義治氏)に言ってたんですけどね。ウチはホントにすごい、まぁ他の事務所にないぐらい「明後日からバラエティやるから」っていうノリなんです。「マネージャー行かないけど、何時にTBSでなんとかの番組だから」「えー!!」みたいな。で、行かされるっていう。 今思えば、度胸も付きますし、割と育 [全文を読む]

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(13)小池栄子VS佐藤江梨子…イエローキャブの内紛ヒストリー

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時59分

ところが、野田義治社長に司会の仕事などを与えられると、たちまち後輩をイジメるような態度になった」 山田に「元ヤン疑惑」が報じられると、先輩をつかまえて「私より雛形さんのほうがよっぽど怖い」と言ってしまったのだ。 そんな山田の直近の後輩が小池栄子と佐藤江梨子である。グラビアブームを支えた2大ヒロインではあるが、とにかくソリが合わない。「これにMEGUMIを加 [全文を読む]

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア

アサ芸プラス / 2017年01月13日12時57分

のちにイエローキャブを率いて巨乳王国を築く野田義治社長は、そのポスターを「全てのグラビアアイドルの手本」と公言する。 烏丸は15年、週刊アサヒ芸能のインタビューで当時をこう振り返っている。「日本だけじゃなく、アメリカ版の『PLAYBOY』にも写真が載ったと聞いて驚いたな。ただ、当時のマスコミが『おっぱいおっぱい!』って言うのは、うるさいなと思ったよ」 さ [全文を読む]

伝説のグラドル・堀江しのぶの未発表写真を発掘公開! 早すぎる死の直前に届いた手紙にあった“最後の言葉”

週プレNEWS / 2016年12月08日16時00分

それでクラリオンガールの最終選考に残ったところ、野田さん(元イエローキャブ、現サンズエンタテインメント会長の野田義治氏)と知り合って。そこからグラビアを中心に仕事するようになったんです。そうしたらすぐ人気者になっちゃった。 デビューして最初の頃はたくさんのグラビアに出ていましたけど、将来は女優になりたいとよく言ってました。そのために休みも取れないくらい毎日 [全文を読む]

山田まりや、美くびれ披露で称賛の声が殺到! “下町に巨乳多い”説で足立区界隈がざわつく?

おたぽる / 2016年10月17日19時00分

ただ、山田は、今年7月に放送された『旅ずきんちゃん』(TBS系)に出演した際、現役時代、グラビア活動に対する世間の偏見を気にして、早く辞めたいと思っていたことを告白していただけに、グラビア復帰は難しいかもしれませんね」(芸能関係者) その『旅ずきんちゃん』で、元・イエローキャブ社長の野田義治がどこでタレントをスカウトしていたのか、という話題になった時、「意 [全文を読む]

「17歳とは思えない色気」現役JKグラドル・早乙女ゆう、正統派黒髪美少女として人気急上昇

メンズサイゾー / 2016年08月30日18時30分

かつてグラドル軍団「イエローキャブ」の名物社長として世に巨乳ブームを巻き起こした野田義治氏(現サンズエンタテインメント会長/70)が、イチ押しの美少女として売り出しているのが早乙女なのだ。 早乙女は中学2年生の時に雑誌「JUNON」(主婦と生活社)が初プロデュースしたガールズコンテストでベスト30に入ったことをきっかけに野田会長にスカウトされ、2013年に [全文を読む]

雛形あきこのスキューバ姿に「ビキニは?」「サービス不足」の声 16歳長女グラビアデビューに期待の声も

おたぽる / 2016年08月13日09時00分

雛形は、人気巨乳グラビアモデルが数多く在籍し、かつて一世を風靡していた芸能事務所・イエローキャブの中でも、社長の野田義治が自宅に押し掛けてまで獲得に乗り出したという逸材なだけに、グラビアデビューするや否や、推定Eカップの巨乳や、その巨乳を前面に押し出すために考案された、胸を寄せて前かがみになる“雛ポーズ”、さらに、今では珍しくなくなった女豹ポーズを広める [全文を読む]

雛形あきこ、久々の水着姿に「さすがレジェンド」の声! “雛ポーズ“まで披露する現役感に驚愕

メンズサイゾー / 2016年08月12日16時30分

だが、その抜群の素材にイエローキャブ(当時)の野田義治社長(70/現サンズエンタテインメント会長)が目をつけ、電話帳で「雛形」という珍しい名字を探して自宅に押し掛けるという強引な手法でスカウト。そこまで野田社長に「ほしい」と思わせた逸材なだけあって瞬く間にグラビア界のトップスターとなり、当時のイエローキャブが隆盛する原動力にもなった。 効果的にバストを強調 [全文を読む]

「(彼氏が)いないわけはない」 元祖グラビアクイーン・かとうれいこ、人気絶頂時の恋愛事情を告白

メンズサイゾー / 2016年07月22日17時00分

その後、巨乳タレントの仕掛人と呼ばれる芸能事務所・イエローキャブの野田義治社長(当時)に出会い、彼の秘蔵っ子としてデビューすることになった。 正統派な顔立ちと見事なプロポーションで瞬く間に売れっ子の仲間入りを果たしたかとうは、90年代に巻き起こった"巨乳旋風"の立役者として活躍。バラエティやドラマに引っ張りだことなり、寝る間もない日々を過ごした。だが、トッ [全文を読む]

多数グラドル撮影の写真家「2人で食事したのは4人だけ」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

きっかけは、グラビア界で一時代を築いた野田義治社長率いる「イエローキャブ」の巨乳アイドルたちだった(以下、「」内は山岸氏)。 「野田さんは、私の都合などお構いなしで、スカウトした女の子を次々と僕のところに連れて来て、とにかく撮ってくれと。その後人気の出た子だけでなく、デビューしなかった子まで含めれば彼の依頼で150人くらいは撮っているはずです」 当時、中学 [全文を読む]

フォーカス