大泉逸郎のニュース

宇宙人、ニューシングルのジャケ写に矢追純一を起用!?

okmusic UP's / 2014年03月29日15時30分

また8日(火)には、ゲストに大ヒット曲「孫」で知られる演歌歌手の大泉逸郎を迎えたフリーイベントが開催される。果たして宇宙人『じじい』は、国民的おじいちゃんである大泉逸郎に認定してもらえるのか、衝撃の瞬間をチェックしてみよう。■シングル『じじい』2014年4月23日発売 KICM-1496/¥1,143(税抜) ※竹山ロックンロール 4月度エンディングテー [全文を読む]

テイチクレコード所属 男性演歌歌手13名による“歌の祭典”!JOYSOUNDでサイン入り賞品が当たる『テイチク 夏のうた祭り』キャンペーン開催!

PR TIMES / 2016年06月24日12時24分

本キャンペーンで課題曲の対象となる男性演歌歌手の皆さんは、エドアルド、大泉逸郎、北山たけし、清水博正、竹島 宏、浜博也、半田浩二、前川清、増位山太志郎、松原健之、三門忠司、三丘翔太、山本譲二の13名(五十音順)。 対象機種「JOYSOUND MAX」「JOYSOUND f1」「CROSSO」「HyperJoyWAVE」「JOYSOUND fR」「JOYS [全文を読む]

天童よしみさんも推薦! 演歌で健康体操!エンカサイズ!【大泉逸郎「孫」、天童よしみ「珍島物語」も収録、9/12 DVD BOOK発売】

PR TIMES / 2015年09月11日18時27分

曲目は、♪人生楽ありゃ苦もあるさ でおなじみの、里見浩太朗さん・横内正さんの「あゝ人生に涙あり」、天童よしみさんの「珍島(ちんど)物語」、大泉逸郎さんの「孫」、増位山太志郎さんの「そんな女のひとりごと」の全4曲。孫の重みを感じながら筋トレを行うイメージで…など動作のポイントをしっかり解説!1曲5分程度で、毎日の生活に楽しくカンタンに運動を取り入れることが [全文を読む]

宇宙人、クリエーター集団“最後の手段”が手掛けた「じじい」MV解禁

okmusic UP's / 2014年04月19日16時00分

また、先日開催された大泉逸郎を迎えてのアメ横イベントの模様も放送。そこでは「孫」の大ヒットでも知られる国民的おじいちゃんである大泉逸郎にじじい曲認定をもらう瞬間や、その裏話も披露された。 そして、ついにMVがフル解禁された新曲「じじい」。4月23日の発売日には「宇宙人『じじい』発売記念! じじいのから騒ぎ」と題したニコ生放送が行われる。「ダウンタウンのガキ [全文を読む]

定年間近男 『孫』でヒットした大泉逸郎を目指す!と頑張る

NEWSポストセブン / 2012年04月18日16時01分

それでも懲りない主人は「『孫』でヒットした大泉逸郎を目指すぞ」と、今度は暇を見てはカラオケ店に行き練習していたようですが、それも先週から「やめた!」。理由を聞くと、「機械がおかしいんだよ!」。採点システムで、どの曲を歌っても60点台なんだそうです。 いえ、おかしいのは機械じゃなくて、アナタの声と音程だと思いますけど! ※週刊ポスト2012年4月27日号 [全文を読む]

第2、第3の氷川きよしも……『紅白』抜擢に見る、若手演歌歌手の強みとは?

日刊サイゾー / 2015年12月19日09時00分

「演歌のセールスの話でいうと、99年にリリースされた大泉逸郎の『孫』(テイチクエンタテインメント)が記録的なロングヒットを飛ばしていますが、同曲は多くの人が実際に孫を持ってから、その歌詞に共感して購入するという現象が起きています。つまり、一過性の流行ではなく、ライフステージに合わせた表現方法だからこそ、少しずつではあるものの結果的に多くの人々の耳に届いて [全文を読む]

世界初ビジュアル系演歌歌手「最上川 司」誕生

dwango.jp news / 2015年05月18日19時25分

また、同じ山形県河北町ご出身、『孫』の大ヒットでおなじみの演歌歌手・大泉逸郎からは「<うたは心のふるさと>と良くいいます。私と同じ河北町だからがんばってもらいたいな。私と同じふるさとをだいじに頑張って下さい。ステージで逢える日が楽しみです。」とのメッセージが寄せられ、ユニバーサルミュージックのウェブサイトに掲載されている。 [全文を読む]

着メロは「津軽海峡冬景色」、勝負服はコスプレ!? 日本語を学ぶ外国人学生たちが教えてくれること

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月01日12時10分

フランスの学校ですれ違った女子学生のケータイの着メロが『津軽海峡冬景色』だったり(彼女は氷川きよしと大泉逸郎の大ファン)、ベルギーの男子学生は「“轟”はすっごくすごそうなのに、新聞などで“ごう音”と書くのはやめてほしい!」と主張したり、ドイツの男子学生はテストのみ“勝負服”としてコスプレ服を着て登校したり…と日本が大好きな彼らの姿は愛らしい。 爆笑必至な [全文を読む]

「ボートレース戸田」名物、カツ煮を食べてみた 飲食店の数がやたらスゴすぎる

AOLニュース / 2013年10月18日12時00分

氷川きよしや大泉逸郎などがブレイク前にここで歌い、そのあとヒット曲を出したことから、「新人歌手がここで歌うと売れる」というジンクスが演歌界にはあるそうだ。他にも、床屋(!)やゲームセンター、キッズランドなどがある。<本格的なゲームセンターに><子供が100人くらいは遊べそうなキッズランド><そして床屋。お父さんたちは「ちょっと床屋へ行ってくる」と家族に言い [全文を読む]

フォーカス