今井優のニュース

【試乗記】ベントレー・ベンテイガ、ベントレー史上もっともオーナーを選ぶクルマと言っても過言では無い:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年04月21日16時00分

まるで冬場のインフルエンザがごとき猛威を振るい、破竹の勢いで全世界を席巻するSUV旋風は依然留まることを知らず(や、実はすでに欧州方面では次なるトレンドが生まれつつあると感じているのだけど、それはまた別の機会に!)、これまでそんなデカ・ボディはむしろdisる方向でクルマ作ってたやん!みたいなラグジュアリーカー・メーカーまでもが、じゃかすかセグメントに参入し [全文を読む]

【試乗記】ベントレー・ベンテイガ、ベントレー史上もっともオーナーを選ぶクルマと言っても過言では無い:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年04月20日16時00分

まるで冬場のインフルエンザがごとき猛威を振るい、破竹の勢いで全世界を席巻するSUV旋風は依然留まることを知らず(や、実はすでに欧州方面では次なるトレンドが生まれつつあると感じているのだけど、それはまた別の機会に!)、これまでそんなデカ・ボディはむしろdisる方向でクルマ作ってたやん!みたいなラグジュアリーカー・メーカーまでもが、じゃかすかセグメントに参入し [全文を読む]

アニメ「D.Gray-man HALLOW」より『ラビ』を立体化 巨大な武器をスタイリッシュに構えて微笑む姿で登場

@Press / 2017年03月13日10時30分

なびいたマフラーやジャケットに加え、トレードマークの眼帯やバンダナまで、原型:今井優(新居興業)&彩色:森山奈菜(リボルブ)によって精密に再現されています。■商品概要・商品名 :G.E.M.シリーズ D.Gray-man HALLOW ラビ ( http://p-bandai.jp/item/item-1000113067/?rt=pr )・価格 :14, [全文を読む]

【試乗記】マツダ CX-3、ガシガシと使い込みたくなる、AWD × MTに一番萌えた:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年03月08日16時00分

コンパクトクロスオーバーといえば、先に試乗記を書いたBMW X1 xDrive 18d Xlineだけでなく、コチラにも試乗が叶ったのでレポートしておきたい。マツダ「CX-3」がマイナーチェンジを受けて登場である。 今や乗用車として、ピカチュウを超えるレアキャラとなってしまった国産ディーゼルを搭載する、クリーンディーゼルエンジン専用モデルだ。まずはインテリ [全文を読む]

【試乗記】BMW X1 xDrive 18d、ワクワクするトルクもスポーティーな走りも魅力的、それ以上に燃費性能にも注目したい:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年03月05日18時00分

世界中に蔓延するSUV大流行の波は、依然勢いの留まることを知らない。今やどんなラグジュアリーカーメーカーであっても、SUV作らぬは一生の恥とばかりにじゃかすかニューモデルを導入しているのはご存知の通りだ。そんなブームに先駆けて、バラエティ豊かなクロスオーバーモデルのラインナップを早い段階から展開・完成してきていたのがBMWである。 BMWは自社のクロスオー [全文を読む]

【試乗記】BMW i3 可愛い姿にぎゅっとBMWらしい毒が盛り込まれたパッケージ:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年02月06日17時00分

ステイタスシンボルとしても魅力的なシティコミューターが、さらに航続距離を伸ばしたとなると・・・ほら、欲しくなった人も多いのでは? ■BMW Japan 公式サイト http://www.bmw.co.jp/ja/index.html 【ギャラリー】BMW i3 (53枚 [全文を読む]


【試乗記】BMW 330e ハンドルを握る者に圧倒的な『駆け抜ける歓び』を提供してくれる:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年12月09日17時00分

メチャ速。鬼トルク。そこからもたらされる圧巻のドライビングプレジャーは、これまで経験したことのないほどに異次元の踏み心地だ。試乗中、やたらにニヤニヤしてしまって撮影に困ってしまったくらい。BMWの基幹モデルである3シリーズのプラグインハイブリッド、330eである。モタつきの気になる停車状態、つまりアクセルの踏みはじめからギラっと鋭い加速がタイムラグなしに始 [全文を読む]

【試乗記】びっしりと張り巡らされた「ムード」が頑なまでに統一された、ハーレーダビッドソン「ソフテイルスリムS」:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年11月23日17時00分

リターンライダーにとっての一つの夢、それが「いつかはハーレー!」って人も多いんじゃないかと思う。でもその「いつか」を待っていたらなんだか体力も落ちて来ちゃって、若い頃みたいに体力でバイクをねじ伏せることに一抹の不安もあるし、なによりハーレーってなんつーの、オカネを掛け出したら底なし...ヘタしたらちょっとしたクルマでも買えるんじゃないの(涙)、的不安要素も [全文を読む]

【試乗記】びっしりと張り巡らされた「ムード」が頑なまでに統一された、ハーレーダビッドソン「ソフテイルスリムS」:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年11月23日05時00分

リターンライダーにとっての一つの夢、それが「いつかはハーレー!」って人も多いんじゃないかと思う。でもその「いつか」を待っていたらなんだか体力も落ちて来ちゃって、若い頃みたいに体力でバイクをねじ伏せることに一抹の不安もあるし、なによりハーレーってなんつーの、オカネを掛け出したら底なし...ヘタしたらちょっとしたクルマでも買えるんじゃないの(涙)、的不安要素も [全文を読む]

【試乗記】日産 GT-R 、歴代初めて女性にも乗って欲しくなるくらいのエレガントな仕上がり:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年10月21日17時00分

ゴツくてガッチリ、質実剛健。いかにも男性的なメカメカしい外観。それはチャラい気持ちで「ちょっとカッチョいいから乗ってみようかな、あははん」なんて浮ついた気分を、見た目からしてバッサリと排除しているようだ。乗り手側のほうに武士道がごとき走りへの誠実な向上心がないと、サイドシルさえも跨がせていただけないような。そう言う意味では私にとって、あらゆるスーパースポー [全文を読む]

『佐賀インターナショナル バルーンフェスタ』夢の様に美しく、おとぎ話の様にエレガント、熱気球をリスペクトし繋がりを大事にしたのは:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年10月16日16時00分

世界で最もフォトジェニックな競技のうちのひとつと、断言してもいい。まるで夢のように美しく、おとぎ話のようにうっとりとエレガント、一度その光景を目にしたら、誰もがきっと虜になるに違いない。かくいう私も、口を開けて数々の気球を眺めながら、いつの間にか吸い寄せられるように夢中でシャッターを押していた。 稲刈りの終わった広大な佐賀平野に、次々と音もなく飛来する色と [全文を読む]

【試乗記】伝統を打ち破る革新。ボルボ XC90&トライアンフ ボンネビルT120:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年08月16日17時00分

この夏は個人的なテーマとして、ブレイクスルーということをよく考えている。次なる新しい自分に出会うために、どうしたら過去の殻を打ち破れるのか。どうしたらより良き未来を構築出来るのか。もちろん明確な答えなんて得られてなくて、自問自答は堂々巡りなのだけれども、まあ、色々迷える子羊なわけです。 そんなちっぽけな個人レベルですら至難を極めるブレイクスルーを、しかし華 [全文を読む]

【試乗記】YAMAHA SR400 「A memory on a far day is revived」:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年07月14日13時00分

かつて、燃えるような恋をした。 若さゆえの、なにもかもを吸収するような、欲望も我儘も嫉妬もいっしょくたに寸胴鍋でじっくりコトコト煮込みました!みたいな、幼いからこそ激しくも集中した恋である。共に過ごした時間、逢えないもどかしさ、思い通りにならないコミュニケーション。だからこそ、余計に相手が愛おしかった、あの日々。そしてある日、大人になった私は、風の便りで彼 [全文を読む]

【Hawaii Touring】バイクで楽園ハワイを満喫、いつもとは違う空気を感じる事ができる:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年07月02日17時00分

ちょっと気が早いけど、今年の夏休みをどう過ごそうかと悩んでいる諸兄もそろそろいらっしゃるのではないかと思い、ご提案も兼ねてスペシャルなツーリングレポートをお届けしたい。今年の夏は、楽園ハワイをバイクで駆け巡るというのはどうだろう。 私自身も若かりし頃、はじめての海外旅行で訪れたときに完全に魅了されて以来、折に触れて幾度となく訪れているハワイ。その素晴らしさ [全文を読む]

【試乗記】「MINI COOPER CONVERTIBLE」、乗るたびに激しくハートを揺さぶる新型MINI:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年06月15日17時00分

断然、タイプ。ここ近年で稀に見るド・ストライクのタイプ。いや、ディーン・フジオカのことじゃない。まあ、それも語り出したらだいぶアツくなれそうなのだが、今回の論点は新世代のMINIである。いやこの洗練、マジでイケメンなだけじゃなくマルチリンガル、しかも愛妻家ときているディーン氏になぞらえられなくもない。とにかく新型MINIってば全方位的にスンバラシイのである [全文を読む]

【試乗記】初心者やリターンライダーにも自信を持ってオススメ「BMW Motorrad R1200R」:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年06月09日17時00分

もしもう少し年齢を重ね、相方となるバイクへの欲求が"冒険"とか"チャレンジ"から"ゆとり"とか"余裕"方向へシフトしてくるような日が来たときには、こんなのがベストなのかもな、と思った。BMW Motorrad 「R1200R」だ。そのシブい外観...ともすればちょっと立ち姿に一抹のヴェテラン感すら漂う風貌がコンサバティブな雰囲気を立ち上らせるコチラ、ナカミ [全文を読む]

【試乗記】「新型プリウス」ならもっと遠くへ、走りを楽しむためだけに乗り出せる!:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年05月27日17時35分

ハイブリッドカーは重たいから高速道路に弱い?いやいや、そんなこと思ってたら怪我しまっせ。...いや、怪我はしませんけど、それくらいにだいぶビックリしますよということを言いたかったのです。大袈裟ですみません。新型プリウスだ。 最近じゃ街のあちこちでもちらほらとあの印象的すぎるテールランプを見かけるようになってきたのだけど、まだまだ納車を待っていらっしゃる方も [全文を読む]

【試乗記】いつかコレでサハラを走りたい! Honda CRF1000L Africa Twin:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年05月13日17時00分

最初に断わっておくけど、私は二輪のプロじゃない。四輪のジャーナリストとして日々自動車の評論を行っている、ただのバイク好きだ。そのバイクだって、乗りまくっていた女子大生時代以来、10年を越えるタイムラグを経て、昨年5月に大型免許を取得したっていう、れっきとしたリターンライダーである。でももしこれを読んでいるあなたが、私のようにいくつかの時を経てバイクにもう一 [全文を読む]

【試乗記】「Audi A4」心を震わせる先進技術の見せ方、タイヤひと転がりでわかる進化、この演出は、さすがアウディ!:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年05月04日17時00分

近頃アウディがちょっと販売戦略を変えてきたように思う。感覚的には日本に新型TTが導入されてきたあたりからだ。これまでの、「どう、オレおしゃれっしょ!」みたいな、とかくファッション性をゴリゴリ推す方式から、テクノロジーとかエンジニアリングにフォーカスしたプロモーションにシフトしてきたのだ。「技術の〇ッサン」(オッサンではない)じゃないけど、ベタに言うならそん [全文を読む]

フォーカス