永島敬三のニュース

満を持して高橋一生回!夫婦とは、結婚とは、離婚とは…「男って他人の言うことは信じるのに、妻の言うことは信じない」/『カルテット』第四話レビュー

messy / 2017年02月08日23時00分

ちょうどそのタイミングで元妻さんの茶馬子(高橋メアリージュン)&西園寺(永島敬三)が腕を組んで登場し「何してんねん!」と叫んだものの、2人組・半田と隅田がタイミングよく現れたため誘拐は大成功、光太くんは別荘に。寝る間際の光太くんに「あのさパパ、いつ離婚終わるの? だいたい何月くらい?」と聞かれた愉高は切なくなったのか、唐突に「俺カルテット辞めよっかなあ。定 [全文を読む]

市原隼人、初主演舞台で侍を怪演!

Smartザテレビジョン / 2015年03月07日06時27分

市原の周りを固めるキャストには、テレビドラマなど幅広く活躍する実力派俳優の徳山秀典、岡本玲、ソニンらの他、阿久津愼太郎、小林豊、中村誠治郎、オレノグラフィティ、山内圭輔、辻本耕志、永島敬三、藤尾勘太郎、久々沢徹らが出演する。 本作は、300年続いた徳川幕府が終わり、明治維新の荒波が日本を揺るがした時代に存在した“最後のサムライ”と呼ばれた男・河井継之助( [全文を読む]

ソニン、ブロードウェイの新進気鋭演出家に「いい意味で裏切られた」

Entame Plex / 2015年03月06日18時47分

ステージには、主演の市原の他、キャストの徳山秀典、中村誠治郎、阿久津愼太郎、オレノグラフィティ、猪野広樹、山内圭輔、岡本玲、辻本耕志、永島敬三、藤尾勘太郎、久ヶ沢徹、ソニン、さらには演出家のイヴァン・キャブネットも登壇。 今作の舞台は、江戸時代末期。“最後のサムライ”と呼ばれ、動乱の時代に最後まで武士道を貫いた越後長岡藩の河井継之助の一生を描いている。 [全文を読む]

“侍”市原隼人に「男気を感じる」共演者絶賛 ソニン花魁姿で艶めく色気で魅了

モデルプレス / 2015年03月06日14時04分

そのほか中村誠治郎、阿久津槇太郎、オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)、猪野広樹、山内圭輔、岡本玲、辻本耕志(フラミンゴ)、永島敬三、藤尾勘太郎(犬と串)、久々沢徹、演出家のイヴァン・キャブネットが出席。舞台は同劇場にて3月15日まで上演される。 ◆「最後のサムライ」とは 同作は、300年続いた徳川幕府が終わり、明治維新の荒波が日本を揺るがした時代に存在した『 [全文を読む]

“侍”市原隼人に「男気を感じる」共演者絶賛 ソニン花魁姿で艶めく色気で魅了

モデルプレス / 2015年03月06日14時04分

そのほか中村誠治郎、阿久津槇太郎、オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)、猪野広樹、山内圭輔、岡本玲、辻本耕志(フラミンゴ)、永島敬三、藤尾勘太郎(犬と串)、久々沢徹、演出家のイヴァン・キャブネットが出席。舞台は同劇場にて3月15日まで上演される。 ◆「最後のサムライ」とは 同作は、300年続いた徳川幕府が終わり、明治維新の荒波が日本を揺るがした時代に存在した『 [全文を読む]

市原隼人、舞台初主演で“ラストサムライ” 本人コメント到着

モデルプレス / 2014年11月08日12時07分

なお同作には、徳山秀典、岡本玲、ソニン、阿久津愼太郎、小林豊、中村誠治郎、オレノグラフィティ、山内圭輔、辻本耕志、永島敬三らが出演。また、ブロードウェイで活躍する新進気鋭の演出家、イヴァン・キャブネット氏が初めて日本の舞台を演出する。(modelpress編集部) [全文を読む]

フォーカス