大倉喜七郎のニュース

【ホテルオークラ東京】Events & News Vol.3

PR TIMES / 2014年07月14日18時51分

今年20回目となる絵画展の開催を記念して、芸術や音楽に造詣が深かったホテルオークラ創業者・大倉喜七郎が考案した楽器、『オークラウロ』の特別コンサートを開催いたします。『オークラウロ』は尺八を改良して12音律の演奏を可能にした縦笛であり「幻の管楽器」と言われています。オークラウロ演奏の現代のパイオニアとして注目を集める小湊昭尚が奏でる柔らかくどこか懐かしい音 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2017年バレンタインチョコレート~Amour de Baron 男爵の嗜み~

PR TIMES / 2016年12月13日09時45分

ホテルオークラ東京の創業者である大倉喜七郎は、男爵の位を持ち、芸術・文化への造詣も深い人物でありました。ホテルを開業するにあたっては、日本の伝統美や文化を生かすことを命題の一つとして掲げ、世界をもてなすホテルを目指しました。来年のバレンタイン期間限定チョコレートはそんな大倉喜七郎の愛したであろう品々をテーマに、紳士な男性に向けた大人のテイストに仕上げました [全文を読む]

趙治勲名誉名人が作家・江崎誠致先生に窮地を救ってもらったお話

NHKテキストビュー / 2016年12月23日08時00分

1991年には囲碁の普及発展に寄与したとして、日本棋院から大倉喜七郎賞を贈られています。江崎先生は戦争経験者です。「敵と戦うのはどうってことなかった。でも、上官に殴られるのがとても嫌だった」とよくおっしゃっていました。戦地で突撃の号令に少しでもためらうと、後ろから上官にどやされる。そういうのが耐えられなかったと。もうずいぶん前の話なので、ぼくの受け取り方に [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント 第22回『秘蔵の名品 アートコレクション展』

PR TIMES / 2016年06月23日17時17分

<アートコレクション展 併催イベント>幻の楽器 オークラウロ 特別コンサート[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/658/resize/d5118-658-136898-1.jpg ]ホテルオークラ創業者の大倉喜七郎が考案した、尺八とフルートをかけあわせた楽器「オークラウロ」。日本人の手によって作られた和声楽器であり、幻の縦笛ともい [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2016年チャリティーイベント 第16回 大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura収益金を「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」へ寄付

PR TIMES / 2016年06月13日19時09分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/649/resize/d5118-649-634669-1.jpg ]<国際交流を目的としたホテルオークラ東京のメセナ活動> ホテルオークラ東京では、創業者 大倉喜七郎の「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という理念のもと、年間を通じて音楽・美術・国際交流の分野において様々なメセ [全文を読む]

【ホテルオークラ神戸】んまか!長崎を食べつくし!「長崎県フェア」開催

PR TIMES / 2015年10月27日09時50分

また、長崎は大倉喜七郎とともにホテルオークラの礎を築いた野田岩次郎の出身地ということもあり、ホテルオークラにとっても縁のある地です。今回のフェアでは期間中、カフェレストラン「カメリア」で長崎県産的鯛や長崎ばってん鶏をメニューに取り入れた「長崎県フェアランチ」を提供する他、月替のテーマでお愉しみいただける「サタデー・サンデー&ホリデーランチブッフェ」(土・日 [全文を読む]

松下幸之助氏 1950年代に5年連続で長者番付1位に君臨した

NEWSポストセブン / 2015年09月15日16時00分

藤山コンツェルンのトップで外務大臣を務めた藤山愛一郎(1958年度2位)、竹中錬一・竹中工務店社長(1959年度4位)や大倉財閥を作った大倉喜八郎の長男で後にホテルオークラを作った大倉喜七郎・川奈ホテル社長(1959年度5位)などだ。彼らもまた1950年代を代表する大金持ちだった。 (文中敬称略) ※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号 [全文を読む]

ホテルオークラ東京本館 創業者の強烈なダンディズムを体現

NEWSポストセブン / 2015年08月05日07時00分

高い芸術性の実現には、創業者・大倉喜七郎氏の尽力が大きかった。戦前に父・喜八郎氏の爵位・男爵を受け継ぎ、戦後も「バロン」との愛称で呼ばれた人物である。ケンブリッジ大学を卒業した秀才であり、東西の芸術にも広く深く通じていた。 編集工学研究所所長の松岡正剛氏がいう。 「喜七郎氏は日本最大のパトロンのひとりで、横山大観ら日本画家を応援し続けた。世界的に評価の高 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】「第15回大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニングin Okura」 収益金を「TOMODACHI イニシアチブ」へ寄付

PR TIMES / 2015年06月11日18時23分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/481/resize/d5118-481-997028-0.jpg ]◆ 国際交流を目的としたホテルオークラ東京のメセナ活動ホテルオークラ東京では、創業者 大倉喜七郎の「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という理念のもと、文化発展の一助となるべく、「ホテルオークラ東京だからできる [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第21回 秘蔵の名品 アートコレクション展』本館建替え前、最後の開催

PR TIMES / 2015年04月17日12時09分

<21回目を迎える独自の絵画展>ホテルオークラ東京の創業者 大倉喜七郎(1882-1963)は、横山大観などの日本画家たちを全面支援し、1930年にイタリア・ローマにて「日本美術展覧会」を開催するなど美術をはじめとする芸術への造詣が深く、「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という強い理念を抱いていました。その思いを継承し、ホテルオークラ東京 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】OKURA WEDDINGを体感いただくためのスタイルを発表

PR TIMES / 2015年03月12日10時24分

ホテルオークラ創業者である大倉喜七郎と開業時社長の野田岩次郎は、日本ならではの文化とおもてなしの心を「清楚にして優雅‐Simplicity & Elegance‐」と表現し、ホテル開業時の基本コンセプトといたしました。「清楚にして優雅‐Simplicity & Elegance‐」とは、ホテルのイメージとして連想されがちな絢爛豪華さや、あまりにもモダンで人 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2015年夏 秘蔵の名品アートコレクション展タイトルテーマ決定!

PR TIMES / 2015年02月20日18時44分

「宴」という展覧会のキーワードはホテルオークラ創業者である大倉喜七郎の父で大倉集古館の開設者でもあり、幕末から大正期の事業界をダイナミックに生きた大倉喜八郎(1837-1928)の「感涙も うれし涙とふりかはり 踊れ踊れ雀百まで」という辞世の句に由来します。 この展覧会では、人々が集い、祝いあう「宴」に焦点をあて、絵画作品を中心として、様々な宴のさまを ご [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】『第15回 大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura』参加国決定!!

PR TIMES / 2015年02月12日19時12分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/433/resize/d5118-433-633106-0.jpg ]●2015年参加国アメリカ合衆国(大使)/アイルランド(大使)ベルギー王国/ポーランド共和国/イタリア共和国/英国スロバキア共和国/トルコ共和国/スウェーデン王国/ポルトガル共和国●本年の見どころ メモリアルローズ「バロン オ [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】レストランフェア「オークラフレンチの軌跡」フランス料理 ラ・ベル・エポック 日本のフレンチの、オークラフレンチの原点へ。

PR TIMES / 2015年01月19日18時51分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/418/resize/d5118-418-922461-0.jpg ]オークラフレンチの原点創業者である大倉喜七郎は、開業より料飲部門であるフランス料理・中国料理・日本料理をすべて直営で行うことを方針といたしました。料理の高いクオリティの維持や、和洋中の料理が揃うブッフェの展開などを行い、ホテル [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2015年9月からの別館単独営業に向けて「新ウェディングコンセプト」決定

PR TIMES / 2015年01月09日18時41分

ホテルオークラ創業者である大倉喜七郎と開業時社長の野田岩次郎は日本ならではの文化とおもてなしの心を「清楚にして優雅‐Simplicity & Elegance‐」と表現し、ホテル開業時の基本コンセプトといたしました。「清楚にして優雅‐Simplicity & Elegance‐」とは、ホテルのイメージとして連想されがちな絢爛豪華さや、あまりにもモダンで人の [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】「TOMODACHI イニシアチブ」へ収益金を寄付

PR TIMES / 2014年05月30日19時49分

◆ 国際交流を目的としたホテルオークラ東京のメセナ活動ホテルオークラ東京では、創始者大倉喜七郎の「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という理念をもと、文化発展の一助となるべく、「ホテルオークラ東京だからできること」を念頭に年間を通じて音楽・美術・国際交流の分野において様々なメセナ活動を行っております。本チャリティーイベントは2000年より開 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第20回 記念特別展 秘蔵の名品 アートコレクション展』

PR TIMES / 2014年05月01日09時50分

<20回目を迎えるホテルオークラ東京独自の絵画展>ホテルオークラ東京の創業者 大倉喜七郎は、横山大観などの日本画家たちを全面支援し、1930年にイタリア・ローマにて「日本美術展覧会」を開催するなど美術をはじめとする芸術への造詣が深く、「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という強い理念を抱いていました。その思いを継承し、ホテルオークラ東京では [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】完璧を追い求めたフランス料理界の巨人の本格評伝が誕生

PR TIMES / 2014年04月14日19時11分

ホテルオークラ総料理長 小野正吉-フランス料理の鬼と呼ばれた男序章 アメリカを知り、超えようとした伊達男たち1、小野正吉と石津謙介2、大倉喜七郎と野田岩次郎第2章 小野の半生、ホテルオークラ入社まで3、戦前の修業時代4、「東京ニューグランド」とフランス語5、小野と戦争6、戦後の苦労と米軍病院7、「アラスカ」「コックドール」から「日比谷アラスカ」へ8、日本の [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】贅を尽くす、こだわりの最高級レストランウェディング新プラン“Chateau Wedding”発表

PR TIMES / 2013年07月18日19時00分

ワインダイニング&シガーバー「バロン オークラ」はホテルオークラの創業者である大倉喜七郎の呼び名である「大倉男爵」を店名にしたレストランです。500種1万本に及ぶ所蔵ワインを料理とのマリアージュで楽しむ大人のための空間として定評があります。店内には、ワインセラーやワイン同様に湿度や温度を保った場所で保管されているシガーを愉しめるシガーバーなどバロンオークラ [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】「平成25年全国赤十字大会」において『社長表彰』を受賞

PR TIMES / 2013年05月09日09時25分

これらの活動は、ホテルオークラ東京創業者 大倉喜七郎の「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場所である」という理念を継承し、具現化したものです。そしてこの精神のもと、これまで美術、音楽、国際交流という枠組みの中で様々な活動を行って参りました。当社はこれからも開業当時から受け継ぐ、芸術への畏敬と社会貢献の理念のもと、「ホテルオークラ東京」だから出来ること [全文を読む]

フォーカス