野中章弘のニュース

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」決定!授賞式・シンポジウムを5月26日(金)に開催

@Press / 2017年05月12日11時00分

<本年度の受賞者および対象作品>第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」林典子氏(33)/フォトジャーナリストイラクのヤズディ教徒を取り上げた写真集、「ヤズディの祈り」とその活動・正賞:記念楯・副賞:賞金50万円「山本美香記念国際ジャーナリスト賞・特別賞」安田純平氏(43)/ジャーナリスト・正賞 :記念楯・選考委員:川上泰徳(ジャーナリスト、元朝日新聞中 [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

@Press / 2017年01月13日11時30分

(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする) ※応募方法、詳細等は、「一般財団法人山本美香記念財団」ウェブサイトを参照 http://www.mymf.or.jp/ <賞金> 50万円 <選考委員> 川上泰徳(元朝日新聞中東アフリカ総局長) 最相葉月(ノンフィクションライター) [全文を読む]

山本美香記念財団、シンポジウム<戦場を伝える意味>を5月26日(木)日本記者クラブにて開催

@Press / 2016年05月17日11時00分

財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp/ ■シンポジウム<戦場を伝える意味> 日時 : 5月26日(木)19時~21時(入場は授賞式終了後、18時30分頃より) 場所 : 日本記者クラブ日本プレスセンタービル10階 ABCホール 所在地 : 東京都千代田区内幸町2-2-1 主催 : 一般財団法人山本美香記念財団 URL : htt [全文を読む]

第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定 ジャーナリスト・桜木武史氏による、シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」が受賞~授賞式、および受賞者と選考委員によるシンポジウムを、2016年5月26日(木)、18時より日本記者クラブにて開催~

@Press / 2016年05月12日12時00分

財団ウェブサイト: http://www.mymf.or.jp/ <本年度の受賞者および対象作品> 桜木武史氏(37)/フリーランス・ジャーナリスト シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」とその活動 □正賞 :記念楯 □副賞 :賞金50万円 □選考委員:川上泰徳(ジャーナリスト、元朝日新聞中東アフリカ総局長)、 最相葉月(ノンフィクションライ [全文を読む]

第三回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募

@Press / 2016年01月13日13時30分

(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする) ※応募方法、詳細等は、「一般財団法人山本美香記念財団」ウェブサイトを参照 http://www.mymf.or.jp/ <賞金> 50万円 <選考委員> 川上泰徳(元朝日新聞中東アフリカ総局長) 最相葉月(ノンフィクションライター) [全文を読む]

米国紙記者「日本のメディアは官僚体制の一部。権力との距離が非常に近い」

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月06日12時29分

その冒頭、アジアプレス・インターナショナルの代表でもある野中章弘・早大教授が問いかけたのは、「権力とジャーナリズムの距離」の問題だ。野中教授は、総理大臣の一日の行動を紹介する「首相動静」という新聞のコーナーにふれながら、こう疑問を投げかけた。「首相動静を見ると、日本のメディアの経営幹部と編集幹部が頻繁に安倍首相と会食をしている。しかし、何を話をしているのか [全文を読む]

第二回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募 ― 世界の真実を伝えるジャーナリストの活動と作品を表彰 ―

@Press / 2015年01月21日10時00分

(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする) <賞金> 50万円、副賞 <選考委員> 川上泰徳(元朝日新聞中東アフリカ総局長) 最相葉月(ノンフィクションライター) 野中章弘(アジアプレス・インターナショナル代表) 吉田敏浩(ジャーナリスト) ▼応募方法、詳細等は「山本美香記念 [全文を読む]

第1回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定イラクでの日本人人質事件を扱ったドキュメンタリー映像作品が受賞

@Press / 2014年05月02日14時00分

<選考委員(50音順・敬称略)> 最相葉月(ノンフィクションライター) 野中章弘(アジアプレス・インターナショナル代表) 藤田博司(元共同通信社論説副委員長、朝日新聞「報道と人権委員会」委員) 船戸与一(作家) 吉田敏浩(ジャーナリスト) <第1回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」 授賞式> 日時:2014年5月26日(月) 18時30分~記者会見 会 [全文を読む]

第一回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」対象作品公募― 世界の真実を伝えるジャーナリストの活動と作品を表彰 ―

@Press / 2014年01月23日10時00分

(ただし、大手メディアに所属する記者等であっても、特に人間性にあふれる気概や意義が感じられる作品については受賞対象とする) <賞金> 50万円、副賞 <選考委員> 最相葉月(ノンフィクションライター)、野中章弘(アジアプレス・代表)、 藤田博司(朝日新聞「報道と人権委員会」委員)、船戸与一(作家)、 吉田敏浩(ジャーナリスト) ▼応募方法、詳細等は「山本 [全文を読む]

山本美香記念国際ジャーナリスト賞 創設シンポジウム「ザ・ミッション ~山本美香 戦場からの問い~」5月26日開催のお知らせ

@Press / 2013年05月02日12時30分

■創設記念シンポジウム「ザ・ミッション ~山本美香 戦場からの問い~」 日時 :2013年5月26日(日) 13時30分開場、14時開演 場所 :早稲田大学・大隈大講堂 (予約不要・無料) 宣言 :「開会の辞」 瀬川至朗 (早稲田大学大学院 政治学研究科教授) 基調講演:「生きた、愛した、伝えた! ~私と山本の17年戦争~」 佐藤和孝 (ジャパンプレス代 [全文を読む]

フォーカス