齋藤裕のニュース

間違いだらけの参考書選び。そうなる前に守るべき7つのポイント

まぐまぐニュース! / 2017年03月24日17時00分

そんな悩みを抱えるお子さん・親御さんにアドバイスをくださるのが、無料メルマガ『齋藤裕一の「教育力」と「勉強力」 ~ココだけのリアル話~』。現役家庭教師の先生が、参考書選びに失敗しないための「7つのポイント」を紹介しています。 問題集・参考書の選び方 現在非常に多くの問題集・学習参考書が出版されています。「どれがいいんだろう…?」と悩んだ結果、とりあえず目に [全文を読む]

家庭教師が断言。受験の夏まで部活をしていた生徒は合格しやすい

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日14時00分

早いうちに部活を引退し、受験勉強一本に絞ったほうがいいのでは、と考えてしまいがちですが…、そんな思いを断ち切ってくれるのが、今回の無料メルマガ『齋藤裕一の「教育力」と「勉強力」 ~ココだけのリアル話~』に書かれている内容。現役家庭教師の先生が、「部活動を続けたほうがいい理由」を記しています。 受験勉強は必ず役に立つ こんにちは! 金子@LFL公認学習アドバ [全文を読む]

ゲームばかりで勉強しない…プロが教える反抗期の子供を説得する方法

まぐまぐニュース! / 2016年06月20日10時00分

無料メルマガ『齋藤裕一の「教育力」と「勉強力」 ~ココだけのリアル話~』では、プロの家庭教師である齋藤裕一さんが、読者からの質問に答える形で解決法を示しています。 子が勉強せず、パソコンやゲームばかりなので、強制的に撤収しようと思うのですが… 今日は、先日いただいた高1生のお母様からのご相談メッセージにお返事させていただければと思います。この相談は、よくあ [全文を読む]

予備校選びに失敗しないたった2つの基準

まぐまぐニュース! / 2015年08月13日09時37分

そんな方に読んでいただきたいのが無料メルマガ『齋藤裕一の「教育力」と「勉強力」 ~ココだけのリアル話~』の今回のコラム。カリスマ家庭教師が講座選びのポイントについてレクチャーしています。ぜひ参考になさってください。 予備校講座選びのポイント 「どの講座を取ったらよいでしょうか。」 保護者の方やお子さんからこのようなご相談をいただいています。そこでこのコラム [全文を読む]

勉強で「正解する喜び」を覚えた子どもは、中学・高校で挫折する

まぐまぐニュース! / 2015年08月05日07時00分

ところが、その“楽しさ”を単純に“正解すること”という風に仕向けると、子どもの勉強への興味は徐々に失われていくと、無料メルマガ『齋藤裕一の「教育力」と「勉強力」 ~ココだけのリアル話~』の著者・齋藤裕一さんは警鐘を鳴らしています。 勉強する楽しさとは? 「楽しく勉強してほしい!」 よくこのようなご要望をいただくことがあります。そこでこのコラムでは楽しさにつ [全文を読む]

守屋茜(欅坂46)が登場の「スキンケア」企画。監修美容家の恐るべき才能とは…【6月号撮影裏話】

Woman Insight / 2017年04月27日16時00分

\欅坂46の守屋 茜さん初登場です♡/ 「CanCam」2017年6月号164ページより 撮影/齋藤裕也(t.cube) ■守屋茜が登場した「スキンケア」企画を監修した美容家の恐るべき才能とは… そんな美容家・水井先生は、担当エディターもビックリするような才能をお持ちでした! 「企画の中でお世話になったトータルビューティアドバイザー・水井先生ですが、なん [全文を読む]

田中康夫さん、運転しない人の「ゴールド免許」交付を批判…現行制度は妥当なのか

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月03日10時44分

齋藤裕弁護士に聞いた。●「ゴールド免許保持者の事故率が低いとは、必ずしもいえない可能性がある」「たしかに、ゴールド免許制度の合理性には疑問があります」齋藤弁護士はこのように指摘する。どういうことだろうか。「警察庁が運転免許証の更新制度に関しておこなった調査によると、1998年1年間に運転免許を更新した人のうち、優良運転者(ゴールド免許保持者)は約47.6パ [全文を読む]

「働き方改革」病気治療と労働の両立が課題に…どんな法整備が必要なのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月28日10時10分

齋藤裕弁護士に話を聞いた。 ●どんな対策が求められる? 「現状、病気治療中の社員や、休職あけに復職した社員の働き方について定めた法律はありません。 しかし、厚生労働省の『治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン』では、例えば労働者が入院等により休業を要する場合には、職場復帰プランを作ることが望ましいなどとしています。労働者としては、これを使って、職場に [全文を読む]

「台風」被害に警戒、もし看板が落下してケガしたら、ビル側の責任を問える?

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月29日10時09分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●台風で看板が落ちることは「欠陥」といえるのか? 「建物の一部が崩れ落ちるなどして通行人にケガをさせたような場合について、民法には『工作物責任』という規定が定められています(民法717条)。 この規定では、土地の工作物(建物など)の設置または保存に瑕疵(欠陥)があることによって、他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者あるいは所 [全文を読む]

「ポケモンGO」大人気で社会問題化、法的にどうなの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月14日10時30分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●過失傷害罪、住居侵入罪、威力業務妨害罪・・・ 「もし、ポケモンを探すため、歩きスマホをしていて人にぶつかり、ケガをさせた場合、損害賠償の対象となる可能性があります。ケガの程度などによっては、過失傷害罪(刑法209条、30万円以下の罰金等)等に処せられる可能性もあります。歩きスマホは事故につながる危険性の高い行為ですから、それ以外の [全文を読む]

飲食店の学生バイトが部活仲間に「8割引」で提供して処分…大盛り程度なら問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月01日10時37分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●ポイントは「盛り付けの基準」の有無 「今回の件は、背任罪に該当する可能性があります。法定刑は5年以下の懲役または50万円以下の罰金です。背任罪を規定した刑法第247条では、『他人のためにその事務を処理する者』が、第三者の利益を図るなどの目的で任務に背く行為を禁止しています。 民事上も、学生らは『債務不履行』あるいは『不法行為』とし [全文を読む]

「ツタヤ」がマイナンバー通知カードを本人確認に使用、どんな法的問題があるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月27日16時24分

今回の件については、マイナンバー違憲訴訟新潟弁護団の齋藤裕弁護士が1月25日、新潟県に対して、改善を求める申し入れをしている。法的にどのような問題があるのか、齋藤弁護士に聞いた。 ●店員が簡単にマイナンバーを目にすることができる 「マイナンバーは、いったん外部に漏れると、それをキーに個人情報が集積され、悪用される危険性があります。そのため、マイナンバー法 [全文を読む]

「ケーキは好き?」子どもと会話して情報を蓄積する「AIバービー」法的に問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2015年12月21日11時17分

プライバシー、個人情報の問題に詳しい齋藤裕弁護士に聞いた。 ●個人を特定できないような情報であれば、蓄積しても問題ないが・・・ 「会話データが個人を特定することができないような形で蓄積される場合、法的には特段の問題はないと考えます」 齋藤弁護士はこのように指摘する。では、個人が特定できるようなデータを蓄積した場合は、どう考えればいいだろう。 「その会話デー [全文を読む]

橋下市長「給与返還訴訟」で市民団体が敗訴ーー争点となった「職務専念義務」とは?

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月31日10時22分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●ほかに仕事を持つ人も立候補できる 「地方公務員法35条は『地方公務員は原則として職務専念義務を負う』としています。これは、その勤務時間および職務上の注意力のすべてを、職務遂行のために用いなければならず、また、その地方公共団体がなすべき職務にのみ、従事しなければならないということです。 ところが、地方公務員法4条は『地方公共団体の首 [全文を読む]

家族の絆を促す「夫婦控除」は「憲法の趣旨に反する」 弁護士が自民特命委の提言批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年09月15日10時52分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●特定の価値観で、結婚している人とそうでない人を区別する制度 「法律婚が望ましいという立場に立てば、『夫婦控除』制度は、法律婚を促すというメリットはあるかもしれません。しかし、『夫婦控除』制度には、憲法との関係で問題がありうると思います」 どんな点が問題なのだろうか。 「憲法24条は、『婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立』すると定 [全文を読む]

不倫サイトの「会員情報」流出で「離婚」になったら・・・運営会社の責任はどうなる?

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月02日10時16分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●「プライバシーとして保護される情報といえる」 「そもそも、『不倫をしようとしていた』という情報は、プライバシーとして保護されるものだと考えます」 齋藤弁護士はこう切り出した。どうしてそういえるのだろうか。 「プライバシーについては、さまざまな定義がなされます。たとえば、東京地裁2006年5月23日判決は『他人に知られたくない私的な [全文を読む]

元カレの妻に「尾行」されて携帯番号を聞かれた! こんな「浮気調査」はアリなの?

弁護士ドットコムニュース / 2015年05月09日12時20分

齋藤裕弁護士に聞いた。 ●「尾行」が適法になるケースも 「公道などにおいて、個人の情報を収集することは、プライバシー権の侵害になる可能性があります。たとえば、公道に設置された監視カメラによる撮影を違法とした裁判例もあります(大阪地裁平成6年4月27日判決)。 こうした裁判例の基準に照らすと、個人を尾行して、個人情報を聞き出そうとする行為も、プライバシー権の [全文を読む]

地域と連携した新しいエネルギーのあり方が川南町から生まれます!「太陽経済 かわみなみ会議」を開催

PR TIMES / 2015年04月30日15時22分

【開催概要】会期: 2015年5月18日(月)13:00~15:30 (受付開始:12:30~)会場: ホテル「竹乃屋」 (宮崎県児湯郡川南町川南13675)主催: 一般社団法人 太陽経済の会共催: 川南町後援: 宮崎県(調整中)、農林水産省、女性未来農業創造研究会定員: 最大300名テーマ: 「川南町をはじめとする宮崎県内の各市町村の発展と地域エネルギー [全文を読む]

姜尚中「学長」が突然辞任・・・学生が「入学辞退」したら学費を返してもらえるの?

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月27日11時26分

●3月31日までに入学辞退すれば「授業料」は戻ってくる?「入学の動機等に関係なく、授業料等については、3月31日までに入学辞退をした場合は、消費者契約法9条1号の規定により返還してもらえる可能性があります(最高裁平成18年11月27日判決)」こう指摘するのは、齋藤裕弁護士だ。大学入試では何校かを併願する学生が多いはずだが、本命・滑り止めともに合格した場合、 [全文を読む]

都会の共働き夫婦が長野で見つけた“自分たちらしい暮らし方”

WEB女性自身 / 2015年02月23日07時00分

おととし、長野県安曇野市の山あいに移住したのは齋藤裕二さん、昌世さん夫婦(ともに33)。 神奈川県出身の裕二さんは新橋でマーケティングを担当するサラリーマン。静岡県出身の昌世さんも理学療法士として働き、都内で暮らす典型的な「都会の共働き夫婦」。それが、いまでは信州にある「穂高養生園」の住み込みスタッフだ。 同園は、自然豊かな環境で、体に優しい食事やヨガなど [全文を読む]

フォーカス