中村暁のニュース

宝塚歌劇 宙組東京宝塚劇場公演『王妃の館 -Chateau de la Reine-』『VIVA! FESTA!』千秋楽 ライブ中継 開催決定!

PR TIMES / 2017年03月14日17時19分

スーパー・レビュー『VIVA! FESTA!』は、演出家・中村暁による世界各地のFESTA(祭り)をテーマに、エネルギッシュにお届けする新作レビューです。ダイナミックなダンスに加え、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』を経てさらに歌唱力にも磨きがかかるトップスター・朝夏まなとを中心に、パワー漲る宙組がお届けする公演の千秋楽ライブ中継がお楽しみいただけ [全文を読む]

早春の底冷えを癒すホットな一椀!京都「上七軒 ふた葉」のカレーうどん【京都うまいもん巡り第7回】

サライ.jp / 2017年02月17日11時30分

文・写真/中村暁 京都「上七軒」、そこが日本最古の花街だと知る人は意外と少ない。 北野天満宮東門へ続く300m余りの極く短い通りには、お茶屋、和菓子、漬物屋、割烹、仕出し屋、洋食屋などが並び、一角には上七軒歌舞練場もある。 さかのぼること430年前の天正15年(1587)のこと、豊臣秀吉が北野大茶会を催したおり、この門前の七軒茶屋が秀吉の休憩所となった。そ [全文を読む]

この香りと痺れがたまらない!京都「長文屋」謹製の極上粉山椒 【京都うまいもん巡り第6回】

サライ.jp / 2017年01月27日11時30分

[caption id="attachment_130893" align="alignnone" width="700"] 長文屋謹製の「石臼挽粉山椒」(小 410円、大 770円)、「七味」(さじ売りで小匙5杯340円~、山椒多めなどは割増となる)※価格は税込み[/caption] 文・写真/中村暁 京都人の山椒好きのことは前にも書いたが、私が知る限り [全文を読む]

京都伝統の「ご飯の供」!『京くらま廣庭』の木の芽煮(きのめだき)【京都うまいもん巡り第5回】

サライ.jp / 2016年11月15日11時30分

文・写真/中村暁 よく「名物に旨いものなし」と言われる。だが今回ご紹介する鞍馬名物の「木の芽煮」(きのめだき)は、そんな定説をくつがえす伝統のお総菜である。山椒好き、昆布好きで知られる多くの京都人が常備菜としている、とても馴染み深いひと品だ。 鞍馬山・由岐神社の門前に店を構える廣庭商店は、木の芽煮では京都でも一、二を争う歴史を持つ老舗である。「元祖 木の芽 [全文を読む]

牛肉好きにはたまらない弁当!京都『お肉の大川』の黒毛和牛のてりやきごはん【京都うまいもん巡り第4回】

サライ.jp / 2016年10月27日11時30分

[/caption] 文・写真/中村暁 前回(「京の街中で味わえる抜群に旨いコロッケ!北野『山田コロッケ』の黒毛和牛コロッケ」)に引き続き、今回も気軽にテイクアウトできる京都の旨い店を紹介しよう。 京都人はとにかく牛肉が好き。年間消費量が全国1,2を争うほどで、だから京都で「肉」といえば「牛肉」を指す。これは優良な産地が近く、近江、但馬、松阪などブランド牛 [全文を読む]

食べ頃フルーツてんこもり!京都『クリケット』のフルーツサンド【京都うまいもん巡り第1回】

サライ.jp / 2016年09月22日11時30分

京都のうまいもんを知り尽くした日本文化プロデューサー・中村暁さんが、普段使いのお店や食材たちを紹介する新連載。今回ご紹介いただくのは、会席料理でもおばんざいでもなく、この美味しそうなフルーツサンドです。 [caption id="attachment_90550" align="alignnone" width="700"] クリケットの「フルーツサンド」 [全文を読む]

宝塚歌劇100周年夢の祭典 『時を奏でるスミレの花たち』ライブ中継決定!

PR TIMES / 2014年02月14日18時10分

宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』総指揮/小林公一 監修/植田紳爾構成・演出/石田昌也、中村暁、中村一徳、木村信司【出演者】<卒業生>(1)4月4日(金)18時~八千草薫、寿美花代、有馬稲子、眞帆志ぶき、朝丘雪路、加茂さくら、八汐路まり、甲にしき、古城都、郷ちぐさ、鳳蘭、大地真央、剣幸、日向薫、紫苑ゆう、こだま愛、安寿ミラ、毬藻えり、 [全文を読む]

フォーカス