飯沢匡のニュース

「日本テレビジョンって、日本テレビじゃないですよ」 古川タクが草創期にリアルタイムで体験したイラストレーションやアニメーション業界事情

おたぽる / 2016年08月31日18時00分

川本喜八郎さんとかの先生でもある『アサヒグラフ』の編集をしていた飯沢匡さんが興味を持っていて、いち早く日本のジャーナリズムに外国文化というかユーモアを取り入れてました。『週刊朝日』とか『文藝春秋』のようにマンガと軽いエッセイとか、星新一さんや筒井康隆さんが書くような小説が載る月刊誌があったんです」と、時代背景から説明。「そんな勢いがあったなんて今では信じら [全文を読む]

黒柳徹子 駆け出し時代の彼女を支えた恩師の言葉

太田出版ケトルニュース / 2016年06月24日10時50分

作家の飯沢匡先生は、「あなたの個性が必要なんです。あなたのそのままが、いいんです」とアドバイス。黒柳さんは、この言葉がなかったら女優を辞めていたかもしれないと、当時を振り返っています。 そして飯沢先生はその後、黒柳さんが執筆の仕事で相談すると、「子どもの頃の作文のように書けばいい」、芝居の相談をしたときは「元気にやりなさい」。しきりに「そのままでいて」と言 [全文を読む]

黒柳徹子の半生を描いた「トットてれび」はオファー辞退者が続出だった?

アサジョ / 2016年05月14日09時59分

登場人物も笠置シヅ子、渥美清、沢村貞子、森繁久彌、坂本九、飯沢匡、向田邦子と昭和を代表するスターや文化人ばかりだ。「主役の満島ひかりが黒柳役のオファーを固辞しただけでなく、『私がこんな方の役なんて』と恐縮して多くの役者がいったんはオファーを辞退したといいます。それでも、いざ受ければ現在最前線で活躍する役者ばかりですから、遜色なく役を演じきっているのはさすが [全文を読む]

【書評】直木賞作家となるまでの12年を綴った野坂昭如の記録

NEWSポストセブン / 2015年12月04日07時00分

「永六輔は、キノトール氏を抜いて、飯沢匡氏の域にせまると、仲間うちで評価され、前田武彦は、ヴァラエティショウの構成者、野末陳平は、味の素家庭劇場という、五郎劇の翻案ものを手がけていた。青島、大橋はまだパッとせず、文壇では、小生と同年の開高健、また大江健三郎が登場し、石原慎太郎以後、登場する文学的才能は……」 有名と無名をとわず、数かぎりない人物が現われて [全文を読む]

黒柳徹子に隠し子が!? 徹子が結婚しない理由とは? その知られざる恋愛秘話が泣ける!

リテラ / 2015年06月01日12時06分

当記事によると、その人物は劇作家の飯沢匡氏。飯沢氏は94年に85歳で亡くなっているが、記事では"出会いから死去するまでの約40年間、ふたりの関係はつづいた"としている。そして、ふたりが出会って関係を深めた時期と末弟の誕生が符号する──というのだ。 じつは、先日発売されたばかりの徹子の著書『トットひとり』(新潮社)には、この飯沢氏との出会いが綴られている。し [全文を読む]

黒柳徹子として生きるための3つの方法 フジ『ワンダフルライフ』(9月14日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2014年09月19日19時00分

女優の仕事を始めた当初、個性が強すぎると言われ続けた黒柳徹子は番組のオーディションに合格した際、劇作家の飯沢匡に向かって「個性引っ込めますので宜しくお願いします」と告げたのだが、そのとき飯沢は首を横に振り「君のその個性が欲しいんだ」と伝える。この言葉こそが結果として、黒柳徹子のその後の芸能人生に大きな影響を与えることになった。 [全文を読む]

フォーカス