吉田大助のニュース

2013年、心に刻みたい名作&決めセリフとは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月29日11時20分

『野性時代』『週刊SPA !』『Quick Japan』など各誌でライターとして活躍する吉田大助が選んだのは、心に刻みたい決めセリフBEST7だ。 関連情報を含む記事はこちら ■『ほんだらけ』(本田 翼/原作 SDP 1785円)より 「電線が赤色だったらみんな運命の赤い糸を信じると思う…」 モデル&女優の本田翼が企画から関わった、「最初で最後」の写真本 [全文を読む]

一人が二人になる気配を詳細に描いた『やめるときも、すこやかなるときも』 CREA 2017年6月号

CREA WEB / 2017年05月23日12時00分

やめるときもすこやかなるときも“弱みを見せていこうぜ!”って伝えたかったんです」 文=吉田大助 [全文を読む]

“馳 星周氏の最高傑作”との声!原点回帰のダークなクライムノベル『暗手』4月26日発売!Web上で無料試読もスタート

PR TIMES / 2017年04月12日12時37分

――書評家 吉田大助氏ラストまで手が止まらない。“いま”にふさわしい、新たなノワール小説の発火点。まさにエポックメイキングな作品だ!――書評家 タカザワケンジ氏--------------------------------------------------------------------------------------------- [全文を読む]

最新作のテーマは冤罪。作家・柚月裕子が信じる人間の強さ 「人生は晴れと雨が半々なんだ」

週プレNEWS / 2016年11月01日06時00分

犯人は一体!? (取材・文/吉田大助 撮影/五十嵐和博) [全文を読む]

星野 源「米澤穂信さんは常に新しいことに挑戦されている」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日17時00分

その心意気や、野心にも惹かれます いつか2人の“ものづくり対談”が実現する日を熱望します! (取材・文=吉田大助 撮影=山口宏之) ほしの・げん●1981年、埼玉県生まれ。音楽家、俳優、文筆家。昨年12月発売の4thアルバム『YELLOW DANCER』が「第8回CDショップ大賞」を受賞。ラジオ「星野源のオールナイトニッポン」は毎週月曜深夜25時よりニッポ [全文を読む]

夏帆の“私の一冊”は遠藤周作! 母が教えてくれた少女の物語

anan NEWS / 2016年06月09日12時00分

写真・小笠原真紀 スタイリスト・仲子菜穂 ヘア&メイク・山下小百合(3rd) 文・吉田大助 [全文を読む]

「万城目学はベストセラー作家だったんだなあ」と本人が語る新境地の自信と限界とは…

週プレNEWS / 2016年05月17日11時00分

(取材・文/吉田大助 撮影/三野 新) ●万城目学(まきめ・まなぶ) 1976年生まれ、大阪府出身。京都大学法学部卒業。化学繊維会社勤務を経て、雑居ビルの管理人を務めながら小説家を目指す。2006年に第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。その他の著書に『鹿男あをによし』『ホルモー六景』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマ [全文を読む]

AKB48新“総監督”横山由依が『キングダム』に学ぶリーダー論「この本は私のバイブルになる!」

週プレNEWS / 2016年04月10日11時00分

「やるしかない」と思って、乱世を戦います! (取材・文/吉田大助 撮影/佐賀章広 デザイン/中山真志 (c)原泰久/集英社) ■「『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ」 原 泰久(原作) 長尾一洋(著)/集英社刊 大人気マンガ『キングダム』を『まんがで身につく孫子の兵法』の著者が「リーダーシップ」をキーワードに読み解く。現代という「乱世」を生き抜くリー [全文を読む]

本格ミステリー作家・乙一が20年越しで挑んだ 異世界ファンタジー、「アークノア」シリーズ開幕

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月06日11時00分

“クビ”にならないよう、このシリーズで自分の持っているものを全部出し切るつもりですね」 取材・文=吉田大助 [全文を読む]

夫婦の、あるいは「幽霊と人間」の最後の旅路を描くラブストーリー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月22日06時30分

文=吉田大助 [全文を読む]

綾野剛、中村文則と初対面で「どっちが焼き魚のサンマをSっぽく食べられるか?」を勝負

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

(ダ・ヴィンチ2015年2月号掲載)【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら取材・文=吉田大助/写真=森山将人●『教団X』を読んで確信しました。中村さんはもう、自分の中にある悪の部分を隠す気はないんだなと綾野 『教団X』、まだ142ページまでしか読めてないんです。すみません。中村 だって今、連ドラの撮影中でしょ? あの本は、ちびちび読むのもいいと思うしね。 [全文を読む]

『教団X』以外にどんな作品がある? 中村文則の全作品を紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

(ダ・ヴィンチ2015年2月号掲載)【画像あり】中村文則全作品の詳細はこちら取材・文=吉田大助/写真=森山将人●「全部」を書こうと決めた──最新作『教団X』「最高傑作を書こう、と決めていました。中村文則の代表作と呼ばれるものに必ずしよう、と」 1977年9月、中村文則は愛知県で生を受けた。2002年10月、『銃』で純文学の新人賞を受賞し、彼は小説家になった [全文を読む]

社会が母親や子供に冷たいのは「乳幼児教育」のせい? 古市憲樹の考えとは

anan NEWS / 2015年08月05日12時00分

写真・森滝 進(まきうらオフィス) インタビュー、文・吉田大助 [全文を読む]

デスノートファンが愛する“ミサミサ”をドラマで演じる佐野ひなこ 「自分が一番厳しいファンかも? ミサミサはもっと細いのに~」

週プレNEWS / 2015年07月01日17時00分

見始めたら毎週、めっちゃワクワクですよ? ●連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)7月5日(日)22時スタート!(2話以降は毎週日曜22時30分~) (取材・文/吉田大助 撮影/尾藤能暢) ■佐野ひなこ 1994年10月13日生まれ、東京都出身。身長160 B84(Fカップ) W51 H84 ○佐野ひなこオフィシャルブログ【http://lineblog [全文を読む]

乃木坂46・齋藤飛鳥「“こんなに悪いことがあるよ”ということを知っておきたいんです」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月07日11時30分

「あっ、そのゲーム、いろんな人からオススメされました(笑)」 (取材・文=吉田大助[全文を読む]

乃木坂46が読書会に初挑戦! 課題図書は朝井リョウのアイドル小説『武道館』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

気になる読書会の内容は、本誌6月号にてご確認ください! 文=吉田大助/写真=山口宏之 [全文を読む]

「大人計画番外&野外公演」!? 『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月11日11時30分

文=吉田大助/『ダ・ヴィンチ』5月号「出版ニュースクリップ」より [全文を読む]

『ストロボ・エッジ』実写映画化! 廣木隆一監督のリアル「壁ドン」演出を観よ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月23日11時30分

文=吉田大助/『ダ・ヴィンチ』4月号「出版ニュースクリップ」より [全文を読む]

ももクロ主演映画『幕が上がる』公開間近!「部長を演じた百田夏菜子が見つめる顔」を見逃すな!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月11日11時30分

何かしたくて、たまらなくなる! 文=吉田大助 [全文を読む]

山下敦弘「大阪なんばと北区赤羽には、共通点がありました」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月10日12時30分

取材・文=吉田大助 [全文を読む]

フォーカス