武藤俊憲のニュース

ホストの片山晋呉が賞金王対決を制して準決進出!

ParOn.(パーオン) / 2015年09月12日17時04分

文・高桑均【2回戦の結果】○片山晋呉 6&4 ×薗田峻輔○小田孔明 4&2 ×深堀圭一郎○今平周吾 1UP ×松村道央○堀川未来夢 2UP ×竹谷佳孝○小平智 1UP ×谷口徹○近藤共弘 2UP ×塚田陽亮○武藤俊憲 3&2 ×谷原秀人○稲森佑貴 3&2 ×星野英正【3回戦の結果】○片山晋呉 2UP ×小田孔明○今平周吾 4&3 ×堀川未来夢○近藤共弘 4 [全文を読む]

国内男子ツアーを”白い”クラブが席巻!!『R11S ドライバー』『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド』が8戦連続モデル別使用率No.1を記録!

PR TIMES / 2012年06月27日09時16分

国内男子ツアーを”白い”クラブが席巻!!「テーラーメイド」契約プロのブラッド・ケネディ、武藤俊憲によるワン・ツーフィニッシュを達成!!『R11S ドライバー』『TaylorMade ROCKETBALLZ フェアウェイウッド』が8戦連続モデル別使用率No.1を記録!テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)では、同社が展 [全文を読む]

武藤俊憲、宮里優作が首位T 今平周吾は後半乱れ7位後退

ParOn.(パーオン) / 2017年04月29日19時43分

この日“65”のハイスコアでラウンドした武藤俊憲とスコアを3つ伸ばした宮里優作がトータル11アンダー首位タイでフィニッシュ。共に2年ぶりの勝利をかけて最終日に挑む。1打差3位タイに片岡大育、谷口徹、2打差5位タイに永野竜太郎、藤本佳則が続いている。10アンダー首位タイから出た今平周吾は、後半13番のボギーの直後、14番パー4で痛恨のダブルボギー。トータル8 [全文を読む]

「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」~大会第一日目~大会ホスト片山晋呉、ディフェンディング・チャンピオン武藤俊憲が初戦で姿を消す波乱の幕開け!

PR TIMES / 2016年07月29日19時10分

武藤俊憲VS時松隆光】ディフェンディングチャンピオンが初戦で敗れる波乱が起こった。前年覇者の武藤俊憲プロは時松隆光プロと対戦。出だしの1番ホール、2番ホールと連続で落とす苦しいスタートとなったが、マッチプレーは1打で流れが変わるのでと話していた通りに、徐々に地力を発揮する。しかし、先週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で優勝し、最後の1枠に滑り込ん [全文を読む]

好カードが目白押し!全32選手の対戦組み合わせを発表!片山プロ「優勝賞金はリオへの軍資金にします!」と抱負を語る

@Press / 2016年07月29日10時45分

1回戦で深堀プロとの対戦が決まった、本大会ホストプロを務める片山晋呉プロは「今年こそは優勝して、賞金はリオへの軍資金にします!」と昨年のリベンジを誓うと、1回戦で先週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で初優勝を果たし、今勢いがある若手の時松隆光プロと対戦する、ディフェンディングチャンピオンの武藤俊憲プロは「先週優勝して波に乗っていますが、僕が彼にマッ [全文を読む]

バーディ合戦の末、プレーオフを制した谷原秀人が2週連続優勝!

ParOn.(パーオン) / 2016年07月10日23時43分

初日から3日間トップ3を守ってきた武藤俊憲、谷原秀人、宋永漢が激しいバーディ合戦を繰り広げる中、雷雲接近のため二度に渡って試合が一時中断。そこでリズムを崩した武藤に谷原が追いつき、プレーオフにもつれ込んだ末、武藤が痛恨のボギーをたたき勝負あり。パーセーブとした谷原が2週連続となる優勝を手にした。結果、通算スコアでは谷原と武藤が22アンダー、宋は20アンダー [全文を読む]

武藤俊憲が完全Vに王手! 先週覇者の谷原秀人が追う

ParOn.(パーオン) / 2016年07月09日19時26分

6打差の首位で出た武藤俊憲が前半苦しみながらも後半巻き返して通算16アンダーで首位をキープ。初日からのリードを守り、完全優勝に王手をかけた。 前半4ホールで3ボギーと苦しいスタートを切った武藤だったが、5番でバーディを奪うと、その後は忍耐のゴルフを展開。12番で4メートルのバーディパットを沈めると、せきを切ったようにバーディラッシュ。後半は5バーディを奪っ [全文を読む]

今季2度目のアルバトロス達成の武藤俊憲が2日連続の単独首位!

ParOn.(パーオン) / 2016年07月09日01時02分

単独首位でスタートした武藤俊憲は3番、4番で連続ボギーをたたいたものの、7番でバーディを奪うと続く8番ではアルバトロスを達成するなど、初日のいい流れを維持。1アルバトロス、4バーディ、2ボギーの67、通算13アンダーでホールアウトし、単独首位を守った。 初日に単独2位につけた宋永漢は3バーディ、1ボギーの70、通算7アンダーと堅実なゴルフをして2日目も単独 [全文を読む]

武藤俊憲がコースレコード64をたたき出し単独首位発進!

ParOn.(パーオン) / 2016年07月07日22時41分

初日8アンダーで単独首位に立ったのはツアー通算7勝目を狙う武藤俊憲。立ち上がりの1番、2番で幸先良く連続バーディを奪うと、バックナインの10番、11番でも連続バーディ。さらに15番、16番、17番、18番で4連続バーディを決め、この日は9バーディ、1ボギーの64とコースレコードをたたき出し、最高の形で2日目へとつなげた。 3打差の単独2位で武藤を追うのは、 [全文を読む]

韓国の趙炳旻が日本ツアー初勝利!

ParOn.(パーオン) / 2016年05月22日19時33分

3打差の5位タイには、池田勇太、塚田陽亮、B・ケネディが、4打差の8位タイは、塩見好輝、武藤俊憲、藤田寛之の3人がそれぞれ並んだ。<最終日結果>1位 趙炳旻(-1、通算-6)2位T 近藤共弘(0、通算-5)2位T S・ストレンジ(+5、通算-5)4位 川村昌弘(+1、通算-4)5位T 池田勇太(-4、通算-3)5位T 塚田陽亮(-2、通算-3)5位T B・ [全文を読む]

攻めの姿勢を貫いた市原弘大が単独首位に!

ParOn.(パーオン) / 2016年04月22日21時48分

続いて4位には台湾の洪健堯、5位には朴相賢、武藤俊憲、金庚泰、永野竜太郎、呉阿順の5人が並んだ。初日首位スタートとした永野は「今日は特にひどかったです」とショットの不調が響いて1バーディ、3ボギーの73でホールアウト。残り2日でのショットの修正が初優勝へのカギとなりそうだ。<2日目結果>1位 市原弘大(-6、通算-8)2位 S・カプール(-4、通算-7) [全文を読む]

熊本県勢が2位タイで最終日へ、金庚泰は首位堅守

ParOn.(パーオン) / 2016年04月16日18時35分

通算3アンダーの8位タイに武藤俊憲、貞方章男、ジュビック・パグンサン、池田勇太の4人が続く。 藤田寛之、宮本勝昌、高山忠洋、片山晋呉ら実力税が通算2アンダー、12位タイ。アマチュアで予選通過を果たしている亀代順哉さんが、この日5つスコアを伸ばして通算1アンダーの19位タイに浮上した。 なお、第3ラウンドと明日の最終ラウンドプレー終了後、チャリティサイン会が [全文を読む]

金 庚泰が逃げ切って今季4勝目! 石川遼は崩れて52位タイに終わる

ParOn.(パーオン) / 2015年09月27日15時09分

単独首位からスタートした金 庚泰(韓国)が、一時は武藤俊憲に並ばれたものの、3バーディ、1ボギーの68で回り通算9アンダーで逃げ切り、今季4勝目を挙げた。武藤と池田勇太が3打差の通算6アンダーで2位タイ。期待された石川遼は77と大きく崩れ、通算5オーバーの52位タイに終わった。 首位の金 庚泰、2打差を追いかける池田勇太と小平智の最終組が前半を終え、金は3 [全文を読む]

石川遼が4位タイ発進! 池田勇太、武藤俊憲が2位タイ、単独首位はP・マークセン

ParOn.(パーオン) / 2015年09月17日17時26分

プラヤド・マークセン(タイ)が6アンダーの単独首位、池田勇太と武藤俊憲が5アンダーの2位に並んだ。 この日24歳の誕生日を迎えた石川遼。インの11番、12番を連続バーディ、続く13番のボギーで前半を1アンダーで折り返すと、後半は1番のバーディで流れに乗って4バーディとスコアを伸ばし、6バーディ、2ボギーの68。首位に2打差の4アンダーで4位タイにつけた。 [全文を読む]

武藤俊憲がマッチプレー制覇で賞金7000万円+αゲット!

ParOn.(パーオン) / 2015年09月13日19時01分

片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権レクサス杯(9月11日~13日、北海道、恵庭CC、6988ヤード、パー72) 今季のISPSハンダグローバルカップをプレーオフで制している武藤俊憲が、午前中に行われた準決勝を突破して、午後の決勝に進出。見事本大会2代目の王者に輝いた。 午前中に行われた近藤共弘との準決勝を接戦の末1アップで制すると、決勝 [全文を読む]

武藤俊憲「今週だけはポールターよりうまかった」

ParOn.(パーオン) / 2015年06月28日17時44分

最終ラウンド、首位タイで出た武藤俊憲が6バーディ、3ボギーの68で回り、通算14アンダーで並んだアンジェロ・キューとのプレーオフを制して今季初優勝、3年ぶりの通算6勝目を挙げた。 4打差に19人がひしめく混戦でスタートした最終日。上位陣が伸び悩む中、最終組の4組前から7アンダーでスタートしたアンジェロ・キューが64で回り、通算14アンダーでホールアウト。こ [全文を読む]

武藤俊憲がプレーオフを制して3年ぶりの優勝!

ParOn.(パーオン) / 2015年06月28日15時27分

通算14アンダーで武藤俊憲とアンジェロ・キュー(フィリピン)が並び、プレーオフに突入。勝負は2ホール目で決着し、3年ぶりの通算6勝目を挙げた武藤が新規大会の初代王者に輝いた。 首位タイで最終組をスタートした3人が前半を終え、武藤俊憲は2バーディ、1ボギーと一つ伸ばして通算12アンダーで首位をキープ。H・W・リュー(韓国)は3バーディ、3ボギーと伸ばせず通算 [全文を読む]

武藤俊憲が首位タイに浮上! ホストプロの藤本佳則は10位タイに後退

ParOn.(パーオン) / 2015年06月27日15時08分

4位タイの武藤俊憲が66で回り、通算11アンダーの首位タイに浮上。矢野東、H・W・リュー(韓国)が同じく首位タイで並んだ。ホストプロの藤本佳則は通算7アンダーで4位タイから10位タイに後退した。 首位に4打差の4位タイからスタートした武藤俊憲が、6バーディ、1ボギーの66で回り、5つスコアを伸ばして通算11アンダーの首位タイに浮上。H・W・リュー(韓国)も [全文を読む]

武藤俊憲、武田信玄にあやかって3年ぶりV狙う

ParOn.(パーオン) / 2015年06月26日19時24分

ISPSハンダグローバルカップ(6月25日~28日、山梨県・ヴィンテージGC、6774ヤード、パー71) 山梨が生んだ戦国武将にあやかって、武藤俊憲が3年ぶりの優勝に向けて躍進する。 ISPSハンダグローバルカップの第2ラウンドが行われ、11位タイで出た武藤が6バーディ、3ボギーの68で回り、通算6アンダー、首位と4打差の4位タイに浮上した。 昨年終盤の4 [全文を読む]

ホストプロの武藤俊憲、昨年のリベンジとストップ外国勢が使命

ParOn.(パーオン) / 2015年05月27日18時27分

明日開幕する~全英への道~ミズノオープンでは、ホストプロの武藤俊憲が昨年の不運のケガのリベンジとともに、もう一つのストップ外国勢に挑む。 武藤はミズノとクラブ契約を結び、初めてホストプロとして迎えた昨年大会で、第1ラウンドの2番(パー5)で不運に見舞われた。ティショットを左のラフに打ち込み、2打目も左サイドのラフへ。3打目を打つ際に、目標を確認しているとス [全文を読む]

フォーカス