尾辻秀久のニュース

超党派議員の靖国神社参拝、韓国が「深い遺憾の意」―韓国メディア

Record China / 2017年04月22日09時20分

2017年4月21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は同日、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)が同日、春季例大祭に合わせて靖国神社(東京・九段)を集団参拝したことについて、深い遺憾の意を表明した。環球時報(電子版)が伝えた。 韓国外務省の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日声明を発表。「日本政 [全文を読む]

たばこ規制推進派の山東昭子議員「屋外喫煙所も整備すべき」

NEWSポストセブン / 2017年04月02日16時00分

超党派の議員らでつくる「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(会長/尾辻秀久・元厚労相)が、厚生労働省が示す屋内禁煙の方向性と歩調を合わせたかと思えば、自民党の「たばこ議員連盟」(会長/野田毅・前党税制調査会長)は、「世界に誇る分煙先進国の実現」を掲げ、一律の規制強化に反対の立場を貫いている。 また、今年2月には民進 [全文を読む]

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

超党派の「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(会長・尾辻秀久元厚労相)は14日、菅義偉官房長官に要望書を手渡し、速やかな法案提出を求めた。同連盟には、武見敬三参院議員(自民党)や小池晃参院議員(共産党)といった"医師議員"をはじめ、県知事時代に受動喫煙防止条例を制定したことで知られる松沢成文参院議員らが名を連ねている [全文を読む]

【取材のお願い】国会議員が「生徒」、高校生が「先生」になり授業を実施。「国会議員のための世界一大きな授業」開催(5月25日)

PR TIMES / 2016年05月12日17時51分

日時:2016年5月25日(水)17時~18時 会場:衆議院第1議員会館1階 多目的会議室 主催:教育協力NGOネットワーク ●呼びかけ人:川崎二郎衆議院議員(自民党)、逢沢一郎衆議院議員(自民党)、尾辻秀久参議院議員(自民党) 河村建夫衆議院議員(自民党)、御法川信英衆議院議員(自民党)、西村ちなみ衆議院議員(民進党) 石橋通宏参議院議員(民進党)、清 [全文を読む]

安倍首相が無投票で再選…その裏で描かれる安倍退陣のシナリオ

まぐまぐニュース! / 2015年09月08日19時30分

尾辻秀久元参院副議長が4日、総裁選に野田聖子=前総務会長が立候補した場合に推薦人になると意思表明したのは1つの波乱要因ではあるけれども、彼女が8日までに20人の推薦人を集めるのは極めて難しく、安倍の無投票再選がこの日に確定する公算は大きい。 しかし、別項「日刊ゲンダイ」コラムで述べたように、これは安倍の党内「一強多弱」態勢の下に全党がひれ伏して、打って一丸 [全文を読む]

議員106人の靖国参拝、中国メディアは批判控える 日中首脳会談に配慮?

NewSphere / 2015年04月23日11時56分

◆韓国は靖国参拝を猛批判、習主席は直接言及せず 自民党、民主党、維新の党、次世代の党の超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参議院議員)の106人が22日午前、揃って靖国神社を参拝した。尾辻議員は「彼らは国のために戦い、国を思って亡くなっていった。戦没者の魂は今、私たちと同じく平和を願っていると思う」などと語った( [全文を読む]

TPP反対署名自民党議員 選挙で刺客来る覚悟で離党の予測

NEWSポストセブン / 2013年07月30日16時00分

今回の参院選で5選を決めた同会の支柱的存在である尾辻秀久・参院議員は、当選の万歳三唱をすると、「反対なものは反対なのでずっと反対していく!」と声を張り上げた。 TPP反対議員の大半は、選挙支援にあたってJA(農協)の政治団体「農政連」と政策協定書を交わし、「コメや牛肉などの重要品目に除外適用がなされない場合は、即刻、交渉から離脱する」ことを約束し、署名し [全文を読む]

フォーカス