加川良のニュース

はっぴいえんどのオールメディアボックスから単体ハイレゾ音源が配信スタート

okmusic UP's / 2015年03月18日19時00分

■『はっぴいえんどマスターピース』2014年12月26日(金)発売 PCCA.04140/¥12,000(本体)+税<収録内容> ■アルバム「はっぴいえんど」「風街ろまん」 ■アナログ盤/デジタルリマスター CD/ハイレゾ音源ダウンロードカード ■はっぴいえんど資料集 (28Pアナログジャケットサイズ) /松本隆作詞ノート レプリカ(48P)■アルバム『U [全文を読む]

URCアナログ復刻シリーズ12作品をアナログLP&カセットテープで発売

okmusic UP's / 2017年04月30日13時00分

はっぴいえんど、をはじめ、五つの赤い風船、遠藤賢司、岡林信康、加川良、金延幸子、斉藤哲夫、ザ・ディランII、シバ、高石友也、高田渡、友部正人、中川五郎、早川義夫、休みの国、六文銭、三上寛など、ここからデビューした強烈な才能は枚挙にいとまがない。1960年代末の反戦・社会運動の高揚を背景に、綺羅星のごとく才能が集い、個性溢れる名盤を送り出し、今なお大きな影響 [全文を読む]

加川良追悼! 教育勅語復活のいまこそ思い出せ、国のために命を捨てることのばかばかしさを歌った「教訓Ⅰ」

リテラ / 2017年04月08日19時30分

「教訓I」、「こがらし・えれじぃ」、「親愛なるQに捧ぐ」、「下宿屋」などの楽曲で知られるフォークシンガーの加川良が、今月5日、急性骨髄性白血病のため亡くなったと報じられた。69歳だった。 加川良は、高田渡、岩井宏、岡林信康、高石ともや、遠藤賢司、ザ・フォーク・クルセダーズ、中川五郎らとともに1970年代のフォークブームを牽引した人物。作詞に困った吉田拓郎が [全文を読む]

加川良が急性白血病のため逝去

okmusic UP's / 2017年04月05日20時00分

フォークシンガーの加川良が4月5日の9時39分、急性白血病のため逝去した。69歳だった。【その他の画像】加川良加川は昨年12月9日から山梨県内の病院に検査入院し、12月14日には公式サイトにて「検査入院、少々つかれ気味でした。本日6日目、今しばらくの入院生活となりそうです」と直筆のコメントを掲載していた。葬儀は本人の意向を尊重し、家族・親族のみの密葬として [全文を読む]

カバー曲ばかりで勝負したスリー・ドッグ・ナイトの最高傑作『ナチュラリー』

okmusic UP's / 2017年04月07日18時00分

70年初頭と言えば、ジェームス・テイラー、キャロル・キング、エルトン・ジョン、キャット・スティーヴンスなど、当時はシンガーソングライターが大いに受けた時代で、日本でも高石友也、岡林信康、高田渡、加川良(残念なことに、4月5日に逝去)など、フォークシンガーを中心に自作自演が当たり前になりつつあった頃である。そんな中で、時代に逆行するような彼らのスタンスが僕に [全文を読む]

KKBOXにて甲斐バンドの初期名作タイトルが一挙に配信

PR TIMES / 2017年02月01日10時00分

その他にもフォーク&ニューミュージックシーンを開拓したチューリップや森山良子のオリジナルアルバム、斉藤和義の初期タイトルを含むシンコーミュージックの各タイトル、はっぴいえんど、五つの赤い風船、友部正人、加川良などを輩出し、“日本で最初のインディーズレーベル”と呼ばれたURCの名作タイトルも同時配信スタートします。[画像2: https://prtimes. [全文を読む]

“不滅の男”遠藤賢司の『東京ワッショイ』は、エンケンしか辿り着けなかった圧倒的高み

okmusic UP's / 2016年06月22日18時00分

高田渡、南正人ら東京勢、高石ともや、加川良ら関西勢、いずれのフォークシンガーたちとも交流を持ち、69~71年の三度行われた『中津川フォークジャンボリー』にも出演していることから、初期はフォークで語られることが多かったことは間違いない。しかし、69年のデビューシングル「ほんとだよ/猫が眠ってる」から当時のフォークソングとは一線を画していたことも間違いない。「 [全文を読む]

成海璃子が「失恋」をテーマにガチ選曲!!

PR TIMES / 2015年06月08日19時16分

[画像: http://prtimes.jp/i/3392/155/resize/d3392-155-384686-0.jpg ] ある音楽雑誌で自らのベスト10に、INU、遠藤賢司、加川良、ザ・スターリン、はっぴいえんど、THE BLUE HEARTS 等を選ぶなど、本物の音楽好きの成海さんが選ぶ「失恋」選曲とは? 現在、真剣に選曲中との情報もあり、何 [全文を読む]

<期限切れのトリックスター・桑田佳祐>勲章をポケットから出し、紅白で平和の歌を歌ったことに「謝罪文」を出す悲しさ

メディアゴン / 2015年02月19日02時08分

岡林信康、加川良、高田渡、遠藤賢司、フォーク・クルセダーズ。ずーっと若くなって尾崎豊なんて人の名も浮かぶが、筆者の基準ではトリックスターではない。トリックスターは明るさを兼ね備えていなくてはいけないと思うのだ。「自衛隊のいるところが非戦闘地域」と言う名言を残した小泉純一郎氏と「角栄の娘」田中真紀子というトリックスター同士が、手を結んでできた内閣が2001年 [全文を読む]

フォーカス