遠藤拓郎のニュース

急増する子どもの睡眠障害に対応!日本初!内科・耳鼻咽喉科・心療内科・精神科・小児科の総合的な子ども睡眠外来2月2日『キッズすいみんクリニック』 が銀座にオープン!

@Press / 2015年02月02日15時30分

スリープクリニック調布の院長である睡眠専門医・遠藤拓郎(えんたく先生)は、これまでに12,000名以上の不眠やいびきなどに悩む患者様の診療をしてまいりました。以前から、お子様のいびき、無呼吸、不登校、アトピーなどの睡眠障害が問題視されていますが、専門の医療施設はなく、症状を放置している現状があります。さらに、最近は病気ではないですが、生活習慣の変化などに [全文を読む]

パンパース睡眠アドバイザーが明かす! 子どもの頭が良くなる眠り方とは?

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

『頭のいい子が育つ超・睡眠法』新刊発売のご案内 フォレスト出版株式会社は、子どもが育ちやすい睡眠環境とそのための方法を紹介した書籍『頭のいい子が育つ超・ 睡眠法』( 遠藤拓郎・著)を発行いたしました。 ■夜泣きや寝坊・夜更かしに悩む親に朗報! 「夜泣 きする子どもをどう 寝かせつければよい か」 「脳の発達に欠かせない睡眠を効果的にとらせるには?」 「寝起 [全文を読む]

赤ちゃんの時こそ睡眠リズムを整えるチャンス!生後5日目からの睡眠習慣でママもパパも楽に!

Fuminners / 2016年07月25日11時23分

子どもの睡眠サイクルを整える秘訣を、睡眠の専門医である遠藤拓郎先生にお聞きしました。睡眠サイクルは、生後5日目ごろから整える大人は夜から朝にかけてまとめて寝る「単相性睡眠」をとります。一方、乳幼児期は寝たり起きたりを繰り返して小分けに眠る「多相性睡眠」。1日に何回も寝るため、どうしても夜中に目を覚ましてしまいます。そのため、親も赤ちゃんのリズムに合わせて寝 [全文を読む]

【それ、こむら返り?】睡眠中に足がつる原因と症状(医師監修)

Fuminners / 2016年02月24日14時16分

寝ているときに、突然ふくらはぎがつったような感覚になることはありませんか? 思わず飛び起きるほどの痛みに、眠るのが怖くなってしまうことも…一般的に「こむら返り」といわれるこの症状ですが、実はこむら返りではない場合が! ?症状の違いや対処法を、東京睡眠医学センター長の遠藤拓郎先生に伺いました。心当たりのない痛みは要注意! 足がつる原因と症状「足がつる原因にも [全文を読む]

電車と本に共通点!眠くなるワケと眠気を誘うメカニズムとは

Fuminners / 2015年11月04日13時38分

どうしても眠れないときに、あの感覚で眠りにつくことができればいいのに…!乗り物と睡眠の関係に詳しい、スリープクリニック調布の遠藤拓郎先生によると、電車などの乗り物で眠くなるのは、「馴化」(じゅんか)という身体の作用が原因なのだそう。知らないうちに利用している? 「馴化」を使って眠気を誘え!馴化とは、同じ刺激を受け続けると、その刺激に対する反応が鈍くなり、 [全文を読む]

【寝落ちヤバイ】電車で寝過ごすのには2つの理由があった

Fuminners / 2015年10月30日12時40分

座席に座ると突然襲ってくる、逃れられないあの強烈な眠気の正体は一体何なの!? 乗り物と睡眠の関係に詳しい、調布スリープクリニック院長の遠藤拓郎先生に聞いてみました!眠気の原因は、「暖かさ」と「揺れ」にあった「電車内で眠ってしまうのは、車内が暖かいのと、単調な刺激が続くためです」と遠藤先生。暖かい車内では手足の皮膚の表面にある血管が開き、体内の熱が放出されて [全文を読む]

子どもの睡眠問題を解決!子ども睡眠外来できいた注意点とは

Fuminners / 2015年06月11日11時00分

そこで今回は、同クリニック理事長の遠藤拓郎先生に、クリニック設立の経緯やその反響などについて伺ってみました。実は、子どもこそ睡眠問題を抱えやすい「これまで子どもの睡眠障害は見逃されてしまうことが多かったんです」と遠藤先生。例えば、先述の「不登校」についても、「いじめ」など人間関係に対する心の要因が大きいと捉えられ、なかなか「睡眠の問題」には着目されてこなか [全文を読む]

睡眠学習は効果なし! 学習効率を高める睡眠法6つ

Fuminners / 2017年06月02日17時00分

監修:監修:坪田聡(雨晴クリニック副院長) <参照>『ぐっすり眠れる5つの習慣』坪田聡(三笠書房)『合格を勝ち取る睡眠法』遠藤拓郎『受験脳の作り方』池谷裕二(新潮文庫)『「睡眠力」を上げる方法』白川修一郎(永岡書店)『脳も体も冴えわたる1分仮眠法』坪田聡(すばる舎)『パワーナップ仮眠法』坪田聡(フォレスト)photo:Getty Images ==== [全文を読む]

仮眠で一気に疲れをとる! 効果的な仮眠メソッド5つ

Fuminners / 2017年04月25日17時00分

監修:坪田聡(雨晴クリニック副院長) <参照>『睡眠専門医が教える!一瞬で眠りにつく方法』坪田聡(宝島社)『世界一の「睡眠の専門医」が教える4時間半熟睡法』遠藤拓郎(フォレスト出版)『ぐっすり眠れてすっきり起きる50のコツ』菅原洋平(宝島社)『脳も体も冴えわたる 1分仮眠法』坪田聡(すばる舎リンケージ)photo:Getty Images ==== 編集 [全文を読む]

「年をとると早起きに」をデータで証明

QLife / 2017年04月13日10時00分

東京睡眠医学センター長の遠藤拓郎先生によると、寝だめはNG。土日に寝だめをすると、体内時計がずれてしまい、月曜の朝がつらくなるためで、「土日でもなるべく平日と同じ時刻に起きられるように、睡眠不足をためないようにしましょう」とアドバイスしています。(菊地 香織) 関連リンク QLife AI技術で“音”から眠りの特徴を分析 QLife 日中の眠気、15分の [全文を読む]

フォーカス