松田耕平のニュース

広島カープ、空前の売上・利益達成…黒字優先で選手放出&低迷、マエケン移籍金を巧妙活用

Business Journal / 2016年10月05日06時00分

当時の松田耕平社長(恒次氏の息子)は経営責任をとって辞任。東洋工業は米フォードの傘下に入った。耕平氏は東洋工業の株式は手放したが、球団の経営権は死守した。その後、同社は84年にマツダへ社名変更した。 株式会社広島東洋カープの現在の資本金は3億2400万円。主要株主は松田家が42.7%、マツダが32.7%、グッズ販売会社のカルピオが18.5%。松田家は、カル [全文を読む]

広島・苑田スカウト 無名の黒田博樹を見出した日を振り返る

NEWSポストセブン / 2016年09月20日07時00分

自身も広島の内野手だった苑田は1977年に引退後、先代オーナーの松田耕平から東日本担当スカウトを拝命。それから約40年間、スカウト畑を歩み続けている。 スカウト業の醍醐味は、「磨けば光る原石」を発掘することにある。 「実際に自分の目で確認して判断することが大切。部下に『見てほしい選手がいる』と言われて視察したときに、『あの選手です』と教えられるような選手は [全文を読む]

【プロ野球】海外キャンプを転機に”チーム改革”した球団とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月10日16時00分

このとき、ルーツの見識と情熱に惚れ込んだのが松田耕平オーナー。1974年に打撃コーチとしてチームに招聘し、翌1975年には監督に起用。チームの再建をルーツに託すことになる。そして、ルーツが最初に取り組んだ改革こそ、チームカラーを「情熱の赤」に変えることだった。 つまり、元をたどれば、アリゾナでルーツと出会ったことが「赤ヘル」誕生へとつながったのだ。 ■1 [全文を読む]

カープ女子で経営安定の広島 マツダとの連携強化なら常勝か

NEWSポストセブン / 2014年10月15日07時00分

1970年代のオイルショックでマツダの前身である東洋工業が経営危機に陥った際、当時の松田耕平社長が経営責任を取って非創業家にバトンを渡し、1979年マツダとフォードの資本提携を機にマツダ株も放出しました。それ以降、マツダにおける創業家の発言力はみるみる低下していきましたが、球団の経営権だけは手元に残す形になったのです」(『月刊BOSS』の児玉智浩記者) [全文を読む]

Wake Up, Girls!初の単独のライブよりレポート到着

okmusic UP's / 2014年04月28日11時09分

【その他の画像】Wake Up, Girls!そこで今回は、オリジナルアニメーション「Wake Up, Girls!」のメインキャラクターの声優を担当し、アニメ同様にユニットとしても活動中の“Wake Up, Girls!”(吉岡茉祐、青山吉能、田中美海、山下七海、高木美佑、永野愛理、奥野香耶)と、“松田耕平”役の浅沼晋太郎が出演し、トークコーナーやミニラ [全文を読む]

パンチラに込められたメッセージ。圧倒的なリアリティで描く、劇場版『Wake Up,Girls!』の魅力

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月14日18時30分

グリーンリーヴズに務めるマネージャー松田耕平は、社長とともにスカウト活動やオーディションで6人の女の子をグループメンバーとして選んでいく。だが、松田にはあとひとり、どうしてもグループに加えたい女の子がいた。それは、大人気アイドルグループの元センターであり、ある事情からアイドルを辞め仙台へやってきた島田真夢。しかし真夢は、松田の勧誘を「もうアイドルをする気は [全文を読む]

パンツが「下品すぎる」!!非難轟々のテレビ版『Wake Up, Girls』第1話

おたぽる / 2014年01月11日19時00分

マネージャーの松田耕平(CV:浅沼晋太郎)の様子が気になる七瀬佳乃(CV:青山吉能)と菊間夏夜(CV:奥野香耶)が事務所へと足を運ぶと、そこには岡本未夕(CV:高木美佑)の姿も。その後、松田とメンバー全員が事務所に集結します。 そこで松田から聞かされたのは、"須藤さん"(CV:中尾隆聖)という敏腕プロデューサーがWUG!を気に入り、マネージメントのサポート [全文を読む]

“ビッチ““処女“と言葉が飛び交う!アイドルアニメの新機軸を打ち出した劇場版『Wake Up, Girls!』

おたぽる / 2014年01月11日10時00分

社長に言われるがまま、駆け出しマネージャーの松田耕平(CV:浅沼晋太郎)はアイドルの卵探しに奔走します。 そして開催したオーディションに集まったのは、6人の女の子。ごく普通の女子高生の林田藍里(CV:永野愛理)や民謡が得意な片山実波(CV:田中美海)、芸能経験豊富な七瀬佳乃(CV:青山吉能)など、キャラクター性もモチベーションもまちまちな彼女たちでしたが、 [全文を読む]

フォーカス