河合航のニュース

チーム紹介:京都橘高(京都)

ゲキサカ / 2017年01月01日23時36分

第95回全国高校サッカー選手権 京都橘高(京都) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 京都橘高関連ニュース 京都橘高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 0-1 市立船橋高(千葉)■出場回数 5年連続6回目■過去の成績 準優勝(12年度)■その他、過去の主な全国大会成績 全国高校総体出場3回、プレミアリーグWEST出場■監 [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]履正社と関西大一はスコアレスドロー、野洲は草津東との打ち合い制す:第4節

ゲキサカ / 2017年04月29日21時51分

試合はなかなかスコアが動かなかったが、後半29分にMF吉田宗太郎が均衡を破ると、FW輪木豪太とDF河合航希も続き、京都橘が2試合ぶりの白星を飾った。 野洲高と草津東高の“滋賀対決”は壮絶な打ち合いとなった。野洲が高取誠隆の先制点などで前半を3-1で折り返したが、草津東が上野広人の2点目、毛利拓未が同点ゴールを決め、3-3と試合を振り出しに戻す。しかし、野洲 [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:京都橘高(京都)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時55分

第94回全国高校サッカー選手権 京都橘高(京都) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 京都橘高関連ニュース ▼全国大会日程 1回戦 vs尚志高(福島)■出場回数 4年連続5回目 ■監督 米澤一成 ■主将 DF小川礼太 ■今季成績 [総体](府4強) 準決勝 0-1 東山高 [リーグ戦] プレミアリーグWEST10位(4勝1分 [全文を読む]

岩崎悠人が卒業した今年も「絶対に」全国切符を獲る。新生・京都橘が5ゴールで京都8強入り

ゲキサカ / 2017年05月15日12時18分

京都橘は序盤からボランチの梅津凌岳(3年)や左SB河合航希(3年)を中心に流れるようなパスワークで試合の主導権を握ったが、梅津が「相手を押し込んでも、ゴール前で崩し切ることができなかった。もうちょっとサイドが積極的に崩しに行くべきだった」と振り返ったように、シュートまで持ち込めず。深い位置まで攻め込んでも、DF中井優作(3年)らを中心にゴール前を固めた洛南 [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]近大附や京都橘、選手権4強の東海大仰星などが白星発進:第1節

ゲキサカ / 2017年04月12日17時09分

以下、第1節結果と第2節日程(予定) 【第1節】 (4月9日) [J-GREEN堺 S2] 近大附高 4-2 奈良育英高 [近]平川尚(21分)、鈴木風光(40分)、尾山海斗(75分)、河村慶人(81分) [奈]瀧本秀介(37分)、丸西陽也(54分) 東海大仰星高 2-0 草津東高 [東]尾花優太(50分)、西田幸誠(76分) [J-GREEN堺 S5] [全文を読む]

[新人戦]「少しずつ今年らしさが出てきた」岩崎卒業の京都橘、目指すはチーム全体での崩し

ゲキサカ / 2017年02月20日07時39分

それでも、16分にはエリア左でFKを獲得すると、MF河合航希(2年)がゴール前に入れた浮き球を松下が頭で叩き込んだ。 喜びも束の間の19分には危ない場面が訪れた。大谷は中央でFW大森天斗(2年)のポストプレーを受けた河合充(1年)が左へパスを通すと、MF池田龍生(1年)がドリブルでDFをかわしてゴール前に出る。京都橘はGK高木上総介(2年)が飛び出し、突破 [全文を読む]

[選手権予選]最後の代表校は京都橘に決定!全国初戦で市立船橋との注目対決!!:京都

ゲキサカ / 2016年12月02日20時47分

また、21分にはFW篠永雄大(1年)の落としから岩崎が左足を振り抜き、39分にはワンツーからMF河合航希(2年)が右足シュートを放つなどプレッシャーをかけるが、サイドまでボールを運びながらもクロスや中央での崩しの精度を欠いたり、単調な攻撃になってしまう部分もあって相手ゴールを破ることができない。 [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]首位・阪南大高が快勝で無敗キープ、2位・履正社は野洲に4-5で敗れる:第11節

ゲキサカ / 2016年08月28日16時33分

【第11節】(8月20日) [J-GREEN堺] 大阪桐蔭高 2-2 金光大阪高 [大]菊井悠介(53分)、西矢健人(90分+2) [金]奥村太郎(15分)、オウンゴール(69分) [J-GREEN堺] 和歌山北高 0-6 京都橘高 [岩]岩崎悠人3(28、70、82分)、河合航希(38分)、輪木豪太(44分)、篠永雄大(50分) [J-GREEN堺] [全文を読む]

[総体]高校No.1FW岩崎は2回戦で姿消す…日本航空が初の全国16強

ゲキサカ / 2016年07月28日19時41分

ところが、京都橘は3人目のMF河合航希(2年)がGK高橋正也(3年)に止められ、4人目の梅津はクロスバーに当ててしまう。残り4人全員が成功した日本航空が逆転に成功。最後はGKの高橋が決め、PK4-3で勝った。 7年ぶり2度目の全国総体で初の3回戦進出を決めた日本航空は、選手権を含めても全国で初のベスト16。難敵に競り勝って、新たな歴史を切り開いた。29日の [全文を読む]

[総体]注目FW岩崎が全国初ゴール!主役、「陰で戦う選手」も活躍の京都橘が難敵・岡山学芸館沈める

ゲキサカ / 2016年07月27日23時26分

(攻撃面でも)落ち着きを与えてくれた」と賞賛した左SB河合航希(2年)や10番MF梅津凌岳(2年)の活躍もあった。交代出場で1ゴール1アシストの活躍を見せたFW植村亮雅(2年)含めて印象的な活躍をした選手多数。だが、両校の間にスコアほどの差はなかった。 矢田貝は岡山学芸館について「相手は凄く粘り強く来るチームというのは事前に分かっていた」と説明し、岩崎は「 [全文を読む]

[総体]Dブロック展望:実力校だらけ。流経大柏シードの混戦区に京都橘、広島皆実などが挑む

ゲキサカ / 2016年07月27日10時28分

攻守の舵取り役となるMF河合航希と職人のような守備を見せるMF内田健太のダブルボランチも信頼度が高く、最終ラインはDF清水駿が要となる。そして、この京都橘と初戦で当たるのは岡山学芸館高(岡山)。2年連続での総体出場だけに昨年の経験が部内に残っているのは大きな強み。また今年は「岡山の本命」という声がある中での優勝なので意味合いも少し違うだろう。2年生ながらパ [全文を読む]

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する「総体注目の11傑」vol.3

ゲキサカ / 2016年07月22日20時13分

明るいのがいい』と大ベテランの小嶺忠敏監督から全幅の信頼を置かれる主将でもある」MF河合航希(京都橘高2年)「昨年は主に左SBとして1年生ながら奮闘していたが、今年はボランチとして攻守の要になっている。確かなコントロール技術に加えて守備の強度も増しており、職人・内田健太とのコンビで中盤中央にて巧みに網を張る」MF関大和(流通経済大柏高3年)「走る流経大柏を [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]阪南大高が3-0で首位キープ、京都橘が2位浮上:第7節

ゲキサカ / 2016年06月27日07時05分

【第7節】(6月26日) [J-GREEN堺] 履正社高 0-2 近大附高 [近]清水寛治2(23、65分) [J-GREEN堺] 和歌山北高 1-5 関西大一高 [和]竹村淳(30分) [関]山本壱成2(47、55分)、中島遼馬(50分)、才木勇斗(64分)、大畑壮之介(90分+3) [野洲川歴史公園サッカー場 ビッグレイク] 野洲高 0-3 阪南大高 [全文を読む]

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する総体予選注目の11傑(中日本編)

ゲキサカ / 2016年06月19日22時49分

CBながらも最大の特徴は攻撃性能の高さで、左右両足からの展開力でポゼッションの起点となりつつ、機を見ては最終ラインからドリブルを仕掛けることもできる」MF河合航希(京都橘高2年)「昨年、1年生ながら定位置を掴んだSBだが、春休みにボランチでテストされると、米澤一成監督の予想を超えるパフォーマンスを見せ、そのまま定着。3列目から見せる前線への積極的な飛び出し [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]稲森2発の阪南大高が首位浮上:第6節

ゲキサカ / 2016年06月13日23時48分

【第6節】(6月11、12日) [J-GREEN堺] 久御山高 1-3 金光大阪高 [久]赤谷知紀(7分) [金]上西達也(49分)、渡邉英佑(56分)、岡本怜仁(66分) [J-GREEN堺] 関西大一高 1-1 履正社高 [関]才木勇斗(47分) [履]水本大佑(7分) [J-GREEN堺] 野洲高 1-6 京都橘高 [野]オウンゴール(68分) [ [全文を読む]

[総体]仲間の想いに涙・・・「チームで結果を残す」決意のU-19代表FW岩崎悠人、圧巻のオーバーヘッド弾!

ゲキサカ / 2016年05月23日06時31分

12分にMF河合航希のスルーパスからPAを抜け出し、京都橘のファーストシュートを放つなど鋭い飛び出しで攻撃を牽引したが、「昨年は良いボールが来ないと我慢できずに下がってボールを受けてしまったけど、今回のインターハイではチームを勝たせるため、得点を奪うためにゴール前で待ってプレーしようと思っていた。ただ、ゴール前で動き過ぎたせいで、縦に速い攻撃ばかりになって [全文を読む]

[総体]京都橘は後半残り4分に待望の先制点、指揮官「選手たちは力がないと分かったと思う」

ゲキサカ / 2016年05月23日06時30分

MF河合航希がハーフウェーライン中央から縦パスを通し、岩崎が相手DFと競りながらPA左に抜け出したが、シュートは左ポストに阻まれた。16分には岩崎がFW梅津凌岳とのワンツーで中央を突破し、左前方にパスを通したが走り込んだFW堤原翼のトラップが大きく、ボールはGKの下へ。続く17分にも堤原がGKとの1対1を外すと、前半終了間際にもゴール前へ飛び出した梅津がG [全文を読む]

[プリンスリーグ関西]履正社vs阪南大高の全勝対決はドロー、京都橘のU-19代表FW岩崎が4得点:第5節1日目

ゲキサカ / 2016年05月04日04時43分

【第5節】(5月3日) [J-GREEN堺] 大阪桐蔭高 4-0 近大附高 [大]仲田健人(50分)、神崎大雅2(52、72分)、菊井悠介(89分) [J-GREEN堺] 京都橘高 8-1 久御山高 [京]岩崎悠人4(17、31、32、52分)、河合航希(28分)、堤原翼(76分)、輪木豪太2(83、87分) [久]梅原和輝(13分) [J-GREEN堺 [全文を読む]

[沖縄県高校招待サッカー大会]京都橘が河合の2発で西武台を下して優勝

ゲキサカ / 2016年03月31日08時07分

今大会、ここまで無得点の京都橘MF河合航希(2年)が決勝で輝きを放った。 前半16分、京都橘はPA手前左からのFKを獲得。そこでキッカーを務めたのが河合だった。「自信はあった」と右足を振り抜くと、イメージ通りのボールがゴールに吸い込まれる。後半5分にはゴール前のこぼれ球に反応すると、飛び出してきたGKの頭上を越えるループシュートで2点目を奪った。 河合は [全文を読む]

[選手権]「3年生の大会」で輝きを放つのは?注目のRookieたち

ゲキサカ / 2015年12月29日07時08分

また、京都橘高の河合航希も左SBでレギュラーの座をガッチリ確保。プレミアリーグでタフな経験を積んできたことを選手権に生かすはず。阪南大高の吉田伸弘もサイドを固める守備の強さが光る堅実派で、出場の可能性は十分ありそうだ。 中盤は最も1年生が出場機会を得やすいポジションであり、まさに多士済々。ボランチとしては、U-16日本代表の経験も持つ日章学園高の佐藤颯汰の [全文を読む]

フォーカス