林信吾のニュース

[林信吾]【もっとパラリンピックに注目しよう:オリンピックの6個目の輪 その6】~経済・財政から見る五輪~

Japan In-depth / 2016年01月25日18時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」本シリーズでは「五輪」という表記を用いてきたが、これは毎度「オリンピック・パラリンピック」と書いていては、いかにもくだくだしいからである。オリンピックだけならば、それほどでもないのだが、そうは行かない。2020年東京五輪を考えるに際して、パラリンピックを忘れることなどできないのだ。2012年ロンドン五輪が [全文を読む]

[林信吾]【五輪招致という政治活動:オリンピックの6個目の輪 その3】~経済・財政から見る五輪~

Japan In-depth / 2016年01月15日07時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」2020年東京五輪は、よく知られるように二度目の開催ということになるが、英国の首都ロンドンは、すでに三度開催している。1908年、1948年、そして2012年である。前回、開催費用の問題に触れたが、1908年の大会に投じられた費用が1万5214ポンドであったのに対し、2012年のそれは、インフラ整備などの [全文を読む]

朝鮮戦争特需、米国にも 金王朝解体新書 その4

Japan In-depth / 2017年06月01日18時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・第二次大戦後、日本企業は朝鮮特需で息を吹き返した。・実はアメリカの軍需産業も大いに潤った。・戦争で経済が潤ってもそこに「真の豊かさ」はない。 わが国では、戦後の復興と経済成長について多少なりともする人であれば、朝鮮戦争による特需を見逃すことはない。ただ、すでに60年以上も前の話で、とりわけ若い [全文を読む]

朝鮮戦争は「誤算の連鎖」 金王朝解体新書 その3

Japan In-depth / 2017年05月05日14時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・1950年北朝鮮軍はソウルを占領。・米・韓軍、戦略見誤るも、結局1953年に停戦成立。・朝鮮戦争から独裁者らの「誤算の連鎖」が見て取れる。 ■未だ終結していない朝鮮戦争1950年6月25日、北朝鮮軍は38度線を突破。韓国領になだれ込み、わずか3日後にはソウルを占領した。1953年7月23日に停 [全文を読む]

イ・スンマン登場 金王朝解体新書 その2

Japan In-depth / 2017年05月03日12時05分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・朝鮮半島南にカリスマ的指導者、イ・スンマン登場。・1945年米英ソによるモスクワ協定成立・1948年、韓国独立、北朝鮮樹立さる。 ■イ・スンマン(李承晩)の登場日本の敗戦により、朝鮮半島の植民地支配に終止符が打たれたのは、1945年8月15日のことであるが、大韓民国(以下、韓国)の建国記念日は [全文を読む]

「百戦百勝の英雄」金王朝解体新書 その1

Japan In-depth / 2017年05月02日11時19分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・日本の敗戦で朝鮮半島には分断国家が誕生。・ソ連は共産党一党独裁の衛星国家を東欧に樹立。・同様に金日成も独裁国家のカリスマ的指導者として担がれた。 ■分断国家として再出発「朝鮮半島の戦後史は、解放と分断によって始まった」と言われる。日本の敗戦により、植民地支配からは解放されたが、同時にそれは、分 [全文を読む]

人が殺人者や暗殺者になる時 暗殺の世界史入門その8

Japan In-depth / 2017年04月27日21時34分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・古来、正義感による殺人が一番多い。戦争も正義の名の下に行われてきた。・「テロとの戦い」を続けるものも「恐怖」に取りつかれている。・だからこそ、暴力以外の方法で行うべき。 ■殺人の動機人類の歴史の中で、正義感によって殺された人が一番多い、と聞かされたら、どう思われるであろうか。そんなバカな、と思 [全文を読む]

「アサシン」は実在したのか 暗殺の世界史その7

Japan In-depth / 2017年04月15日18時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・暗殺者=アサシン(英語)の語源は中世イスラム社会説。・現代でもイスラム差別が存在する。・宗教に無頓着なのは日本人だけ。 英語で暗殺のことをassassinationと言う。暗殺するという動詞はassassinateだ。フランス語起源の単語だが、語源をさかのぼると、中世イスラム社会に存在したとさ [全文を読む]

「殺人許可証を持つ男」は実在? 暗殺の世界史入門その6

Japan In-depth / 2017年04月08日00時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・ダイアナ元妃事故死にMI6関与疑惑。・007の産みの親イアン・フレミングは元英国海軍情報部員。・北朝鮮の要人警護のノウハウは海外でも売れているらしい。 1997年8月、パリにおけるダイアナ元妃の悲劇的な事故死について、英国王室が「暗殺疑惑」の対象となっていたことを、前回紹介した。実は、直接手を [全文を読む]

英国王室にささやかれる疑惑 暗殺の世界史入門その5

Japan In-depth / 2017年03月20日11時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」【まとめ】・英国に過去暗殺された国王いない。・王室が暗殺に関与の噂はある。・19世紀の首相射殺事件とダイアナ妃事故死がそれ。 4年前に『女王とプリンセスの英国王室史』(ベスト新書)という本を出していただいたが、執筆のためにそのさらに1年近く前から、英国史をおさらいした。そして、意外にも(などと書くと不敬の [全文を読む]

フォーカス