永山耕三のニュース

『人は見た目』奇抜な演出が「気持ち悪い」!?

日刊大衆 / 2017年04月26日18時05分

品田俊介氏と永山耕三氏の両名は『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)を担当し、もう一人の松山博昭氏は、映画『ライアーゲーム』の監督を務めている。いずれもインパクトのある演出に定評のある人物たちだ。 『人は見た目が100パーセント』第2話は、平均視聴率が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわない結果に終わっている。今後も「攻めの演出」で、視聴者を驚か [全文を読む]

往年の名演出家が語るフジ月9黄金期“高視聴率の原動力”

WEB女性自身 / 2017年04月02日06時00分

そんな現場の熱気がそのままドラマに表れていたと思います」 そう語るのは、永山耕三さん(60・役員待遇エグゼクティブディレクター)。 17年4月に30周年を迎えるフジテレビのドラマ枠「月9」。永山さんはフジテレビ入社後、 86年に編成制作局へ。 90年代を代表する月9の『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ロングバケーション』などの演出を担当してきた。と [全文を読む]

『東ラブ』のドラマ演出家「振られる女の美学を撮りたかった」

NEWSポストセブン / 2016年12月02日16時00分

その演出家であるフジテレビの永山耕三さんは、このドラマをきっかけに『愛という名のもとに』や『ロングバケーション』など数々の人気ドラマを手がけた。表参道、中目黒…東京のキラキラした場所をふんだんに詰め込んだドラマ制作秘話を聞いた。 * * * ドラマ化にあたっては、赤名リカを主役にしました。さとみを主役にしたハッピーエンドではなくて、リカの敗者の物語。「振ら [全文を読む]

惨敗『OUR HOUSE』 春ドラ最下位になった理由を分析

NEWSポストセブン / 2016年04月23日07時00分

同作には、芦田愛菜さんとシャーロット・ケイト・フォックスさんのダブルヒロイン、堀北真希さんとの「交際0日婚」が話題となった山本耕史さんに類似の設定、加藤清史郎さんや寺田心さんらスター子役の集合、脚本・野島伸司さん+演出・永山耕三さんのレジェンドスタッフ、主題歌にオフコースの『愛を止めないで』など、「これでもか!」というほどのトピックが用意されました。 し [全文を読む]

連ドラ歴代最低記録更新? ドラマ『OUR HOUSE』視聴率惨敗でシャーロットの劣化とフジの“トレンディ病”が戦犯に?

おたぽる / 2016年04月21日09時00分

「『OUR HOUSE』の演出を担当している永山耕三は、1991年に放送された『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)を手がけヒットさせた、いわばトレンディドラマの申し子なのですが、『東京ラブストーリー』の脚本を務めた坂元裕二がオリジナル脚本を書きおろした、前クールの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(同)が、全話平均視聴率9.7%で [全文を読む]

早期打ち切りも?フジテレビ「OUR HOUSE」が視聴率4.8%の衝撃

デイリーニュースオンライン / 2016年04月20日08時05分

演出は「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)や「ロングバケーション」(フジテレビ系)を手がけた永山耕三(59)。そんなレジェンドの二人が手がけた第1話の低視聴率に、往年の視聴者からは驚きの声が出るばかりだ。 「キャスティングや山本と堀北真希(27)をイメージさせる“恋愛0日婚”の設定などあけすけな話題作りはもちろん、視聴者の間で指摘される昭和ノリの演出が気 [全文を読む]

芦田愛菜ドラマの主題歌が「オフコース」!?フジの時代錯誤がヤバすぎる!

アサ芸プラス / 2016年04月01日09時58分

芦田はもちろん、義母役のシャーロット・ケイト・フォックスさえ生まれていない時期の曲を使わなくても、ほかにいくらでも時代に合ったアーティストがいますよ」 今回の選曲について、演出を務める永山耕三氏は、「テレビドラマにかかるべき曲を作るアーティストは、常々、小田和正さんだと思っています」と発言。今年60歳を迎える大ベテランの時代錯誤ぶりこそがフジテレビが凋落し [全文を読む]

小出恵介が倉科カナの“中学生姿”に一言物申す!

Smartザテレビジョン / 2015年02月19日12時47分

WOWOWプライムで2月22日(日)より放送される連続ドラマW「天使のナイフ」の制作発表記者会見が都内で行われ、主演の小出恵介をはじめ、倉科カナ、藤本泉、千葉雄大、ラサール石井、原作者の薬丸岳氏、永山耕三監督、喜多麗子プロデューサーが登壇した。 本ドラマは小出演じる主人公・桧山が4年前に妻・祥子(藤本泉)を13歳の少年グループ3人組(村上虹郎、北村匠海、清 [全文を読む]

フォーカス