北原亘のニュース

KING GEAR FC緊急参戦!元プロ選手が集結、アマチュア5人制サッカー『アットホーム F5WC 2016-2017』決勝大会出場を正式発表

@Press / 2017年02月09日10時00分

『KING GEAR』公式サイト : http://king-gear.com/『KING GEAR』公式Facebook : https://www.facebook.com/kinggearofficial/『F5WC JAPAN』公式サイト : http://f5wc.jp/『F5WC JAPAN』公式Facebook: https://www.fa [全文を読む]

名古屋オーシャンズのレジェンド、元フットサル日本代表の北原が現役引退《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2015年12月23日19時41分

▽Fリーグの名古屋オーシャンズに所属する元フットサル日本代表FP北原亘(33)が23日、2015/2016シーズンをもって現役を引退することを発表した。▽東京都の暁星高出身の北原は、2006年に名古屋オーシャンズの前身チームである大洋薬品/BANFF時代にプロ契約選手として加入。2007年には改称した名古屋オーシャンズとともに新設のFリーグに加盟し、Fリー [全文を読む]

[Fリーグ]名古屋が大阪と接戦の末に4試合ぶり勝利

ゲキサカ / 2014年10月21日16時53分

クラブ史上初のリーグ戦3試合未勝利という状況だったが、この試合では前半3分にFP北原亘のゴールで先制する。さらに同19分にもFP吉川智貴のゴールでリードを2点に広げた。 後半に入ると大阪は試合を優勢に進める。しかし、得点を挙げられないと、後半16分からFP森秀太をゴレイロにしたパワープレーに出る。すると同18分にはFPヴィニシウス(写真)のゴールで1点差に [全文を読む]

[Fリーグ]終盤のゴールラッシュでアジア王者・名古屋が浜松との東海ダービーを制す

ゲキサカ / 2014年09月08日16時00分

名古屋は15分、FP北原亘のゴールで名古屋とのリードを広げて、2-1で前半を折り返した。 後半7分には浜松がFP三輪修也のゴールで、再び同点に追いつく。その後は両チームともに得点を挙げられないまま、時間が推移。それでも同16分にFP吉川智貴が勝ち越し点を挙げて均衡を破ると、オウンゴール、さらにFP森岡薫のゴールで5-2として勝利を収めている。 次節、浜松は [全文を読む]

[AFCフットサルクラブ選手権]完全アウェーの中、引き分けた名古屋がA組首位通過

ゲキサカ / 2014年08月28日17時05分

名古屋は、GK篠田龍馬、FP北原亘、FP渡邉知晃、FP森岡薫、FP吉川智貴が先発した。試合は前半9分、FP白方秀和とのワンツーで中央を抜け出したFPシンビーニャのゴールで動き始める。同10分、深圳FPダニーロに同点ゴールを決められるが、12分にセットプレーからシンビーニャの強烈なシュートをFP北原亘がファー詰めし、再びリードを奪う。 しかし、北原のゴール [全文を読む]

[Fリーグ]2度目のアジアクラブ選手権制覇を目指す名古屋FP北原「冷静に戦うこと」

ゲキサカ / 2014年08月25日17時05分

かつて、すみだの前身である『ボツワナ』でプレーしていた経験のあるFP北原亘にとっては、古巣との対戦だった。北原は試合後、この試合を振り返り、8月25日から30日まで、中国の成都で行われるAFCフットサルクラブ選手権2014に向けてコメントをしている。 以下、試合後のインタビュー●FP北原亘(名古屋)―北原選手にとっては、古巣との試合でした。感慨や負けたくな [全文を読む]

[Fリーグ]白熱の東海ダービーは名古屋が浜松に競り勝つ

ゲキサカ / 2014年08月04日13時56分

今季すでに1敗を喫している名古屋は、後半3分にFP前純内マティアス・エルナンのゴールで同点に追いつくと、同8分にはFP北原亘がゴールを決めて、試合をひっくり返す。勢い付いた名古屋は、後半10分にもFPラファエル・サカイが得点を挙げて、リードを2点に広げた。 このまま名古屋が優勢に試合を進めるかと思われたが、浜松が粘りを見せる。後半13分にFP江藤正博が追 [全文を読む]

【コラム】名古屋崩落と新王者・大阪の誕生…Fリーグ10年目に起きた“大事件”が意味する日本フットサルの未来とは

サッカーキング / 2017年03月24日19時11分

チームを支えてきた北原亘、ペドロ・コスタが引退し、絶対的なエース・森岡薫を放出。コスタ新監督のもとで、若手・中堅を中心に再構築を始めた。しかし、森岡の代役として獲得したブラジル人・シノエが、開幕直前に諸事情で帰国してしまう不測の事態に遭い、最後まで尾を引いた。 それでもシーズン序盤、7月に行われたAFCフットサルクラブ選手権で、苦しみながらも2年ぶりの大会 [全文を読む]

顔触れが多彩すぎる…愛媛、復興支援エキシビジョンマッチの第3弾追加メンバー発表

ゲキサカ / 2016年09月14日08時57分

以下、出場予定メンバー(第3弾追加は下から7名) 福西崇史(元日本代表) JOY(モデル) 中村昌也(俳優) ケツメイシ・大蔵(歌手) 海堀あゆみ(元女子日本代表) 徳田耕太郎(フリースタイルフットボーラー) ディエゴ・加藤・マラドーナ(お笑い芸人) 戸田和幸(元日本代表) 川上直子(元女子日本代表) 山田親太郎(俳優) 北原亘(元フットサル日本代表) [全文を読む]

【編集部コラム】最強の“矛”を手にしたペスカドーラ町田が絶対王者・名古屋オーシャンズの10連覇を阻むか

超ワールドサッカー / 2016年06月10日21時00分

さらに、森岡と共にチーム創世期から支えてきた元日本代表FP北原亘、そしてフットサルの教科書とまで言われたポルトガル代表FPペドロコスタが現役を退いた。▽そのペドロコスタを新監督に据えて迎える10連覇がかかったシーズンだが、エースの代役として獲得したブラジル代表FPシノエが“一身上の都合”で開幕前に退団した。チームの根幹をなしてきたベテランたちがチームを去り [全文を読む]

10年目のFリーグ開幕!! 新王者誕生の期待が高まる節目のシーズンへ!!

超ワールドサッカー / 2016年06月10日18時46分

生粋の点取り屋である日本代表FP森岡薫が退団し、森岡と同じく初年度から在籍していた元日本代表FP北原亘、そしてポルトガル代表FPペドロコスタが現役を引退した。そのペドロコスタを新監督に据えて10連覇を目指すが、エース・森岡の代役として活躍が期待されたブラジル代表FPシノエが、開幕を前に退団するなど不安を残したまま新シーズンを迎える。唯一のプロチームとして“ [全文を読む]

10周年の節目迎えるFリーグがキックオフカンファレンスを実施《SuperSports XEBIO Fリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年06月01日15時00分

2日間では、歌手のナオト・インティライミ率いるスワーブスと、GLAYのTERU率いるビクトレイルの『熊本・大分復興支援チャリティーマッチ』や、昨シーズン限りで現役を引退した北原亘氏も出場する『Fリーグレジェンドマッチ』も行われる。◆SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017開幕節▽6月11日(土)《13:30》エスポラーダ北海道 vs [全文を読む]

町田が4連覇を目指した名古屋を撃破し初優勝!《第21回全日本フットサル選手権》

超ワールドサッカー / 2016年03月13日17時41分

しかし、名古屋はすかざす北原亘がセルジーニョのクロスに合わせた。勝ち越された町田だったが20分、ボラが同点弾を決め、イーブンの状態で前半を終える。▽なんとか前半のうちに試合を振り出しに戻した町田は、この勢いを後半に持ち込むと、24分に森谷優太のドリブル突破から金山友紀が逆転弾。町田がついに試合をひっくり返す。▽その後、名古屋の猛攻を受け始めた町田だが、33 [全文を読む]

[Fリーグ]日本代表FP森がボートレーサーを目指して現役を引退 「ただ一度きりの人生」

ゲキサカ / 2016年02月08日17時32分

名古屋では同じく今季限りでの現役引退を表明しているFP北原亘の後を継ぎ、名古屋の2代目キャプテンにも就任。出場機会を求めて移籍した大阪では中心選手として活躍し、Fリーグ2015/2016でも好プレーを見せていた。ミゲル・ロドリゴ監督の率いるフットサル日本代表のトレーニングキャンプにも選出されていた。10日に開幕するAFCフットサル選手権の予備登録メンバーに [全文を読む]

絶対王者・名古屋が下剋上・府中に逆転勝利しリーグ9連覇を達成!《ゼビオFリーグ》

超ワールドサッカー / 2016年01月09日16時10分

しかし、26分に今シーズン限りで引退を表明しているFP北原亘のラストパスをFPペドロ・コスタが押し込んで名古屋が4点目を奪うと、30分にはFPシンビーニャがゴールを決めて名古屋が府中を突き放した。▽翌日の第2戦を戦うためには3点が必要となった府中は、ここから山田ラファエルユウゴをGKにおいたパワープレーに出る。しかし、34分には森岡がこの試合2点目となるパ [全文を読む]

“ミスターオーシャンズ”北原が15-16シーズン限りで現役引退…08年にはFリーグMVP受賞

ゲキサカ / 2015年12月23日22時07分

名古屋オーシャンズは23日、FP北原亘(33)が2015-16シーズンをもって現役を引退することを発表した。引退試合等は現在調整中だという。 暁星高出身の北原は、2006年に名古屋オーシャンズの前身チームである大洋薬品/BANFF時代にプロ契約選手として加入。06年から11年までキャプテンを務め、08年にはFリーグのベスト5、最優秀選手賞を受賞し、ここまで [全文を読む]

[Fリーグ]プレーオフファイナル進出の名古屋は湘南に5発快勝

ゲキサカ / 2015年02月17日12時21分

プレーオフに向けた調整もしておきたい名古屋は、FP北原亘がケガから約2か月半ぶりに復帰を果たしている。試合は2連敗中の湘南が、前半5分にFP岡村康平のゴールで先制する。しかし、地力で上回る名古屋は、13分にFP吉川智貴、同16分にもFP星龍太が立て続けにゴールを奪って一気に逆転した。 後半も名古屋は得点を重ね、後半2分にはFP八木聖人が得点を決める。同1 [全文を読む]

[Fリーグ]名古屋が後半の2ゴールで大分に勝利、連敗の大分は3位後退

ゲキサカ / 2014年12月08日18時34分

FPシンビーニャに続き、FP北原亘も負傷で欠くことになった名古屋だが、2-2で迎えた後半に2ゴールを挙げて、4-2で大分を下している。 前節、仙台に不覚をとった大分は、キックオフからわずか37秒で日本代表FP小曽戸允哉が先制点を決める。しかし、名古屋も鉄人FPペドロ・コスタのゴールで追いつく。同15分には大分のFP田村龍太郎が追加点を挙げたが、同18分には [全文を読む]

[Fリーグ]ケガ人続出の名古屋、FP北原も全治3か月の重傷

ゲキサカ / 2014年12月05日11時34分

Fリーグの名古屋オーシャンズは、FP北原亘が負傷したことを発表した。北原は、右足の第2中足骨骨折で、全治3か月と診断された。 北原は、自身のTwitterで「チーム公式ページに掲載されましたが、昨日のフウガドール戦で足を骨折してしまい、長期離脱が決定しました。チームが大変な時期での離脱で、色々と迷惑を掛けてしまいますが、やってしまった事を悔やんでも仕方ない [全文を読む]

[Fリーグ]審判批判の仙台 比嘉監督と名古屋 FP北原にリーグが注意

ゲキサカ / 2014年10月13日19時55分

Fリーグは11日、ヴォスクオーレ仙台の比嘉リカルド監督と名古屋オーシャンズのFP北原亘に厳重注意をしたことを発表した。 比嘉監督は、5日の第16節対町田戦後の記者会見で、判定を不満として「審判へたくそ」と発言。リーグは、「Fリーグの試合で指揮を執る監督として、フットサル競技規則を遵守しなかったこと(審判員に対する異議)となります。また、多くの関係者、フット [全文を読む]

フォーカス