栗原毅のニュース

夕刊フジが地方紙への連載コラム販売を本格化

PR TIMES / 2017年02月15日18時12分

■多彩な執筆陣 現在販売中のコラムは、ベテラン政治評論家・鈴木棟一氏がリアルタイムで政界の深層をリポートする「風雲永田町」▽元内閣参事官で嘉悦大教授の高橋洋一氏が政治経済から時事問題まで幅広く解説する「日本の解き方」▽作家・井沢元彦氏の「英傑の日本史 西郷薩摩烈士編」(いずれも月~金曜連載)のほか、週1でニュースキャスター・辛坊治郎氏、女優・室井滋氏、月 [全文を読む]

チョコを食べると太るは間違い、ハイカカオが健康をもたらす

NEWSポストセブン / 2017年02月08日16時00分

「チョコレートを食べると太るなんて、とんでもない! 今はチョコレートを食べて健康、が常識です」と話すのは、自身もチョコレート好きという栗原クリニック東京・日本橋の栗原毅さん。糖尿病や高血圧の患者にも、糖質を控えたカカオ70%以上のハイカカオチョコレートをすすめる。 「ハイカカオチョコレートはポリフェノールが豊富で、血糖値の上昇を抑制する働きがあります。食 [全文を読む]

元慶應大学特任教授が完全解説「チョコレート健康法」の驚くべき万能効果!(1)「カロリー」と「糖質」を間違うな

アサ芸プラス / 2016年10月19日05時55分

しかもチョコレートには食物繊維が豊富に含まれるため、糖の吸収を妨げ、ポリフェノールの働きで糖尿病治療に効果的なんです」 こう語るのは、今話題の著書「チョコは糖尿病によく効く、ヘモグロビンA1cがこんなに下がった」(主婦の友社)の著者で、元慶應大学特任教授の栗原毅医師(栗原クリニック東京・日本橋院長)だ。 食事によって摂取された糖質は小腸から吸収され血糖にな [全文を読む]

健やかで美しい心と体を目指す女性に向けた講演開催

美容最新ニュース / 2016年04月15日10時15分

美と健康に役立つ講演に加え、漢方に関する素朴な疑問も解決プログラムでは、栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅氏による「血管力をつけて健康美人になる」と題した講演と、イスクラ産業株式会社取締役で中医学講師の陳志清氏による「美と健康に役立つ中医学3つのポイント」と題した講演が開催される。続くスペシャル対談では、暮らしや料理に関したスタイリストである伊藤まさこ [全文を読む]

デング熱発症は昨年同時期の1.5倍、さらに重症化で死亡率15%!

週プレNEWS / 2015年08月12日06時00分

あれから1年、今年もデング熱パニックが日本を襲う危険性はあるのだろうか? デング熱に詳しい帝京大学医学部名誉教授の栗原毅氏がこう警告する。 「東南アジアではデング熱が昨年を上回るペースで発生しています。7月現在、マレーシアで6万7944人(死者185人)、フィリピンで4万593人(死者134人)、ベトナムで1万8千人(死者12人)などです。いずれも日本人 [全文を読む]

ケーキとせんべいどっちが太る?意外な「ダイエットの落とし穴」とは

BizLady / 2015年06月01日19時00分

■カロリーより“糖質”を気にして 同調査結果に関連して、栗原クリニック東京・日本橋院長で前慶応義塾大学特任教授の栗原毅先生によると、糖質については意外と知られていないことが多く、期待する効果が出にくい傾向があるとのこと。 <主食を減らした分を野菜で補おうと、ポテトサラダを選んだり、人気の春雨を食べている場合も、それらは原料にイモやでんぷんを多く含むため、 [全文を読む]

iPhoneの着信音を変える技!1週間の記事を振り返る【ITフィードバック】

ITライフハック / 2015年05月23日16時00分

監修にあたったのは栗原クリニック東京・日本橋の院長であり、前慶応義塾大学特任教授の栗原毅医師である。調査結果が気になる人が多いと思うので、さっそく調査結果を紹介しよう。■楽天モバイルからファーウェイ・ジャパンのスマホ「honor6 Plus」が登場楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズは2015年5月20日、華為技術日本株式会社(以 [全文を読む]

日本人はやはり糖質を摂りすぎ--サッポロ「食習慣と糖に関する実態調査」

えん食べ / 2015年05月21日18時00分

サッポロビールが、栗原クリニック 東京・日本橋院長の栗原毅医師監修のもと実施した「食習慣と糖に関する実態調査」では、多くの日本人が糖質を摂りすぎている現状が明らかにされています。 栗原医師が提唱する糖質摂取量の基準値は、1日あたり男性は250g、女性は200g。しかし同調査で出された平均値は、男性が309g、女性が332g となり、基準値を大幅に超えてし [全文を読む]

ダイエットの効果が出ない? それカロリー摂取量じゃなく糖質コントロールが重要ですよ!

ITライフハック / 2015年05月21日17時00分

監修にあたったのは栗原クリニック東京・日本橋の院長であり、前慶応義塾大学特任教授の栗原毅医師である。調査結果が気になる人が多いと思うので、さっそく調査結果を紹介しよう。■一日の食事で摂取している糖質が過剰気味であることが判明!同調査によると、一日に摂取すべき糖質量の基準値(男性250g、女性200g)に対し、実際に一日の食事で摂取している糖質の総量の平均は [全文を読む]

メタボ予防とダイエットの強い味方 !糖質・脂質の摂りすぎが見える 栄養素カウンティングサービスをリリース

PR TIMES / 2013年06月27日16時03分

監修は、“血液サラサラ”の生みの親の一人、栗原クリニック日本橋・東京の栗原毅(くりはら たけし)医師。栗原医師が提唱する理想的な栄養バランス 「炭水化物:たんぱく質:脂質=5:3:2」 を目指すことで、今話題の糖質制限を意識した健康的な食生活を送ることが可能になります。-------------------------------------------- [全文を読む]

健康と家計を脅かす“更年期メタボ”を救う食卓ルール3

WEB女性自身 / 2013年04月24日07時00分

そもそも、日本人は欧米人よりも、内臓脂肪が付きやすい体質なので、注意が必要です」と、警鐘を鳴らすのは、栗原クリニック東京・日本橋の栗原毅院長。 今春、厚生労働省は「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人は医療費が高い」という調査結果を発表した。その調査によると、メタボと判定された人は、そうでない人と比べ、年間の医療費が9万円高かった。男女年齢別で見 [全文を読む]

恐怖の魚類寄生虫「アニサキス」が胃袋を食い破る?

週プレNEWS / 2013年02月12日19時00分

栗原クリニック東京・日本橋の栗原毅院長が語る。 「アニサキスは、もともとは魚類の寄生虫なんです。それが人間の体内に入ると、胃や腸の壁に頭を突っ込んで喰い破ろうとする習性がある。そのとき、激烈な痛みをもたらすんです」 しかも、胃の中を自由に動き、小腸へと移動することもあるという。腸壁は胃壁より薄いため、食い破られるリスクも高いし、痛みはより強い。最悪、腸閉塞 [全文を読む]

小太りの人はサルコペニア肥満に注意 寝たきりになる危険も

NEWSポストセブン / 2012年12月21日07時00分

加齢や運動不足、たんぱく質不足による筋肉量の低下から筋肉が衰え、内臓脂肪が蓄積してしまうもので、平坦な道などでもつまずきやすくなったという人は要注意です」(栗原クリニック東京・日本橋院長・栗原毅さん) 基礎代謝が低下しているのに若いころと同じ食事をとってしまい、エネルギーが消費されず体中が脂肪だらけになってしまうケースも多いという。 「予防には食事と運動が [全文を読む]

お酒は飲み方次第でダイエット効果期待できる理由を医師解説

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時00分

「実は、お酒は飲み方次第で、ダイエット効果も期待できるのです」 と話すのは、慶應義塾大学特任教授で栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅さん。 「アルコールについては最近、これまでの常識を覆す研究が次々と発表されています。最新の正しい知識を身につけさえすれば、文字どおり“百薬の長”になるんですよ」 例えば、アルコールは胃や腸で吸収されるとすぐにエネルギー [全文を読む]

血管年齢若返り方法 「カロリーオフより糖質オフ」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年05月28日16時00分

そこで、血管年齢を若返らせる生活習慣3か条について栗原クリニック東京・日本橋院長で、慶応義塾大学特任教授栗原毅さんに聞いた。 カロリーオフより糖質オフが大切だそうで、炭水化物を減らすのは必須。 「糖質とは、ご飯などの炭水化物のこと。すばやく吸収されてエネルギー源になりますが、血糖値を急激に上げてしまいます。血糖値を下げるホルモンのインスリンは、過剰に分泌さ [全文を読む]

美容と健康に関するスマートフォン向け総合情報サイト「ヘルしる。」スタート

PR TIMES / 2012年04月06日18時16分

なお、サイト内の美容・健康に関する監修には、栗原クリニック東京・日本橋の院長である栗原毅先生を招き、正確な情報の掲載に努めています。■今後の展開提供コンテンツの質・量をともに充実させ、レコーディング機能を持ったMYページの設置なども視野に入れ、ユーザーの日々のパートナーとなるサイトづくりを目指しています。また、会員向けの有料サービスを2012年夏期の開始を [全文を読む]

フォーカス